bmr

bmr>NEWS>コリーヌ・ベイリー・レイの単独公演が決定 東京と大阪で5月に

NEWS

コリーヌ・ベイリー・レイの単独公演が決定 東京と大阪で5月に

Corinne Bailey Rae

2006年のデビュー・アルバムは世界で400万枚以上を売り上げたイギリスの人気女性シンガー・ソングライター、コリーヌ・ベイリー・レイ(Corinne Bailey Rae)が、5月に単独来日公演を開催することが発表された。

2006年に『Corinne Bailey Rae』でアルバム・デビューを果たし、その翌年には、授賞こそならなかったものの第49回グラミー賞で新人賞、ソング・オブ・ザ・イヤー、レコード・オブ・ザ・イヤーと主要4部門中3部門に軒並みノミネートを受けるなど、本国イギリスだけでなく世界中で人気となったコリーヌ・ベイリー・レイ。その後、ゲスト参加したハービー・ハンコックの『River: The Joni Letters』が2007年の第50回グラミー賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いたことで初のグラミーの栄誉に浴し、2012年には、EP『The Love』に収録されたボブ・マーリー“Is This Love”のカバーで第54回グラミー賞で最優秀R&Bパフォーマンス賞を手にしている。

2016年にはオリジナル・スタジオ・アルバムとしてはおよそ6年4ヶ月ぶりとなるニュー・アルバム『The Heart Speaks In Whispers』でカムバック。ロサンジェルスにて、ピノ・パラディーノ、ジェームス・ギャドソン、マーカス・ミラーといった名プレイヤーを始め、新進気鋭のアーティストたちともコラボレーションをした意欲作でデビュー10周年を彩った。

さらに2017年には、およそ6年ぶりの来日公演を行って日本のファンを喜ばせたほか、人気映画の第二弾『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラックでコールドプレイをカバーしたり、タイラー・ザ・クリエイターの話題作『Flower Boy』に参加したりといった話題を振りまく。また昨年は、ロウリー(Raury)がsoundcloudで発表した『The Woods』に2曲で参加し、“In Due Time”ではプロデュースも担当した。

今月には40歳の誕生日を迎えるこの人気シンガー・ソングライターが、5月に来日。5月25日(土)と26日(日)に横浜・赤レンガ地区野外特設会場で開催される〈GREENROOM FESTIVAL〉への出演がすでに決定していたが、さらに単独公演も決定した。コリーヌ・ベイリー・レイの単独公演は、5月23日(木)と24日(金)にビルボードライブ東京、5月27日(月)にビルボードライブ大阪で開催される。彼女の柔らかな歌声を間近で味わえる夜となる。

〈コリーヌ・ベイリー・レイ来日公演〉
ビルボードライブ東京公演
日時:2019年5月23日(木)、24日(金)
1stステージ 開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 13,800円/カジュアルエリア 12,800円

ビルボードライブ大阪公演
日時:2019年5月27日(月)
1stステージ 開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場 20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 13,800円/カジュアルエリア 12,800円

予約開始:
会員 2019年2月18日(月)11:00~
一般 2019年2月25日(月)11:00~