bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマー、ナズ、ファレル、エラ・メイら『クリード 炎の宿敵』サントラに集結

NEWS

ケンドリック・ラマー、ナズ、ファレル、エラ・メイら『クリード 炎の宿敵』サントラに集結

Eearz, ScHoolboy Q & 2 Chainz - Kill 'Em With Success (from “Creed II: The Album”)

映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編となる『クリード 炎の宿敵』(原題『Creed II』)のサウンドトラック的アルバム『Creed II: The Album』の収録内容が明らかにされ、ケンドリック・ラマー、J・コール、エイサップ・ロッキー、リル・ウェイン、ニッキー・ミナージュ、ナズ、ファレル、エラ・メイ、ボン・イヴェールなど豪華アーティストたちが集結していることが分かった。

『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品として2015年に公開された『クリード チャンプを継ぐ男』。この続編となる『クリード 炎の宿敵』がいよいよ本国アメリカで今月21日に封切りとなる。サンクスギビングの週の公開ということもあってヒットが期待される映画だが、音楽面でも力が入っている作品だ。スコアは前作同様に、チャイルディッシュ・ガンビーノのプロデュース、そして映画『ブラックパンサー』の音楽でも高い評価を受けるルーヴィク・ゴランソン(Ludwig Göransson)が引き続き担当するが、さらに、ヒットメイカーのマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)が監修するサウンドトラックも登場する。

今年のグラミー賞に輝いたケンドリック・ラマーの“HUMBLE.”を始め、ビヨンセの“Formation”やマイリー・サイラスの“We Can’t Stop”などを手がけた人気プロデューサーのマイク・ウィル・メイド・イットは先月、『クリード 炎の宿敵』のサウンドトラック的な位置づけの作品となる『Creed II: The Album』のエグゼクティヴ・プロデューサーを務めることが発表された。これは、『ブラックパンサー』においてラップ・スターのケンドリック・ラマーがキュレーションを務め、全米アルバム総合チャートで初登場1位となるなどヒットを記録した『Black Panther: The Album』に倣った形となる。

この時点では『Creed II: The Album』がどういった内容になるかは不明だったが、映画の公開が迫った今週、ついにマイク・ウィルがトラックリストを公開。ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、J・コール(J. Cole)、ミーゴスのクエヴォ(Quavo)、リル・ウェイン(Lil Wayne)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ナズ(Nas)、リック・ロス(Rick Ross)、グッチ・メイン(Gucci Mane)、トゥー・チェインズ(2 Chainz)、ジューシィ・J (Juicy J)、YGエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、エイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)、ヴィンス・ステイプルズ(Vince Staples)、スクールボーイ・Q (ScHoolboy Q)、レイ・シュリマー(Rae Sremmurd)、ヤング・サグ(Young Thug)、ガナ(Gunna)といった人気ラッパーたちが数々参加。加えて、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)や、“Boo’d Up”のヒットで知られるR&Bの新星エラ・メイ(Ella Mai)、ドレイクが“TBC”の歌詞をInstagramに綴るなど気に入っている様子を見せたことも話題のロンドンの新鋭アマ・ルー(Ama Lou)、さらにはボン・イヴェール(Bon Iver)まで、豪華な顔ぶれが集まっている。

『Creed II: The Album』からはリード曲として、マイク・ウィルのレーベル EarDrummersに所属するイアーズ(EEarz)とスクールボーイ・Q、トゥー・チェインズの3者による“Kill ‘Em With Success”が今月頭に先行リリースされているが、他にもこのアルバムでは様々なコラボレーションが実現。“Alright”などで組んだケンドリック・ラマーとファレルや、J・コールのレーベル Dreamville Recordsに所属する若手女性R&Bシンガーのアリ・レノックス(Ari Lennox)とJ・コール、これまでも何度か共演してきたナズとリック・ロスといった組み合わせから、マイク・ウィルとコラボ作『Edgewood』を発表しているトラブル(Trouble)に、クエヴォ、グッチ・メイン、YG、ジューシィ・J、イアーズのコラボレーションや、エイサップ・ロッキー&ファーグとニッキー・ミナージュの共演なども。

マイク・ウィルは、このトラックリスト公開にあたって「レア・コラボ」もあるという表現もしているが、中でも“Midnight”という楽曲は、映画で主人公を支えるビアンカ役を演じている女優テッサ・トンプソンと、リル・ベイビーとの“Drip Too Hard”が全米トップ10ヒット中の若手注目ラッパー、ガナの共演となっている。ジャネル・モネイとの交際でも知られるテッサ・トンプソンは、LAのインディ・バンド=コート・ア・ゴースト(Caught A Ghost)のボーカルを務めるなど音楽活動の経験もある。

『Creed II: The Album』の制作意図についてマイク・ウィルは、Variety誌に対し、「若い世代に、正しいキュレーターの手にかかればサウンドトラックも一般的なアルバム同様に面白いものになるということを示すことが大事だと思った」と説明し、「この音楽を聞いた人たちに『映画のサウンドトラックが面白い時代が戻ってきた』と言わせたい」と意気込みを語っている。『Creed II: The Album』は、アメリカでの映画公開日となる11月21日にリリース予定

なお、マイケル・B・ジョーダン主演映画『クリード 炎の宿敵』は、日本では2019年1月11日公開予定となっている。

1. “Amen (Pre Fight Prayer)” – Lil Wayne
2. “Do You Need Power? (Walk Out Music)” – Bon Iver
3. “We Can Hit (Round 1)” – Crime Mobb & Slim Jxmmi
4. “Kill ‘Em With Success” – EEarz, ScHoolboy Q & 2 Chainz [prod. by Mike WiLL Made-It / co-prod. by C Millz & B Rackz]
5. “Check” – Nas & Rick Ross
6. “Fate” – Young Thug & Swae Lee
7. “Shea Butter Baby” – Ari Lennox & J. Cole
8. “The Mantra” – Pharrell & Kendrick Lamar
9. “Watching Me” – Rae Sremmurd & Kodak Black
10. “F.I.G.H.T.” – EEarz, Gucci Mane, YG, Trouble, Quavo & Juicy J
11. “Runnin” – A$AP Ricky, A$AP Ferg & Nicki Minaj
12. “Midnight” – Tessa Thompson & Gunna
13. “Bless Me (Demo)” – Ama Lou
14. “Ice Cold (Final Round 0)” – Vince Staples
15. “Love Me Like That (Champion Love)” – Ella Mai