bmr

bmr>NEWS>XXLフレッシュマンのひとり、デンゼル・カリーの初来日公演が来年1月に

NEWS

XXLフレッシュマンのひとり、デンゼル・カリーの初来日公演が来年1月に

Denzel Curry

共に住んでいたことがあるなど故エクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)と親しかったことでも知られるフロリダ出身の新進ラッパーで、2016年の「XXL Freshman」にも選ばれたデンゼル・カリー(Denzel Curry)の初来日公演が2019年1月に急きょ開催されることが発表された。

フロリダ出身のデンゼル・カリーは、10代で本格的にラップを始め、2011年、16歳の時に初めてのミックステープを発表。また、同じフロリダのスペースゴーストパープ(SpaceGhostPurrp)と繋がり、彼のクルーであるレイダー・クラン(Raider Klan)の仲間入りを果たした。レイダー・クランの解散の後にソロとして発表した2013年のデビュー・アルバム『Nostalgic 64』が高く評価され、注目を集めるようになり、2016年にはリック・ロスやジョーイ・バッドアスらもゲスト参加した2ndアルバム『Imperial』をリリース。この2016年には、米ヒップホップ誌XXLが毎年発表している恒例企画「XXL Freshman Class」の2016年版で「新たな波を起こす」期待の若手として、アンダーソン・パークやコ―ダック・ブラック、21サヴェジ、リル・ウージー・ヴァートらと共に選出された。さらに、リトル・ドラゴンやセイント・ヴィンセントらを抱える気鋭レーベル Loma Vista Recordsと契約し、『Imperial』を再リリースしている。

Loma Vistaと契約後は、リトル・ドラゴンやバッドバッドノットグッドらともコラボレーションし、活躍の場を広げているデンゼル・カリー。今年は3rdアルバム『TA13OO』を発表し、Complexが先週発表した年間ベスト・アルバム・ランキングで29位に選ばれるなど高く評価されている。また、アメリカでは今週公開される『スパイダーマン: スパイダーバース』(日本では来年3月公開予定)のサウンドトラックに、リル・ウェインやポスト・マローン、ニッキー・ミナージュといった人気ラッパーたちに交じって参加するなど、勢いに乗りつつある。

この23歳の注目若手ラッパーが、初来日することが決まった。デンゼル・カリーの初来日公演は、2019年1月19日(土)に恵比寿リキッドルームにて一夜限りで開催される予定。急きょの公演決定だが、『ドラゴンボールZ』好きとしても知られ、人気曲“Ultimate”の中では、「あいつに仙豆を渡すんだ、そうすれば力が回復する」、「俺はブロリーに変身する」といった歌詞も登場。最新作『TA13OO』でも、「スーパーサイヤ人」の“SUPER SAIYAN SUPERMAN”という曲があるほか、“SUMO”では相撲や柔道といったワードが出てくるだけに、デンゼル・カリーにとっても待望の来日公演となりそうだ。

デンゼル・カリー来日公演
日時:2019年1月19日(土)OPEN 18:30 START 19:30
会場:恵比寿リキッドルーム
価格:スタンディング 前売り:¥6,000(ドリンク代別)
チケット発売:12月12日(水)17:00~