bmr

bmr>NEWS>フライロー&サンダーキャット制作曲など追加、バディのデビュー作にDX版登場 [全曲フル試聴可]

NEWS

フライロー&サンダーキャット制作曲など追加、バディのデビュー作にDX版登場 [全曲フル試聴可]

Buddy - Harlan & Alondra

ファレル・ウィリアムス率いるi am OTHERの第一弾契約アーティストとして弱冠18歳でデビューしたコンプトンの若手ラッパー/シンガーのバディ(Buddy)が、昨年発表したデビュー・アルバム『Harlan & Alondra』のデラックス版を8日に発表した。

本名をシミー・シムズ三世(Simmie Sims III)というバディは、子供の頃には様々なミュージカルに出演する子役俳優を経験。その後ラップを始め、様々な人気TV番組の音楽スーバーバイザーを通してファレルを紹介され、ファレルが立ち上げたばかりのi am OTHERと契約する。そして2011年5月、18歳の時にネプチューンズがプロデュースし、ミュージック・ビデオにはファレルもカメオ出演した“Awesome Awesome”でデビュー。翌年には、ケンドリック・ラマーをゲストに迎えた“Staircases”をリリースし、2014年にはロビン・シックやマイリー・サイラスらも参加したミックステープ『Idle Time』を発表するなど順調に活動を続けていく。

2016年には、後にグラミー候補にもなったBJ・ザ・シカゴ・キッドのメジャー・デビュー・アルバム『In My Mind』を始め、プロブレムとDJクイックのコラボレーション作『Rosecrans』、エイサップ・モブの『Cozy Tapes Vol. 1: Friends』といった話題作に次々と参加。2017年には、気鋭プロデューサーのケイトラナダ(KAYTRANADA)が全面的に手がけたEP『Ocean & Montana』、そしてBJ・ザ・シカゴ・キッドやニプシー・ハッスルらを手がけてきたマイク&キーズ(Mike & Keys)の全面プロデュースによるEP『Magnolia』をリリースし、いずれも高い評価を集める。

こうした活躍により、バディはRCA Recordsとのメジャー契約を獲得。2018年7月に待望のデビュー・アルバム『Harlan & Alondra』を発表した。タイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、エイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)、カリード(Khalid)というゲスト陣に加えて、ブルーノ・マーズ作品に欠かせない存在であり、『24K Magic』も全曲手がけたブロディ・ブラウン(Brody Brown)や、『Magnolia』を手がけたマイク&キーズを筆頭に、テラス・マーティン(Terrace Martin)、ジェイク・ワン(Jake One)、ジャハーン・スウィート(Jahaan Sweet)など豪華な制作陣も迎えた同作は、Gファンクやブギーから、アウトキャストらを想起させるダーティ・サウスまで、バディのファンク、R&B、ゴスペル愛も発揮された傑作。VIBEは「現代のウェスト・コースト・ヒップホップのクラシック」として「2018年ベスト・アルバム30作」に選出したほか、Exclaim誌は「2018年の過小評価されているアルバム10作」の筆頭で紹介するなど、これまでの作品以上に称賛を受けている。

そして、好評を博したこの『Harlan & Alondra』が、発売から7ヵ月を経て、デラックス版として再登場。今回新たに4曲が追加されている。通常版にも参加していた盟友マイク&キーズブロディ・ブラウンらに加え、先日のグラミー賞で最優秀R&Bソング賞に輝いた、昨年最大のR&Bヒットであるエラ・メイ“Boo’d Up”を始め、ジャスティン・ティンバーレイク『Man Of The Woods』などを手がけたことでも知られるロランス・ダプスン(Larrance Dopson)、さらにはフライング・ロータス(Flying Lotus)とサンダーキャット(Thundercat)が新たにプロデューサーとして登板している。

フライング・ロータスとサンダーキャットが手がけた“Link Up”には、J・コール率いるDreamville Recordsに所属するバス(Bas)、J.I.Dアリ・レノックス(Ari Lennox)の3名に、RCAのレーベルメイトである西海岸のヒップホップ集団オーヴァードーズ(Overdoz.)のケンド・ジャムズ(Kent Jamz)、通常版の“Shameless”にも参加していたオークランドのグアップダッド・フォーサウザンド(Guapdad 4000)という注目の若手5名が、ファーサイド“Runnin’”を思わせるブラジリアン・テイストのトラックの上でマイクリレーを行うという趣向の楽曲だ。ブロディ・ブラウンら制作の“Bad Attitude”には、BJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)も参加している。

このデラックス版発売を記念して、先日は米人気TV番組『The Late Late Show with James Corden』にエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)と共に出演し、SiR (サー)がソングライティングで関与した“Black”を披露。また発売日の2月8日を皮切りに、4月頭までヴィンス・ステイプルズらと共に北米ツアーを行うことも決定している。

13. Cubicle (feat. 03 Greedo) [prod. by Mike & Keys and Larrance Dopson]

14. It’s Love [prod. by Mike & Keys and Roofeo / co-prod. by Brody Brown]

15. Link Up (feat. Kent Jamz, Bas, Guapdad 4000, JID & Ari Lennox) [prod. by Flying Lotus & Thundercat]

16. Bad Attitude [prod. by Brody Brown, Karl Rubin & Roofeo / co-written & bgv by BJ The Chicago Kid & Rose Gold]

1. Real Life S**t [prod. by Brody Brown / co-prod. by Terrace Martin / bgv by Rose Gold]

2. Shameless (feat. Guapdad 4000) [prod. by Jake One + Mike & Keys]

3. Black (feat. A$AP Ferg) [prod. by Jahaan Sweet / co-written by SiR]

4. Hey Up There (feat. Ty Dolla $ign) [prod. by Hazebanga]

5. Legend [prod. by Brody Brown, Mike & Keys + Roofeeo / co-prod. by Terrace Martin / bgv by Rose Gold]

6. Trouble On Central [prod. by Roofeeo & Scoop DeVille / co-prod. by Brody Brown / co-written by SiR / bgv by Joyce Wrice]

7. The Blue (feat. Snoop Dogg) [prod. by Brody Brown, Mike & Keys + Roofeeo / co-prod. by Terrace Martin / bgv by QUIÑ]

8. Speechless [prod. by Brody Brown, Mike & Keys + Roofeeo / bgv by Rose Gold]

9. Young [prod. by Brody Brown, Mike & Keys + Roofeeo / bgv by Rose Gold]

10. Trippin’ (feat. Khalid) [prod. by Brody Brown, Mike & Keys + Roofeeo]

11. Find Me 2 [prod. by Brody Brown & Roofeeo / co-prod. by Scum]

12. Shine [prod. by Mike & Keys]