bmr

bmr>NEWS>フューチャー新作『ウィザード』が全米チャート初登場1位に 3年半で6作の1位獲得

NEWS

フューチャー新作『ウィザード』が全米チャート初登場1位に 3年半で6作の1位獲得

Future Hndrxx Presents: The WIZRD

Mask Off”などのヒットで知られる35歳の人気ラッパー、フューチャー(Future)が、最新作『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』で全米アルバム総合チャート1位の座を初登場で獲得した。

2017年2月に『FUTURE』と『HNDRXX』の2作を2週連続でサプライズ・リリースし、いずれも全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得。半世紀以上の歴史を誇る全米チャートにおいて「2週連続で全米アルバム総合チャート初登場1位」という史上初の快挙を成し遂げ、『FUTURE』からは“Mask Off”が全米シングル総合チャートで最高5位まで上昇したフューチャー。

『HNDRXX』からおよそ1年11ヵ月ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバムのリリースとなった『Future Hndrxx Presents: The WIZRD』(⇒ 全曲フル試聴可)は、発売1週目でおよそ12万6000ユニット(1ユニット=アルバム1枚売り上げ相当)を記録し、今週発表された2月2日付の最新全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得した。フューチャーにとっては、『DS2』(2015年)、ドレイクとの『What A Time To Be Alive』(2016年)、『EVOL』(2016年)、『FUTURE』(2017年)、『HNDRXX』(2017年)に続く6作目の全米ナンバーワン・ヒットとなった。フューチャーは、2015年8月8日付の全米アルバム総合チャートで1位となった『DS2』から数えて3年5ヵ月3週のあいだに同チャートで計6作を1位に送りこんだことになり、米Billboard誌によればこの異例のスピードでの1位獲得は、70年代のエルトン・ジョン以降、例がない。エルトン・ジョンは72年作『Honky Château』から75年作『Rock Of The Westies』まで、3年3ヵ月3週のうちに7作連続で全米アルバム総合チャート1位を手にしている。

フューチャー『The WIZRD』の総合およそ12万6000ユニットのうち、実売セールスはおよそ1万5000枚と全体の12%程度で、音楽ストリーミング・サービスでの再生回数(有料会員によるストリーミングは1250回再生につき1ユニット、広告付き無料ストリーミングは3750回再生につき1ユニットと換算される)が牽引した形だ。フューチャー『The WIZRD』の収録楽曲がアメリカにおいて音楽ストリーミング・サービスで再生された回数の1週間の合計はおよそ1億4360万回を記録しており、フューチャーの作品としてはもっとも多い週間再生回数となった。

また全米アルバム総合チャートはこれで、1月5日付チャートから5週連続でラッパーによる作品が首位を独占している状態。

1月5日付チャートは、世界的ヒットとなったポスト・マローン “rockstar”へのゲスト参加で知られる26歳の若手ラッパー、トゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)の最新作『i am > i was』(⇒ 全曲フル試聴可)が初登場1位(1週目およそ13万1000ユニット)となった。そして年末はリリースが少なかった関係で、続く1月12日付チャートもトゥエニーワン・サヴェジ『i am > i was』がおよそ6万5000ユニットながら首位をキープ

代わって1月19日付チャートでは、2週連続で2位に甘んじていた23歳の新進ラッパー、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フディ(A Boogie wit da Hoodie)の最新作『Hoodie SZN』(⇒ 全曲フル試聴可)がチャートイン3週目で首位を奪還。総合ユニットはおよそ5万8000だった。さらに、1月26日付チャートでも、およそ5万6000ユニットでエイ・ブギーの『Hoodie SZN』が首位をキープしていた。この1月26日付チャートにおける『Hoodie SZN』の実売セールスは1000枚以下で、全米アルバム総合チャート1位を手にした作品の中で、史上もっとも少ない実売セールスとなっている。

なお今週の2月2日付チャートでは、エイ・ブギーの『Hoodie SZN』は3位、トゥエニーワン・サヴェジ『i am > i was』は5位となっている。