bmr

bmr>NEWS>テディ・ライリー、クリス・ブラウン、ジェレマイら参加 トレイ・ソングスが2作同時リリース [全曲フル試聴可]

NEWS

テディ・ライリー、クリス・ブラウン、ジェレマイら参加 トレイ・ソングスが2作同時リリース [全曲フル試聴可]

Trey Songz - 11/28

“Say Aah”、“Bottoms Up”などのトップ10ヒットでも知られる米人気R&Bシンガーのトレイ・ソングス(Trey Songz)が、34歳の誕生日となる現地時間11月28日に、これを記念したミックステープ『11』と『28』の2作を同時リリースした。

2005年のデビュー以来コンスタントにアルバムをリリースし続け、2012年の『Chapter V』と2014年の『Trigga』では2作連続で全米アルバム総合チャート初登場1位を獲得、また2014年に米Billboard誌がスタートさせた「アーティスト総合チャート」となるArtist 200で記念すべき最初の1位を手にするなど人気を誇るトレイ・ソングス。昨年3月にも、7作目のオリジナル・スタジオ・アルバム『Tremaine The Album』を発表しており、アルバム総合チャートで初登場3位、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで初登場2位を記録している。

ゲスト参加オファーも絶えず、音楽活動が順調な一方で、2016年末にデトロイト公演中に激怒し、セットを破壊するなど暴れたことで逮捕、この事件で昨年7月に18ヵ月の保護観察処分を命じられたほか、今年2月には女性を殴ったとして訴えられ(5月に棄却)、さらに6月にはデトロイト公演で暴れた事件に関連して逮捕時に警官に暴力をふるったとして訴えられていると報じられるなど、私生活では逆風が吹いており、表舞台に姿を見せる機会も減ってきた。

しかし今年10月になって、突如“How Dat Sound”という新曲を発表して再始動。続けて今月頭には“Shootin Shots”をリリースし、新作への期待を高める中、『11』と『28』と名付けられた2作のミックステープが11月28日にサプライズ・リリースされた。

これは、34歳になる誕生日を記念したものであると同時に、11月30日に主演映画『Blood Brother』がアメリカの一部劇場で公開およびVOD配信されるため、そのプロモーションも兼ねたリリースと見られる。それぞれ10曲ずつを収録する『11』と『28』は、『11』はR&B、『28』はヒップホップ色を強めた内容と分けてあるようだ。

“Shootin Shots”が収録される『11』は、“Shootin Shots”にタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)とトーリー・レインズ(Tory Lanez)というラップ/歌両刀の人気アーティストをゲストに迎えているほか、“Keep It Right There”ではテディ・ライリー(Teddy Riley)がボコーダー/トークボックスで参加。タイ・ダラー・サインとジェレマイのコラボレーション作『MIH-TY』を監修したヒットメイカ(Hitmaka)らのプロデュースによる“Shootin Shots”は、SWVの“Can We”をサンプリングするなど90年代R&Bを意識したようなサウンドだが、全体的にはトラップ以降のR&Bとなっている。

28』は『11』と異なり、トゥー・チェインズ(2 Chainz)とヨー・ガッティ(Yo Gotti)が参加した“How Dat Sound”を始め、ゲスト・アーティストが多数招かれている。度々コラボレーションしているクリス・ブラウン(Chris Brown)や、ジェレマイ(Jeremih)、アトランタの新星ジャクイース(Jacquees)といったR&Bシンガーに加え、コラボ・ミックステープ『Trappy New Years』を発表した仲でもあるファボラス(Fabolous)から、レイ・シュリマーのスウェイ・リー(Swae Lee)、リッチ・ザ・キッド(Rich Da Kid)、デイヴ・イースト(Dave East)などのラッパーたちが参加。

詳細なクレジット情報は現時点で公開されていないが、これまでもトレイ・ソングス作品を手がけてきたAウォール(A-Wall)がそれぞれ3曲ずつをプロデュースしたことを明かしているほか、リード曲“Shootin Shots”を手がけたヒットメイカは、『MIH-TY』を共に手がけたエイヨー&キーズ(Ayo N Keyz)らと共に“Top 10”をプロデュース。また、トレイ・ソングスを発掘したベテラン、トロイ・テイラー(Troy Taylor)も複数曲をプロデュースしている。イルマインド(!llmind)、ヨニー(Yonny)、ビズネス・ボーイ(Bizness Boi)、レックス・ルガー(Lex Luger)らが制作に参加していることが分かっているほか、アッシャー最新作『A』を全面プロデュースしたことも記憶に新しいゼイトーヴェンも複数曲に関わっているものと見られる。

1. Drugz [prod. by DJ A-Wall]

2. Lay Yo Head [prod. by Bizness Boi & Yung Lan]

3. Solid [prod. by DJ A-Wall]

4. Closed Mouths [prod. by DJ A-Wall]

5. Keep It Right There (feat. Teddy Riley) [prod. by Zaytoven]

6. Reflection

7. Who Let U Down

8. Let Me Know [prod. by Troy Taylor & I Am K-BeatZ]

9. Attitude [prod. by Zaytoven]

10. Shootin Shots (feat. Ty Dolla $ign & Tory Lanez) [prod. by Rickey “Slikk Muzik” Offord, Big Tuh, Hitmaka & Rns]

1. Spark (feat. Jacquees)

2. How Dat Sound (feat. 2 Chainz & Yo Gotti) [prod. by !llmind & Yonny]

3. Body High (feat. Swae Lee) [prod. by DJ A-Wall]

4. Wrist Watch (feat. Tory Lanez) [prod. by Zaytoven]

5. Automatic (feat. O.T. Genasis & Shy Glizzy) [prod. by DJ A-Wall]

6. Please Don’t Cry (feat. Rich the Kid) [prod. by DJ A-Wall]

7. Top 10 (feat. Jeremih) [prod. by Ayo N Keyz, EY, SunnyKale & Hitmaka]

8. Rotation (feat. Dave East) [prod. by by Lex Luger]

9. Used To [prod. by Troy Taylor & Ravaillac]

10. Don’t Say Shit (feat. Chris Brown & Fabolous)