bmr

bmr>NEWS>「アイ・スパイ」の大ヒットで知られるカイルが来年1月に初の来日公演を開催 [update]

NEWS

「アイ・スパイ」の大ヒットで知られるカイルが来年1月に初の来日公演を開催 [update]

KYLE Harvey

2017年に“iSpy”が全米シングル総合チャート最高4位のヒットとなったことで知られる25歳の若手ラッパー/シンガー、カイル(KYLE)が、2019年に初来日公演を開催することが発表された。

[11/7 update: 公演日が変更になりました]

カイルことカイル・ハーヴィは、80s~90s色のある懐かしさも漂うポップなサウンドに、ドレイクなどを思わせる歌ごころのあるラップを乗せた作風でファンを拡大していった西海岸の若手ヒップホップ・アーティスト。2015年には米Rolling Stone誌による「知っておくべき新人アーティスト10組」のひとりに選出され、また、前座を務めたことがきっかけとなってチャンス・ザ・ラッパーと仲良くなり、チャンスら率いるザ・ソーシャル・エクスペリメントが2015年5月に発表した『Surf』にゲスト参加。同年10月には、チャンス・ザ・ラッパーをゲストに迎えた2ndミックステープ『Smyle』をリリースした。

このカイルが大きな注目を集めたのが、2016年末に発表された“iSpy”。前年11月にD.R.A.M.との“Broccoli”が全米チャート最高5位のヒットとなった若手注目ラッパーのリル・ヤティ(Lil Yachty)をゲストに迎えた同曲は、キャッチーなサビ、ゆるいラップと心地よいサウンド、Instagramで可愛い女の子を見つけるというテーマの歌詞などでじわじわと話題を呼び、全米シングル総合チャートで最高4位まで上昇、米ラップ・ソング・チャートでは1位を獲得する大ヒットとなった。

今年5月にはケラーニ、カリード、アレッシア・カーラといった人気の若手シンガーから、大御所テイク6までがゲスト参加したメジャー・デビュー・アルバム『Light Of Mine』を発表。また、8月には、主演を務めたヒップホップ・コメディ映画『アフターパーティー』がNetflixで配信されており、ラッパーとしての枠を超えた活躍も見せ始めている。

10月からは世界ツアー〈Lightspeed World Tour〉を始めるこの注目の25歳が、日本にもついに降り立つ。2019年1月21日(月)に、今年9月にオープンしたばかりの渋谷ストリームホールにて1夜かぎり開催されることが発表された。『Light Of Mine』からは、日系女性シンガーのソフィア・ブラック(Sophia Black)が「どこから見てもいつまでも……」と歌う“Ikuyo”(行くよ)という楽曲もあるカイルだけに、初の来日公演は大いに盛り上がりそうだ。

[11/7 update: アーティストのスケジュールの都合により、公演日が1月21日(月)から1月10日(木)に変更になりました]

カイル来日公演
日時:2019年1月10日(木)OPEN 18:00 / START: 19:00
会場:渋谷ストリームホール
チケット価格:オールスタンディング ¥5,500 (税込・別途1Drink代) ※未就学児入場不可
チケット発売:10月27日(土)10:00~