bmr

bmr>NEWS>トム・ミッシュ、日本で初の単独公演が5月に 東京と大阪で開催

NEWS

トム・ミッシュ、日本で初の単独公演が5月に 東京と大阪で開催

Tom Misch

昨年発表した初のフル・アルバムとなる『Geography』が絶賛されている若きロンドンの才能、トム・ミッシュ(Tom Misch)が、日本で初の単独来日公演を今年5月に開催することが正式に発表された。

家族がみな「アーティストかミュージシャン、あるいは俳優」という芸術一家に育ち、幼い頃から父親にクラシックのコンサートやオペラに連れられていたほか、4歳でバイオリンを始め、姉の影響で9歳でギターを弾くようになったというトム・ミッシュ。ギターに夢中になり、大学でジャズ・ギターを学ぶ一方で、15歳でJ・ディラの音楽に出会って衝撃を覚え、DTMで自らビートを作り始めるように。そして2013年、18歳の時に姉妹のローラ・ミッシュ(Laura Misch)のサックスをフィーチャーした“Follow”を発表したところ、これが人気キュレーション・メディア「Majestic Casual」にピックアップされるなど話題を呼び、注目を集めていく。

ミックステープ『Beat Tape 1』、『Beat Tape 2』などを経て昨年4月に自身初のフル・アルバムとなる『Geography』を発表。“South Of The River”や“Disco Yes”といったディスコやブギー・ファンク路線のアップテンポなナンバーを前面に打ち出したり、寛いだ歌声と共にジャズやブラジリアン・ミュージックを経由した洒脱なサウンドを聞かせたりと、「J・ディラの影響下にある、ソウルフルでメロウな気鋭ビートメイカー」というこれまでのイメージを大きく更新するファースト・アルバムは、ここ日本を始め高く評価された。

昨夏には日本の都市型音楽フェスティバル〈SUMMER SONIC〉で初来日し、日本での初パフォーマンスも大きな反響を呼んだが、いよいよこの23歳の単独来日公演が決定。トム・ミッシュは今年、5月25日(土)~26日(日)に横浜・赤レンガ地区野外特設会場で開催される〈GREENROOM FESTIVAL〉への出演がすでに決まっていたが、これに続いて5月27日(月)に東京は新木場スタジオコースト、29日(水)に大阪は松下IMPホールにてトム・ミッシュの単独公演が行われることが発表された。

また2月8日には、2015年のミックステープ『Beat Tape 2』の日本国内盤CDも発売される。ジョーダン・ラカイ(Jordan Rakei)やロイル・カーナー(Loyle Carner)、ザック・エイベル(Zak Abel)、カーモディ(Carmody)らが参加した同作は、トム・ミッシュの才能を世に知らしめた傑作。5月の来日に向けて、改めてトム・ミッシュのメロウな世界観に浸るのもよさそうだ。

トム・ミッシュ来日公演
■ 東京公演
日時:2019年5月27日(月)開場18:00 開演19:00
会場:新木場スタジオコースト
価格:6500円(税込、オールスタンディング、ドリンク代別)

■ 大阪公演
日時:2019年5月29日(水)開場18:00 開演19:00
会場:松下IMPホール
価格:6500円(税込、オールスタンディング)

チケット発売:
会員先行 2月8日(金)15:00 ~ 2月11日(月・祝)18:00
一般発売 2月23日(土)10:00~