bmr

bmr>NEWS>昨年21歳で急逝したリル・ピープの「新作」が一周忌を前に登場

NEWS

昨年21歳で急逝したリル・ピープの「新作」が一周忌を前に登場

Lil Peep - Come Over When You’re Sober, Pt. 2

「エモ・ラップ」シーンの未来を担う新進ラッパーとして将来を嘱望されたものの、昨年11月に21歳の若さで急逝したリル・ピープ(Lil Peep)の新作『Come Over When You’re Sober, Pt. 2』が9日に発表された。

1996年11月1日生まれ、ニューヨーク州ロングアイランド出身のリル・ピープは、ロサンジェルスに移り住んだ17歳頃から本格的にラッパーとして活動を開始。SoundCloudやYouTubeを中心に楽曲を発表していき、虚無的かつ内省的で、ドラッグや自殺、傷心を歌う「エモ・ラップ」シーンを牽引するひとりとして注目されていった。特にリル・ピープの場合は、バンドからの影響も公言し、ロック色の強いオルタナティブな音楽性、そして、パリ・ファッションウィークでバルマンのモデルを務めるなどそのファッション性でも人気を集め、自身も「カート・コベインのようになりたい」と発言したこともあって、「現代のカート・コベイン」、「ラップ界のカート・コベイン」とも評されていた。

しかし、現地時間で昨年の11月15日午後8時50分頃、ツアーバスの中で亡くなっているのをマネージャーが発見した。アリゾナ州でのライブを当夜に控えており、リル・ピープは夕方5時頃からバスで寝ていた。マネージャーはバスの中で寝ているリル・ピープを2度確認し、その際は息をしていたものの、2度目に確認した際、起こそうと試みたものの目は覚まさなかったという。その後、3度目に彼の様子を見に行った際に息をしておらず、心臓マッサージを試みたものの蘇生することなく、救命隊の到着時に死亡が確認された。その早すぎる死に、サム・スミス、ディプロ、ポスト・マローン、リッチ・ブライアン、トラヴィス・バーカー、フォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツなど数多くのアーティストたちが追悼のコメントを綴った。後に死因は、麻薬性の処方鎮痛剤や、やはり依存性や離脱症状が問題視されている抗不安薬などの過剰摂取による事故死と診断されている。

今年1月には、人気プロデューサー/DJのマーシュメロー(Marshmello)が、生前に制作していたというコラボレーション曲“Spotlight”を発表。また4月には、アデル、ビヨンセ、ファレル、ジョン・レジェンド、ダフト・パンク、カルヴィン・ハリス、ディプロなどを抱えるメジャー・レーベル Columbia Recordsが、多作家で知られたリル・ピープの遺した音源をリリースする権利を獲得したと報じられ、実際にその翌月には、クラムズ・カシーノのプロデュースによるリル・ピープの新曲“4 Gold Chains”がColumbiaを通して発売された。また9月には、バイセクシュアルであると明かしていたリル・ピープ同様に自身のセクシュアリティをカミングアウトしているアイラヴマコーネンとのコラボレーション曲“Sunlight On Your Skin”、そして同じく「エモ・ラップ」シーンを代表するアーティストで、今年6月に20歳の若さでこの世を去った故エクスエクスエクステンタシオンとのコラボレーション曲“Falling Down”の2曲がリリースされており、特に後者の“Falling Down”は全米シングル総合チャートで最高13位を記録するヒットとなったが、ついにリル・ピープの未発表音源を元にした新作が発表された。

11月1日は生きていれば22歳となる誕生日から8日後、そして1周忌の6日前となる11月9日に発表されたリル・ピープの『Come Over When You’re Sober, Pt. 2』は、2017年8月に発表されたデビュー・アルバム『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』の続編的な位置づけの作品。前作同様にスモーカサック(Smokeasac)がメイン・プロデュースを担っている。親友でもあったスモーカサックはこの“新作”について、「彼抜きで完成させるのは、これまででもっとも辛いことだった。完成させたくないと思う時が何度もあったよ。彼の声を聴くのがただ辛すぎる日があったり、彼が隣にいないことが耐えられない日があったり」と振り返りながらも、亡くなったリル・ピープ、そして彼のファンのためにも完成させなければいけないと思った、と話している。

『Come Over When You’re Sober, Pt. 2』は全11曲を収録し、ゲスト・アーティストは一切なしという内容になっているが、ストリーミング・サービスでは、ヒットメイカーのマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)らが制作した、故エクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)とのヒット曲“Falling Down”、アイラヴマコーネン(iLoveMakonnen)との“Sunlight On Your Skin”の2曲のコラボレーションが追加されている。なお、クラムズ・カシーノ(Clams Casino)がプロデュースを手がけた“4 Gold Chains”は未収録に終わっている。

1. Broken Smile (My All) [prod. by Smokeasac & IIVI]
2. Runaway [prod. by Smokeasac]
3. Sex With My Ex [prod. by Smokeasac]
4. Cry Alone [prod. by Smokeasac & IIVI]
5. Leanin’ [prod. by Smokeasac & IIVI]
6. 16 Lines [prod. by Smokeasac & IIVI]
7. Life Is Beautiful [prod. by Smokeasac & IIVI]
8. Hate Me [prod. by Smokeasac, IIVI & Lars Stalfors]
9. IDGAF [prod. by Smokeasac & IIVI]
10. White Girl [prod. by Smokeasac & IIVI]
11. Fingers [prod. by Smokeasac]

[streaming album only]
12. Falling Down (with XXXTentacion) [prod. by Mike WiLL Made-It, John Cunningham & Blue Cheeze / co-prod. by IIVI]
13. Sunlight On Your Skin (with iLoveMakonnen) [prod. by Mike WiLL Made-It, John Cunningham & Blue Cheeze / co-prod. by IIVI]