bmr

bmr>NEWS>アリアナ・グランデ最新作が全米チャート1位に 女性によるストリーミング記録を更新

NEWS

アリアナ・グランデ最新作が全米チャート1位に 女性によるストリーミング記録を更新

Ariana Grande - thank u, next

先日のグラミー賞に輝いた『Sweetener』からわずか半年のインターバルで発表されたアリアナ・グランデ(Ariana Grande)の最新作『thank u, next』が、全米アルバム総合チャートで初登場1位となった。

先日授賞式が開催された第61回グラミー賞では、パフォーマンス出演をオファーされていたものの辞退、この理由を巡ってグラミー賞のプロデューサーによる説明はまったくの嘘だとTwitterで告発、授賞式にも姿を見せなかったことも大きな話題になったが、一方で昨年8月に発表した『Sweetener』は見事、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を獲得。アリアナ・グランデにとって初のグラミーの栄誉となった。

そのグラミー賞の直前となる2月8日に発表された最新作『thank u, next』は、初登場にして自身初となる全米シングル総合チャート1位を手にし、さらに通算7週のあいだ首位を制した表題曲“thank u, next”に加え、同じく初登場で1位となり、先週発表された2月16日付チャートまで3週連続で1位をキープしている“7 rings”と大ヒット曲を収録しているアルバムだけに、注目度は非常に高かったが、アリアナにとってもキャリア最高のヒットとなっている。

アリアナ・グランデの『thank u, next』は、リリース初日にApple Musicにおいて84ヵ国で1位を獲得。さらにApple Musicにおける初日のストリーミング再生回数として、ポップ・アルバム史上最高、さらに女性アーティスト史上最高となる新記録を樹立したことが明らかになった。

このストリーミングでの人気が追い風となり、アリアナ・グランデの『thank u, next』は、最新の2月23日付全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得。アメリカにおける『thank u, next』収録曲の1週間のストリーミング総再生回数は、実におよそ3億7000万回にものぼり、やはりポップ・アルバム史上最高、そして女性アーティスト史上最高となる新記録となった。『thank u, next』によるおよそ3億7000万回/週は、ポップ作品においてはエド・シーラン『÷』(divide)によるおよそ1億2670万回/週(2017年3月25日付)を倍以上も上回る形で記録を更新。女性アーティスト作品としても、カーディ・B『Invasion Of Privacy』による1週目およそ2億260万回/週(2018年4月21日付)を大きく上回って更新した。全作品においても、この『thank u, next』の初週およそ3億7000万回は歴代9位に入る記録的な数字だ。

この記録的なストリーミング再生回数により、アリアナ・グランデの『thank u, next』はストリーミングだけでおよそ22万8000ユニットを記録(※1ユニット=アルバム1枚売り上げ相当。有料会員によるストリーミングは1250回再生につき1ユニット、広告付き無料ストリーミングは3750回再生につき1ユニットと換算される)。実売セールスはおよそ11万6000枚を記録し、総合でおよそ36万ユニットでのデビューとなった。総合ユニットのうち、6割以上がストリーミングによるポイントで占められており、ポップ作品には珍しく、ストリーミングでの支持が大きかったことが窺える。また、この初週およそ36万ユニットという数字は、アリアナ・グランデにとってキャリア最高記録。これまでの最高だった2016年作『Dangerous Woman』の初週およそ17万5000ユニットから、倍以上の伸びを見せている。

アリアナ・グランデはこれにより、2013年のデビュー・アルバム『Yours Truly』、2014年の2ndアルバム『My Everything』、昨年の4thアルバム『Sweetener』に続いて、4作目の全米ナンバーワン・ヒット・アルバムを手にしたことになる。これは、2010年代においては女性アーティストとして2番目のヒット数。2010年代における女性アーティストでは、レディー・ガガの5作1位が最多で、アリアナ・グランデの4作1位はテイラー・スウィフトに並ぶことになるとのこと。

なおアリアナ・グランデの『thank u, next』は、アメリカ国外でも大ヒット。イギリスでは全英アルバム・チャートで初登場1位となっただけでなく、イギリスにおける週間ストリーミング再生回数はおよそ5900万回にのぼり、女性アーティストとして歴代新記録を樹立。アーティスト総合でも、エド・シーラン『÷』、ドレイク『Scorpion』に次いで歴代3位となった。また全英シングル・チャートにおいては、アルバム発売に合わせてミュージック・ビデオが公開された“break up with your girlfriend, i’m bored”が初登場1位となり、シングル・アルバム両チャートを制しただけでなく、先週1位だった“7 rings”が2位にダウンとなり、シングル・チャートの1位と2位を独占全英シングル・チャートにおいて、自身の楽曲によって首位交代をした史上初の女性アーティストとなった。