bmr

bmr>NEWS>アリアナ・グランデ、半年ぶりのアルバム『サンキュー・ネクスト』を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

アリアナ・グランデ、半年ぶりのアルバム『サンキュー・ネクスト』を発表 [全曲フル試聴可]

Ariana Grande - thank u, next

全米ナンバーワン・ヒットを連発するなど勢いに乗る25歳のポップ・プリンセス、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が、待望のニュー・アルバム『thank u, next』を8日に発表した。

昨年8月におよそ2年ぶりのアルバムとなる『Sweetener』を発表し、ヒットを飛ばしたばかりのアリアナ・グランデだが、それからわずか半年という短いインターバルで新たなアルバムが届けられた。

アリアナは昨年11月に事前予告なく新たなシングル “thank u, next”をサプライズ・リリース。過去の交際を通じて自分が成長したと歌うもので、『Sweetener』発売時には婚約していたピート・デイヴィッドソンや、昨年9月に急逝したラッパー/プロデューサーのマック・ミラー(Mac Miller)といった元恋人たちの名前が実際に登場して大きな話題を呼び、11月17日付の全米シングル総合チャートで初登場で1位に。初登場での首位獲得はこれが初めてとなった

3週連続で全米シングル総合チャートを制した“thank u, next”はさらに、『ミーン・ガールズ』などの女性を主役とした2000年代前半の人気コメディ映画を引用し、実際にインスパイア元の映画の出演者らもカメオ出演するミュージック・ビデオがさらなる反響を呼び、YouTubeにおいて、公開から24時間での再生回数として歴代新記録を打ち立てた。このミュージック・ビデオ効果で“thank u, next”はふたたび全米シングル総合チャートの首位に返り咲いたほか、アメリカにおける音楽ストリーミング・サービスでの週間再生回数はおよそ9億3800万回を記録し、女性アーティストとして歴代新記録を樹立した。この勢いはその後も続き、2019年1月5日付チャートまで通算7週に渡って全米シングル総合チャート1位を制している。

さらに、1月18日に発表された“7 rings”もまた、全米シングル総合チャートで初登場1位に。“thank u, next”と同じ布陣で制作されたこの曲は、スタンダードとして親しまれる“My Favorite Things”を大胆に借用しつつ、トラップ・ヒップホップのサウンドとフロウと融合したような楽曲で、アメリカにおけるストリーミング週間再生回数は、およそ8億3500万回を記録。これは、“thank u, next”で叩き出したおよそ9億3800万回/週に続き歴代2位の記録で、歴代1位と2位をアリアナが独占した形となった。

今週発表された2月9日付の最新全米シングル総合チャートにおいても“7 rings”は首位を制し、“thank u, next”もまたトップ10をキープするなど、かつてない勢いに乗ったまま、2月8日、待たれていたニュー・アルバム『thank u, next』が発表された。

thank u, next”や“7 rings”を含む全12曲、およそ41分を収録した『thank u, next』は、既報どおり、“thank u, next”や“7 rings”といった大ヒット曲を手がけたトミー・ブラウン(Tommy Brown)が、半数近い5曲を担当。“Problem”、“Bang Bang”、“Focus”、“Side To Side”、“no tears left to cry”、“God is a woman”といったアリアナのヒットを数々手がけてきたマックス・マーティン(Max Martin)一派も前作から続投となり、新たにミュージック・ビデオが発表された“break up with your girlfriend, i’m bored”を含む4曲をプロデュースした。加えて、昨年12月に発表されたR&Bバラード“imagine”を手がけたポップ・ワンゼル(Pop Wansel)&ハッピー・ペレス(Happy Perez)のタッグが、新たに2曲を手がけている。

“thank u, next”のミュージック・ビデオでは、『ミーン・ガールズ』を始め、『チアーズ!』(2000年)、『キューティ・ブロンド』(2001年)など女性を主役とした2000年代前半の人気コメディ映画を引用したことが話題になったが、“break up with your girlfriend, i’m bored”では、インシンクの2000年の大ヒット作『No Strings Attached』に収録された“It Makes Me Ill”のセカンド・ヴァースを一部歌詞を変えて引用する部分も。また“fake smile”では、ウータン・クラン“Tearz”を筆頭にサンプリング・クラシックとしても親しまれているウェンディ・レネイの“After Laughter (Comes Tears)”がサンプリングされている。

ほとんどの楽曲が1週間で作られたとされる『thank u, next』は、現行シーンのトレンドを絶妙なバランスで取り入れた、ポップR&Bの極地と言えるが、それと同時に、元恋人たちの名前を挙げていった表題曲にも表れているとおり、元恋人マック・ミラーの急死や、ピート・デイヴィッドソンとの婚約破棄を経験した彼女の心情が体現された作品でもある。以前にアリアナは米Billboard誌のインタビューでこのアルバムを「女性のエネルギー、シャンパン、音楽、そして笑いと涙」から生まれたものだと表現し、「気分が高揚するようなアルバムじゃない。アップテンポの曲もたくさんあるけど、とても悲しいチャプターにある作品なの」と説明している。

アリアナ・グランデは、アルバム発売前に発表されたシングルを全米シングル総合チャートで初登場1位に2曲送り込んでいるが、1つのアルバムから2曲の初登場1位を獲得したのは、これまでマライア・キャリーの1995年作『Daydream』(“Fantasy”と“One Sweet Day”)と、昨年最大のヒットとなったドレイクの『Scorpion』(“God’s Plan”と“Nice For What”)のみ。アルバム発売前の初登場1位に限れば、ドレイクの『Scorpion』以来、史上2作目となる。アリアナ・グランデの『thank u, next』が、これらのメガ・ヒット作と比べてどれだけの商業的成功を収めるかも注目の的となっている。

特に、アルバム発売に合わせてミュージック・ビデオが公開された“break up with your girlfriend, i’m bored”は、ビデオのYouTube再生回数が公開から6時間で400万回を突破しており、“thank u, next”ほどの勢いではないにしても、全米シングル総合チャートで高順位に登場することは間違いなさそうだ。

1. imagine

produced by Pop Wansel & Happy Perez

written by Andrew “Pop” Wansel, Happy Perez, Jameel “JProof” Roberts, Ariana Grande & Priscilla Renea

programming & keyboards by Pop Wansel & Happy Perez
guitar by Happy Perez

 

2. needy

produced by Tommy Brown

written by Tommy Brown, Ariana Grande, Victoria Monét & Tayla Parx

programming by Tommy Brown
strings by Peter Lee Johnson
vocal production by Victoria Monét & Tayla Parx
background vocals by Victoria Monét & Tayla Parx

 

3. NASA

produced by Tommy Brown & Charles “Scootie” Anderson

written by Tommy Brown, Charles Anderson, Ariana Grande, Victoria Monét & Tayla Parx

programming by Tommy Brown & Charles Anderson
vocal production by Victoria Monét
background vocals by Victoria Monét & Tayla Parx

 

4. bloodline

produced by Max Martin

written by Max Martin, Ilya Salmanzadeh, Savan Kotecha & Ariana Grande

bass, drums, guitar, keyboards & programming by Max Martin & Ilya
horn arrangement by Mattias Bylund
tenor sax by Tomas Jonsson
trombone by Peter Noos Johansson
trumpets by Janne Bjerger & Magnus Johannson
background vocals by Marjorie “Nonna” Grande

 

5. fake smile

produced by Pop Wansel & Happy Perez

written by Andrew “Pop” Wansel, Happy Perez, Jameel “JProof” Roberts, Ariana Grande, Priscilla Renea, Justin Tranter & Kennedi Lykken
contains samples from Wendy Rene’s “After Laughter (Comes Tears)” written by Joseph W. Frierson & Mary Lou Frierson

programming by Pop Wansel
keyboards by Pop Wansel & JProof

 

6. bad idea

produced by Max Martin & Ilya

written by Max Martin, Ilya Salmanzadeh, Savan Kotecha & Ariana Grande

bass, drums, guitar, keyboards & programming by Max Martin & Ilya
strings arrangement by Mattias Bylund, Max Martin & Ilya
strings by Mattias Bylund
cello by David Bukovinszky
violin by Mattias Johansson

 

7. make up

produced by Tommy Brown & Brian Baptiste

written by Tommy Brown, Brian Malik Baptiste, Ariana Grande, Victoria Monét & Tayla Parx

guitar by Larrance Dopson & Alexander West
vocal production by Victoria Monét & Tayla Parx
background vocals by Victoria Monét & Tayla Parx

 

8. ghostin

produced by Max Martin & Ilya

written by Max Martin, Ilya Salmanzadeh, Savan Kotecha, Ariana Grande & Victoria Monét

bass, guitar, keyboards & programming by Max Martin & Ilya
strings by Mattias Bylund
cello by David Bukovinszky
violin by Mattias Johansson
vocal production by Victoria Monét, Max Martin & Ilya
background vocals by Victoria Monét & Tayla Parx

 

9. in my head

produced by Pop Wansel & Happy Perez
additional production by NOVA WAV (Brittany “Chi” Coney & Denisia “Blu June” Andrews)

written by Andrew “Pop” Wansel, Happy Perez, Brittany Coney, Denisia Andrews, Jameel “JProof” Roberts, Ariana Grande & Lindel Deon Nelson Jr.

programming by Pop Wansel & Happy Perez
keyboards by Pop Wansel, Happy Perez & JProof
guitar by Happy Perez

 

10. 7 rings

produced by Tommy Brown, Charles “Scootie” Anderson & Michael “Mikey” Foster

written by Tommy Brown, Charles Anderson, Michael Foster, Ariana Grande, Victoria Monét, Tayla Parx, Njomza & Kimberly Anne Krysiuk
contains an interpolation of “My Favorite Things” written by Richard Rodgers & Oscar Hammerstein II

programming by Tommy Brown, Charles Anderson & Michael Foster
vocal production by Victoria Monét
background vocals by Victoria Monét & Tayla Parx

 

11. thank u, next

produced by Tommy Brown, Charles “Scootie” Anderson & Michael “Mikey” Foster

written by Tommy Brown, Charles Anderson, Michael Foster, Ariana Grande, Victoria Monét, Tayla Parx, Njomza & Kimberly Anne Krysiuk

vocal production by Victoria Monét
background vocals by Victoria Monét

 

12. break up with your girlfriend, i’m bored

produced by Max Martin & Ilya

written by Max Martin, Ilya Salmanzadeh, Savan Kotecha & Ariana Grande
contains an interpolation of *NSYNC’s “It Makes Me Ill” written by Kevin Briggs & Kandi Burrus

bass, drums, guitar, keyboards & programming by Max Martin & Ilya