bmr

bmr>NEWS>注目の「フューチャーR&Bバンド」フォニー・ピープルの初来日公演が来年1月に

NEWS

注目の「フューチャーR&Bバンド」フォニー・ピープルの初来日公演が来年1月に

Phony Ppl

ジ・インターネットらと比較されるR&Bバンドであり、ソウル、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、ラテン、ロックなど様々な音楽スタイルを織り交ぜた「ノー・ジャンル」(noGENRE)を謳うバンド・サウンドを聞かせるブルックリンの5人組、フォニー・ピープル(Phony Ppl)が、来年1月に初の来日公演を行うことが発表された。

元々は多彩な才能を持つ9名から成るアーティスト集団としてスタートしたフォニー・ピープルは、現在は5人組バンドとして活動しているグループ。ソロ作も発表しているボーカル/ラッパー/プロデューサーのエルビー・スリー(Elbie Thrie)と、マック・ミラーの2016年作『The Divine Feminine』や遺作となった『Swimming』への参加でも知られる鍵盤奏者/プロデューサーのエイジャ・グラント(Aja Grant)を中心に結成され、ドモ・ジェネシスやプリンセス・ノキアらのプロデュース、セオフィラス・ロンドンのツアー・メンバーなどを務めるミュージシャンたちが集まっている。

ラッパー/ボーカルを3名擁していた初期、2012年に発表した『Phony Ppl』でソウル、ヒップホップ、ジャズ、ラテンなど様々な音楽スタイルを織り交ぜた生音主体のバンド・サウンドと、平均年齢20歳前後の若さで注目を集めたフォニー・ピープルは、Okayplayer、Complexなど様々なメディアに取り上げられ、この2012年にはまだブレイク前のチャンス・ザ・ラッパーと共演したほか、同年末にはLAでのエリカ・バドゥ公演で前座を務めるなど活躍の幅を広げていく。

転機となったのは、6人体制となって発表された2015年作『Yesterday’s Tomorrow』で、ラッパーらの脱退などの影響により以前よりソウル色を強め、米iTunesのR&Bチャートで6位となるなどR&Bバンドとして支持を得た同作は、特に2016年になって注目を集める。2016年の年末には、米Rolling Stone誌による「あなたが聴いていない15の素晴らしいアルバム」特集でこの『Yesterday’s Tomorrow』が取り上げられ、「ブルックリンのフューチャーR&Bクインテット」による「現代ポップの作曲、生演奏ヒップホップのドライブ感、クラシックなR&B歌唱、スティーリー・ダン風のインスト。これらの成熟したフュージョン」と紹介された。加えて、タイラー・ザ・クリエイターが“End of the niGht.”をお気に入りの楽曲として取り上げたほか、彼主催の音楽フェスティバル〈Camp Flog Gnaw Carnival〉にフォニー・ピープルが出演。さらに2016年12月から2017年3月にかけてニューヨークのブルーノートにてレジデント公演を開催した彼らは見事、これを成功させた。

こうした活躍により、Def Jamの社長なども務めた音楽業界の重鎮リオ・コーエンが立ち上げた300 Entertainmentとレコード契約を結んだフォニー・ピープルは、今年に入ってさらに、ザ・ルーツがグラミー賞に合わせて開催した〈Roots Jam〉に出演、3月から5月にかけては再びニューヨークのブルーノートにてレジデント公演を成功させるなど活躍し、10月に、さらなる深化を聞かせる最新作『mō’zā-ik.』を発表。先月には、プッシャー・Tの北米ツアーに前座として10公演以上同行した彼らは、米Rolling Stone誌が毎年ポップ・カルチャーにおける注目すべき人物を取り上げる特集「Hot List」にて、「ホット・ソウル・パワー」として特集の一番目に紹介されるなど、これまでになく脚光を浴びている、まさに今ホットな新進バンドだ。

ジ・インターネットのマット・マーシャンズも「フォニー・ピープルは俺も大ファンだし、仲間だよ」と語るこの注目のグループが、ついに日本初上陸。2019年1月17日(木)、渋谷WWW Xにて一夜限りの来日公演を行うことが発表された。「ノー・ジャンル」を謳う彼らの成熟されたフュージョン・サウンドを間近で浴びることのできる貴重な機会となる。

また、フォニー・ピープルの最新作『mō’zā-ik.』の国内盤が1月23日に発売されることも決定。フォニー・ピープル作品のフィジカル・フォーマットはこれまで、彼らの公式ストアで限定数のみの販売に留まり、手に入りやすい形でCD化されるのは今回が初めて。『mō’zā-ik.』のCD化もまた世界初となる。

フォニー・ピープル来日公演
日時:2019年1月17日(木)OPEN 18:30 START 19:30
会場:渋谷WWW X
価格:スタンディング 前売り:¥5,800(ドリンク代別)

チケット発売:
主催者先行 12月11日(火)12:00 ~ 12月17日(月)23:59 http://eplus.jp/phony-ppl/
一般発売 12月22日(土)10:00~