bmr

bmr>NEWS>20歳でこの世を去ったエクスエクスエクステンタシオン新作が全米チャート初登場1位に

NEWS

20歳でこの世を去ったエクスエクスエクステンタシオン新作が全米チャート初登場1位に

XXXTentacion - Skins

今年6月に20歳の若さでこの世を去った新鋭ラッパー/シンガー、エクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)の新作『SKINS』が、最新の12月22日付け全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得した。

虚無的かつ内省的で、ドラッグや自殺、傷心を歌う「エモ・ラップ」の代表格として若者を中心に大きな支持を得た若手ラッパーのエクスエクスエクステンタシオン。今年3月に発表した2ndアルバム『?』は全米アルバム総合チャートで初登場1位となるなど、今後のさらなる活躍が期待されていた中、現地時間で6月18日月曜の午後、フロリダ州ブロワード郡で強盗事件に巻き込まれ、銃で撃たれて亡くなった。まだ20歳という、あまりに早い訃報は、若者を中心に大きな衝撃を与え、またカニエ・ウェスト、DJプレミアなど多くのアーティストたちもその死を悼んだ。

多くの未発表音源を遺しているとされるエクスだが、亡くなる前にインディペンデント系レーベル/ディストリビューターのEmpireと1000万ドル相当(およそ11億円)とされる巨額の契約を結んだと報じられていた。今年11月にはその報道どおり、Empireを通じてエクスのニュー・アルバム『SKINS』が12月7日に発売されることが明らかに。こうして発売されたこの新作は、全10曲、20分に満たない内容で、生前にエクスが「スーパー・ショートなアルバムを作るよ」と話していた作品だと見られている。

カニエ・ウェスト(Kanye West)もゲスト参加した『SKINS』(⇒ 全曲フル試聴可)は、その短さへの不満、そして「未完成だ」とする声もあって評価が割れているが、20歳の若さでこの世を去った人気アーティストの新作ということもあり、商業的には成功。発売1週目でおよそ5万2000枚が売れたほか、音楽ストリーミング・サービスにおいては、アメリカでの『SKINS』収録曲の再生回数の総計が1週間で1億2180万回にものぼり、およそ7万8000ユニット(1ユニット=アルバム1枚売り上げ相当。有料会員によるストリーミングは1250回再生につき1ユニット、広告付き無料ストリーミングは3750回再生につき1ユニットと換算される)を記録。総合でおよそ13万2000ユニットとなり、12月22日付の最新全米アルバム・チャートで初登場1位となった。

また『SKINS』発売により、12月22日付の最新全米シングル総合チャートにおいては、リード曲“BAD!”が前週75位から今週33位へと再浮上。加えて『SKINS』より、“whoa (mind in awe)”が37位に初登場したほか、アルバムからは最初のイントロダクションを除く9曲すべてが同時にトップ100入りを果たした。さらに、『SKINS』には未収録に終わっていた“Arms Around You”も前週74位から今週57位に再浮上している。

エクスエクスエクステンタシオンは6月に急死した影響で、訃報直後には音楽セールスや、音楽ストリーミング・サービスにおける再生回数が急増。生前発表された最後のアルバムとなった『?』が全米アルバム総合チャートで3位に、2017年に発表したデビュー・アルバム『17』もまた前週60位から7位へと再浮上したほか、『?』からのリード・シングル“SAD!”については、音楽ストリーミング・サービスのSpotifyにおいて、亡くなった翌日の19日の1日だけでおよそ1040万回も再生され、Spotifyにおける単日の再生回数で歴代1位となる新記録(当時)を作るなどの大反響となり、全米シングル総合チャートでは1位へとジャンプアップした。

その人気は今も変わらず、Apple Musicが先日発表した2018年の世界再生回数ランキングでは、アルバム・ランキングで『?』が年間4位、2017年発表のデビュー・アルバム『17』も年間10位をマークし、楽曲ランキングでも“SAD!”が年間7位に。Spotifyの2018年の世界再生回数ランキングでは、アルバム・ランキングで『?』が年間3位、楽曲ランキングで“SAD!”が年間2位となっており、いかに支持されていたかが分かる。米Billboard誌による全米チャートにおいても、『?』は全米アルバム総合チャートの年間ランキングで9位となった。

なお、12月22日付の最新全米アルバム総合チャートでは、5位にグッチ・メイン(Gucci Mane)の1年ぶり新作『Evil Genius』が初登場。リード曲“Wake Up In The Sky”ではブルーノ・マーズ(Bruno Mars)とコラボレーションし、全米シングル総合チャートで14位まで上昇するヒットを記録していたが、アルバムを牽引するまでには至らず、『Evil Genius』は総合でおよそ5万1000ユニット(実売セールスおよそ5000枚)で初登場5位に留まった。

なお、『Evil Genius』発売効果で、“Wake Up In The Sky”は12月22日付の最新全米シングル総合チャートで前週19位から今週11位へとジャンプアップし、最高位を更新している。

12月22日付の全米シングル総合チャートにおけるエクスエクスエクステンタシオン関連曲のチャート結果:
33.(↑75) “BAD!” – XXXTentacion
37.(-) “whoa (mind in awe)” – XXXTentacion
48.(-) “Guardian angel” – XXXTentacion
51.(-) “I don’t let go” – XXXTentacion
57.(↑74) “Arms Around You” – XXXTentacion & Lil Pump ft. Maluma & Swae Lee
62.(-) “One Minute” – XXXTentacion ft. Kanye West & Travis Barker
64.(-) “Train food” – XXXTentacion
65.(-) “what are you so afraid of” – XXXTentacion
68.(-) “STARING AT THE SKY” – XXXTentacion
84.(-) “difference (interlude)” – XXXTentacion