bmr

bmr>NEWS>デイヴィッド・フォスター来日公演にブライアン・マックナイトら出演決定

NEWS

デイヴィッド・フォスター来日公演にブライアン・マックナイトら出演決定

David Foster

ブルーノート東京の30周年記念公演として今月末に来日を控える「ヒットマン」デイヴィッド・フォスター(David Foster)だが、この来日公演にブライアン・マックナイト(Brian McKnight)らが出演することが発表された。

これまでにグラミー授賞は実に16回、 プロデューサー・オブ・ザ・イヤー部門だけで3度受賞している大御所中の大御所プロデューサーであるデイヴィッド・フォスター。70年代から活動を始めた彼は、作曲で関わったシェリル・リン“Got To Be Real”やアース・ウィンド&ファイアーの“After The Love Has Gone”から、シカゴの“Hard To Say I’m Sorry”、チャカ・カーンの“Through The Fire”、デバージの“Who’s Holding Donna Now”、ホイットニー・ヒューストンの“I Will Always Love You”、オール4ワンの“I Swear”、セリーヌ・ディオンの“Because You Loved Me”、トニ・ブラクストンの“Un-Break My Heart”、モニカの“For You I Will”といった大ヒット曲や名曲の数々を始め、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリー、バーブラ・ストライサンド、ジョシュ・グローバンなど多くのスターの楽曲を手がけてきた「ヒットマン」として知られる。

この大御所が、この11月に30周年を迎えるブルーノート東京に初登場。11月30日(金)から12月3日(月)までの4日間に渡ってプレミアムな公演を行うが、この出演者がついに発表された。この特別な30周年記念公演のボーカリストとして、11月30日(金)と12月1日(土)に、世界セールス2500万枚以上を誇る人気ベテランR&Bシンガー/プロデューサーのブライアン・マックナイトが駆けつける。12月2日(日)と3日(月)には、パーラメント/ファンカデリックのメンバーだったことでも知られるプラカシュ・ジョンの息子であり、プラカシュ・ジョンとのバンドでボーカル/ギターを務めていることで知られるジョーダン・ジョン(Jordan John)が登場。また全日程を通して、「韓国のマライア・キャリー」とも謳われたソヒャン(Sohyang)が迎えられる。デイヴィッド・フォスターを間近で感じられるクラブ公演というだけでも貴重だが、実力派シンガーたちの参加でさらにプレミアムな夜となりそうだ。

デイヴィッド・フォスター来日公演
日時:
2018年11月30日(金)、12月3日(月)
・1stステージ 17:30開場 18:30開演/2ndステージ 20:20開場 21:00開演
2018年12月1日(土)、12月2日(日)
・1stステージ 16:00開場 17:00開演/2ndステージ 19:00開場 20:00開演

会場:ブルーノート東京
価格:¥20,000(税込)

出演予定者:
David Foster (piano)

Brian McKnight (vo) ※11.30&12.1
Jordan John (vo) ※12.2&12.3

Sohyang (vo)
David Negrete (sax)
Troy Laureta (key)
Charles Rosen (b)
John Robinson (ds)