bmr

bmr>NEWS>ドレイク、カーディ・B、ファレルにマドンナも参加 クエヴォがソロ・デビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

ドレイク、カーディ・B、ファレルにマドンナも参加 クエヴォがソロ・デビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

Quavo - QUAVO HUNCHO

Bad and Boujee”が昨年1月に全米シングル総合チャート1位を獲得、最新作も全米アルバム総合チャートで初登場1位となるなど人気のアトランタの新進ヒップホップ・トリオ=ミーゴス(Migos)のメンバーであり、個人での活躍も目立つクエヴォ(Quavo)が、ソロ・デビュー・アルバム『QUAVO HUNCHO』を12日にリリースした。

1991年生まれ、27歳のクエヴォことクエヴィアス・マーシャル(Quavious Marshall)は、人気のヒップホップ・トリオ=ミーゴスのメンバーとして知られる若手ラッパー。ミーゴスの中でも特にソロしての活躍も目覚ましく、2017年には、ポスト・マローンとの“Congratulations”が全シングル総合チャート最高8位、DJキャレドとの“I’m The One”が全米1位、ドレイクとの“Portland”が全米チャート最高9位、リアム・ペインとの“Strip That Down”が全米チャート最高10位と、ゲスト参加した楽曲が軒並みヒットを飛ばしている。

今年に入っても、DJキャレドの“No Brainer”にゲスト参加し、全米シングル総合チャートで最高5位をマーク。また、昨年末には以前から共演の機会の多いトラヴィス・スコットとのコラボレーション・アルバム『Huncho Jack, Jack Huncho』を発表し、全米アルバム総合チャートで初登場3位、米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートでは初登場1位となるなど好評を博した。さらに、ビヨンセ&ジェイ・Zの夫婦コラボレーション作『EVERYTHING IS LOVE』からのリード曲“APESHIT”や、米社会への批判を皮肉を交えて表現したミュージック・ビデオが大きな反響を呼び、全米シングル総合チャートで首位を獲得したチャイルディッシュ・ガンビーノ“This Is America”への貢献など、その活躍は目覚ましい。

ミーゴスとしても、今年1月に発表した最新作『Culture II』が全米アルバム総合チャートで初登場1位となるなど波に乗る中、ついにクエヴォの初のソロ・アルバムが到着。ミーゴスのメンバーによるソロ活動は以前から噂があり、特に個人での活躍が目立つクエヴォのソロ作については大きな期待が寄せられていたが、今年8月になって“Workin Me”、“Lambo Talk”、“Bubble Gum”のソロ3曲を同時リリース。9月に入ると、『QUAVO HUNCHO』というアルバム・タイトルを明かすと共に、9月内のリリースを示唆して期待を高めていた。9月中のリリースこそ実現しなかったものの、今月頭になって、ゲスト参加アーティストの名前、だまし絵風のアートワークを解禁すると共に10月12日の発売をアナウンス。この予告どおり、『QUAVO HUNCHO』が12日にリリースされた。

全19曲、1時間超えとなった『QUAVO HUNCHO』のゲスト・アーティストには、ドレイク(Drake)、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、カーディ・B (Cardi B)といった新世代ラップ・スターたちや、ポスト・マローンとの“rockstar”が全米シングル総合チャート8週1位の大ヒットとなったことで知られるトゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)、ドレイクとのコラボレーション曲“Yes Indeed”が全米チャート最高6位のヒットとなったリル・ベイビー(Lil Baby)、“ICY GRL”で注目を集めた25歳で、クエヴォとの交際も噂されるサウィーティ(Saweetie)、アトランタ生まれ・ナイジェリア育ちのアフロ・ポップ系アーティスト=ダヴィード(Davido)といった若手から、ミーゴスのオフセット(Offset)とテイクオフ(Takeoff)、そしてキッド・カディ(Kid Cudi)らが事前予告どおりに参加。

事前予告ではいくつかの名前が黒く塗り潰されていたが、アルバムにはさらに、フィフス・ハーモニーのメンバーで、カリードをデュエット相手に迎えたソロ・デビュー曲“Love Lies”が先月、全米シングル総合チャートで最高9位のヒットを記録したノーマーニ(Normani)、そしてあの女王マドンナ(Madonna)まで参加している。ミーゴスは、最新作『Culture II』収録から“Narcos”のミュージック・ビデオを6月に公開したが、この映像はマドンナのマイアミの別荘で撮影されており、撮影を知らなかったマドンナがInstagramを通じてミーゴスらに「そこはマイアミの私の家! あなたたち、そこで何やってるの?」とコメントしたことも話題になったばかり。今年3月にはマドンナ主催のアカデミー賞関連パーティにミーゴスやカーディ・Bも出席、マドンナ、カーディ・B&オフセットのカップルに、クエヴォの4人で写った写真も公開されており、交流がある様子があった。マドンナはこの『QUAVO HUNCHO』にて、カーディ・Bと共に“Champagne Rosé”という曲に参加、歌声を聞かせている。

ミーゴスの『Culture II』でも全24曲中11曲に名前がクレジットされるなど、プロデューサーとしての才覚も目覚めつつあるクエヴォは、『QUAVO HUNCHO』においては“Lambo Talk”、マドンナ&カーディ・B参加の“Champagne Rosé”にコ・プロデューサーとして関わっているほか、アルバムの最後を飾る“Lost”では共同プロデューサーとして名を連ねている。

アルバムの制作陣は他に、ミーゴス『Culture II』でも全米シングル総合チャートで最高8位のヒットとなった“Stir Fry”を手がけていたヒットメイカー、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、全米チャート通算8週1位の大ヒットを記録したドレイクの“Nice For What”やシックスナイン&ニッキー・ミナージュの最新ヒット“FEFE”も手がけているマーダ・ビーツ(Murda Beatz)、ミーゴス+ドレイクのヒット“Walk It Talk It”を手がけたダン・ディール(Dun Deal)、ブロックボーイ・JB&ドレイクのヒット“Look Alive”を手がけたテイ・キース(Tay Keith)を始め、キュービーツ(Cubeatz)、ワンダガール(wondaGURL)、OG・パーカー(OG Parker)といった馴染みの顔ぶれが集結。華やかなゲストと共に、実に業かなソロ・デビュー作に仕上がっており、ミーゴス級のヒットが期待できそうだ。

なおオフセットの母親が明かしたところによると、ミーゴスのメンバー全員がソロ・アルバムを発表予定で、クエヴォに続いてオフセットのソロ作が近日リリース予定だとか。またクエヴォは、合同ツアーを行っているドレイクとのコラボレーション・ミックステープの可能性を示唆する発言をGQ誌のインタビューの中でしている。

1. BIGGEST ALLEY OOP [prod. by 30 Roc & Cubeatz]

2. PASS OUT (feat. 21 Savage) [prod. by Buddah Bless]

3. HUNCHO DREAMS [prod. by Murda Beatz / co-prod. by Nasir Moore]

4. FLIP THE SWITCH (feat. Drake) [prod. by Wheezy & Cubeatz]

5. GIVE IT TO EM (feat. Saweetie) [prod. by Budda Beats]

6. SHINE [prod. by Tay Keith]

7. WORKIN ME [prod. by Murda Beatz / add'l prod. by Sool Got Hits]

8. HOW BOUT THAT? [prod. by Romano & OG Parker]

9. CHAMPAGNE ROSÉ (feat. Madonna & Cardi B) [prod. by Murda Beatz / co-prod. by Quavo / add'l prod. by Sool Got Hits]

10. KEEP THAT SHIT (feat. Takeoff) [prod. by Dun Deal]

11. FUCK 12 (feat. Offset) [prod. by Earl The Pearll & Cubeatz]

12. LOSE IT (feat. Lil Baby) [prod. by Jaded & Vance]

13. RERUN (feat. Travis Scott) [prod. by wondaGURL & Ikaz Boi]

14. GO ALL THE WAY [prod. by Pharrell Williams]

15. LAMB TALK [prod. by Buddah Bless / co-prod. by Quavo]

16. BIG BRO [prod. by Dun Deal / co-prod. by Chriz Beatz]

17. SWING (feat. Normani & Davido) [prod. by Murda Beatz & G Koop / co-written by Victoria Monét, Tayla Parx & RAYE / vocal prod. by Victoria Monét & Tayla Parx]

18. BUBBLE GUM [prod. by Buddah Bless / add'l prod. by Smith Bros.]

19. LOST (feat. Kid Cudi) [prod. by Joseph Davinci, Quavo, Mike Almighty & Kid Cudi]