bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマー、ドレイク、ガンビーノらがグラミー賞パフォーマンスを拒否

NEWS

ケンドリック・ラマー、ドレイク、ガンビーノらがグラミー賞パフォーマンスを拒否

Grammy Nominees 2019

いよいよ第61回グラミー賞の授賞式の開催が迫ってきたが、多くのスター・アーティストたちが授賞式でのパフォーマンス出演を断っていることが波紋を呼んでいる。

主要4部門のノミネート枠がこれまでの5つから8つへと拡大されたことでも注目を集めている第61回グラミー賞の授賞式は、現地時間で2月10日(日)にロサンジェルスにて開催。グラミー賞は、世界でもっとも権威ある音楽賞とされ、音楽業界における最大のイベントでもある。

第61回グラミー賞の授賞式は、リッキー・マーティン(Ricky Martin)、J・バルヴィン(J Balvin)、アルトゥーロ・サンドヴァル(Arturo Sandoval)、カミラ・カベロ(Camila Cabello)のラテン勢に、ヤング・サグ(Young Thug)を招いたメンバーがオープニングを飾ることが決まっているほか、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、カーディ・B (Cardi B)、ポスト・マローン(Post Malone)、ジャネル・モネイ(Janelle )、H.E.R.(ハー)、クロイー&ハリー(Chloe x Halle)、ファンテイジア(Fantasia)、ヨランダ・アダムス(Yolanda Adams)、ダイアナ・ロス(Diana Ross)、アンドラ・デイ(Andra Day)から、レディー・ガガ(Lady Gaga)、マーク・ロンソン(Mark Ronson)、デュア・リパ(Dua Lipa)、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)などのパフォーマンス出演が発表されている。

その多くが今回のノミネートを受けている候補者たちだが、しかし最多の8ノミネートとなるケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、それに続く7ノミネートとなるドレイク(Drake)らは不在。彼らはいずれも、オファーを蹴ったのだとか。長年グラミー賞のプロデューサーを務めてきたケン・アーリックが米New York Times紙に話したところによると、ケンドリック・ラマ―、ドレイク、チャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)の3名はいずれも、出演オファーを断ったとのこと。断られた理由については明かされていないが、アーリックは「実際、ヒップホップの世界において我々はいまだ問題を抱え続けている。ヒップホップのアーティストが大きな賞を受賞しないことで、ヒップホップ・コミュニティにおいて、グラミー賞の存在がどんどんと重要ではなくなっている。悲しいことだ」と話しており、近年ヒップホップが勢いを増す一方で、グラミーにおいてはスター・ラッパーたちが主要部門に輝かないという状況が問題視されていることが原因にあることを示唆している。ドレイクに至っては過去にも、グラミー賞の体制を批判するためにあえて作品をグラミー賞に申請しないなど対立姿勢を見せていた。

さらに“炎上”しているのがアリアナ・グランデ(Ariana Grande)の不参加だ。授賞式直前の今週8日にニュー・アルバム『thank you, next』を発表し、また半年前に発表した前作『Sweetener』が今回ノミネートを受けており、アリアナ・グランデのパフォーマンス出演は確実視されていたものの、実現しなかった。これについてケン・アーリックが米時間で7日、AP通信に対して、アリアナ・グランデに対してオファーしていたものの、準備のための時間を取るにはオファーが遅すぎるとして断られたと説明した。この報道を見たアリアナ・グランデが激怒し、Twitter上で反論。「私は一晩でパフォーマンスの準備ができる。私が出演を断ることを決めたのは、あなたによって私の自己表現、クリエイティヴィティが抑圧されたから」と述べ、「私のことについて嘘を話している」と、アーリックの説明が事実と違うとした。

これについてアーリックは後日、米Rolling Stone誌のインタビューに応じ、アリアナの反論について「驚いた」と感想を述べた上で、自分はアリアナ・グランデと直接やり取りをしていたわけではなく、彼女のチームと協議をしていただけであり、またアーティスト側に「あれをしろ」というように指示を押し付けているわけではなく、「こういうアイディアがあるんだけど、どう?」という形で提案し、話し合っていると弁解している。

なお、司会を務めるアリシア・キーズ(Alicia Keys)は、今回の授賞式について「祝福の場、そして音楽の力を示す場になる」と話している。プレゼンターには、アリシアの夫であるスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)や、イヴ(Eve)、チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)、スモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)、ジョン・メイヤー(John Mayer)から、BTSアレッシア・カーラ(Alessia Cara)、メーガン・トレイナー(Meghan Trainor)ら、またジェイダ・ピンケット・スミスやアナ・ケンドリックなどが予定されている。

第61回グラミー賞は例年どおり、日本時間では11日(月・祝)朝より、WOWOWが生中継で放送する。