bmr

bmr>NEWS>マルーン5のPJ・モートンがクリスマス・アルバムを発表 ストークリー、ヨランダ・アダムスら参加

NEWS

マルーン5のPJ・モートンがクリスマス・アルバムを発表 ストークリー、ヨランダ・アダムスら参加

PJ Morton - Christmas With PJ Morton

あのマルーン5のメンバーでもあり、個人としてもグラミー賞でこれまで3部門でノミネートを受けるなど高く評価されているPJ・モートン(PJ Morton)が、初のクリスマス・アルバム『Christmas With PJ Morton』を9日に発表した。

ニューオーリンズ出身のPJ・モートンは、幼い頃から教会で育ったシンガー・ソングライター/プロデューサー/鍵盤奏者。14歳からソングライティング、プロデュースをするようになったというPJは、若くしてインディア・アリーのグラミー最優秀R&Bアルバム賞に輝いた2002年作『Voyage To India』収録の“Intersted”を手がけ、注目を集めた。その後もジャギド・エッジやモニカ、ミュージック・ソウルチャイルドといったアーティストのプロデュースに関わっている。

ソロ・アーティストとしても2002年頃から活動を始め、そのスティーヴィ・ワンダーからビートルズ、スティングまでを思わせる耳なじみのよいメロディ、温かみのある歌声、ゴスペルの枠を超えてネオ・ソウル、ヒップホップを組み合わせた豊穣なサウンドでじわじわと人気を確立。インディ・ソウル界では知らぬ者のいない存在となったが、2011年にはYoung Money Recordsの社長であるマック・メインが高校の同級生という縁もあり、Young Money / Cash Money Recordsと契約。2013年には、敬愛するスティーヴィー・ワンダーも参加したメジャー・デビュー作『New Orleans』を発表した。また2010年からはマルーン5のツアー・メンバーとして活躍するようになり、2012年の『Overexposed』からは正式にグループに加入。活動の幅をメジャー・フィールドにも広げている。

ソロとしてメジャー・レーベルとの契約は終了したものの、昨年4月に発表した4年ぶりのソロ新作『Gumbo』を発表すると、今年1月の第60回グラミー賞では、『Gumbo』が最優秀R&Bアルバム部門、オープニングを飾る“First Began”が最優秀R&Bソング部門にノミネートを受けるなど高く評価された。また、グラミー賞開催の直前には、ニューヨークでスタジオ・ライブを開催し、これを『Gumbo Unplugged』として今年3月にリリース。こちらも絶賛されたが、今年10月には待望のソロとしての初来日公演が行われ、そのライブ・パフォーマンスでもさらに評価を高めたばかりだ。

“Girls Like You”が7週連続で全米シングル総合チャート首位をキープするなど、マルーン5としても大忙しで、来年2月に開催される東京ドーム公演を含め、ワールド・ツアーの真っただ中。このスケジュールの合間を縫って現在も精力的にソロ・ツアーを行っているPJ・モートンだが、早くも今年2作目のソロ・リリースとなる『Christmas With PJ Morton』を発表。タイトルどおり、彼にとって初のクリスマス・アルバムとなる。

全8曲、およそ25分というコンパクトな内容だが、ミント・コンディションのストークリー(Stokley)、グラミー受賞ゴスペル歌手のヨランダ・アダムス(Yolanda Adams)、そしてPJと同じニューオーリンズのシンガーで、ドレイクの大ヒット作『Views』に収録された“Childs Play”で楽曲がサンプリングされたことで知られるハ・シズル(HaSizzle / Ha-Sizzle)たちがゲスト参加。8曲中6曲がカバーだが、マライア・キャリーのクリスマス定番曲“All I Want For Christmas Is You”(邦題「恋人たちのクリスマス」)を始め、PJならではの解釈・アレンジが楽しめる素晴らしいカバーとなっている。

ツアーの合間にレコーディングされたというこの『Christmas With PJ Morton』についてPJは、「クリスマス、そしてクリスマス・ミュージックは、子供の頃にとても大きな存在だった。家族みんなが音楽に関わっていて……だからずっとクリスマス・アルバムを作ってみたかったし、ようやくできた、という感じだよ。ソウルフルなクリスマス・アルバムが最近ないなって感じてたんだ」と語っている。また、ヨランダ・アダムスをゲストに迎えたオリジナル曲“Do You Believe”については、「『Christmas With PJ Morton』では1曲ゴスペルをやりたかったんだ。だから書いた曲」と説明している。

なお今年は、ジョン・レジェンドを始め、ジェシー・Jアロー・ブラックらがそれぞれアーバンなクリスマス・アルバムを発表しているが、PJ・モートンはこの『Christmas With PJ Morton』を10月頭にアナウンスする際、「本当はもう少し情報解禁を待つつもりだったんだけど……昨日ジョン・レジェンドが(クリスマス・アルバムを出すと)アナウンスしたのを見て、これ以上待てない!と思ったんだ(笑)。だから僕のクリスマス・アルバムもこうして発表するよ!」と話していた。

1. Winter Wonderland
2. The Christmas Song
3. Do You Believe (feat. Yolanda Adams)
4. I’ll Be Home For Christmas
5. All I Want for Christmas Is You (feat. Stokley)
6. Peyton’s Lullaby (Right Away)
7. This Christmas (feat. Hasizzle)
8. Give Love On Christmas Day