bmr

bmr>NEWS>ラファエル・サディーク監修、ジョン・レジェンドが初のクリスマス・アルバムを10月に

NEWS

ラファエル・サディーク監修、ジョン・レジェンドが初のクリスマス・アルバムを10月に

John Legend - A Legendary Christmas

主演ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ・イン・コンサート』がエミー賞に輝き、「EGOT」を制覇したことも話題の人気シンガー・ソングライター、ジョン・レジェンド(John Legend)が、キャリア初のクリスマス・アルバム『A Legendary Christmas』を10月にリリースすることが発表された。

 

グラミー賞10冠、2014年には映画『グローリー/明日への行進』主題歌“Glory”でアカデミー賞に輝いたジョン・レジェンド。昨年6月には、自身がプロデュースした舞台『Jitney』が第71回トニー賞の演劇リバイバル作品賞を受賞。そして今年、ブロードウェイ・ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』をTVで生披露するスペシャル番組『ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ・イン・コンサート』で主演を務め、これが第70回プライムタイム・エミー賞で見事、「バラエティ・スペシャル番組(生放送)」部門を受賞。エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞の4つの賞、いわゆる「EGOT」を制覇した数少ない人物となった。

また近年は、エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』の主題歌をアリアナ・グランデ(Ariana Grande)と共に歌っただけでなく、自身がエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた大ヒット映画『ラ・ラ・ランド』に俳優としても出演、さらにはGoogleアシスタントに新たに追加される音声のひとつにジョンの声が使用されるなど、幅広い活躍を成し遂げている。

この39歳のスターが、10年以上のキャリアの中で初めてのクリスマス・アルバムとなる『A Legendary Christmas』を10月26日にリリースすることが発表された。2016年に発表された『Darkness and Light』以来、およそ2年ぶりとなるこの新作は、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)がエグゼクティヴ・プロデューサーを担当する。

ディアンジェロ、ジョス・ストーンなどのプロデュースで知られ、トニー・トニー・トニー、ルーシー・パールなどグループとしての活動や、ソロ・アーティストとしても人気を誇るラファエル・サディークは、ジョン・レジェンドと同じColumbia Recordsのレーベルメイトであり、2006年のジョンの2ndアルバム『Once Again』にプロデュースで参加するなど以前から交流はあったが、全面的にタッグを組むのはこれが初めて。とは言え、近年は『Empire 成功の代償』や『インセキュア』といったTVドラマの音楽も手がけているラファエル・サディークは、ジョン・レジェンドがプロデュースを務めたTVドラマ『Underground』(2016~2017年)の音楽にも関わっていた。

全14曲となる『A Legendary Christmas』は、ジョンが書いたオリジナル楽曲も収録されるが、その多くは、“Silver Bells”、“Give Love On Christmas Day”、“The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)”といったクリスマスの名曲を取り上げる。スティーヴィー・ワンダーが67年に発表したクリスマス・アルバムで歌った“What Christmas Means To Me”のカバーには、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)本人がハーモニカで参加。“Have Yourself A Merry Christmas”のカバーでは、グラミー受賞ジャズ・ベーシスト/シンガーのエスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding)がデュエット相手を務める。

 

“Bring Me Love” (preview)

Your browser does not support the audio element.

“Have Yourself A Merry Little Christmas (feat. Esperanza Spalding)” (preview)

Your browser does not support the audio element.

なおジョン・レジェンドは、今年4月に新曲“A Good Night”を発表したほか、9月29日にニューヨークで開催された〈Global Citizen Festival〉のステージでは、未発表の新曲“Preach”を披露しており、新たなオリジナル・スタジオ・アルバムも待たれるところだ。

 

1. What Christmas Means To Me (feat. Stevie Wonder on harmonica)
2. Silver Bells
3. Have Yourself A Merry Little Christmas (feat. Esperanza Spalding)
4. No Place Like Home
5. Bring Me Love
6. Merry Christmas Baby / Give Love On Christmas Day
7. Christmas Time Is Here
8. Waiting For Christmas
9. Purple Snowflakes
10. The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)
11. Please Come Home For Christmas
12. Wrap Me Up In Your Love
13. By Christmas Eve
14. Merry Merry Christmas