bmr

bmr>NEWS>ウータン・クラン、ワーレイ、ジェイデン・スミスら参加 ロジックが新作『YSIV』を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

ウータン・クラン、ワーレイ、ジェイデン・スミスら参加 ロジックが新作『YSIV』を発表 [全曲フル試聴可]

Logic - YSIV

米政府が提供する自殺防止ホットラインの電話番号を冠し、「生きててほしい」と呼びかけるメッセージソング“1-800-273-8255”が昨年、全米シングル総合チャートで最高3位の大ヒットとなったほか、グラミー賞候補となるなど大きな反響を呼んだ28歳の若手人気ラッパー、ロジック(Logic)が、早くも新作『YSIV』を届けた。

昨年5月に発表し、自身初の全米アルバム総合チャート1位を獲得した『Everybody』に収録され、アレッシア・カーラとカリードという若手注目のシンガーをゲストに迎えた“1-800-273-8255”は、昨年8月に注目を集める。まず8月中旬に、自身のセクシャリティに悩み苦しむ同性愛カップルを描いたミュージック・ビデオを公開。名優ドン・チードルらも出演し、短編映画のようなストーリーを映し出した映像で話題を呼んだ。そして8月末に開催された〈MTV Video Music Awards〉でライブ・パフォーマンスを披露。プレゼンターのケシャによる「誰にでも苦しみはある。そして、あなたがあなた自身を諦めないかぎり、光がその闇を打ち砕くことでしょう」というスピーチや、自殺未遂者や、自殺で家族や友人を失った人たちが、この自殺防止ホットラインの番号を表に、「あなたはひとりじゃない」というメッセージを裏に書いたTシャツを着て登場する演出と共にこのパフォーマンスは、放送後に自殺防止ホットラインへの電話が50%増となるなどの大きな反響を呼び、全米シングル総合チャートを駆け上がった。

そして今年1月に受賞式が開催された第60回グラミー賞では、受賞こそならなかったものの、主要4部門のひとつ、ソング・オブ・ザ・イヤーの候補となったほか、最優秀ミュージック・ビデオ部門でもノミネートを受けるなど、ロジックにとって最大のヒット曲となった。

今年3月にはミックステープ『Bobby Tarantino II』を発表して全米アルバム総合チャートで初登場1位を獲得、またサム・スミスやワン・リパブリックらの楽曲へのゲスト参加、ウィル・スミス主演映画『ブライト』サウンドトラックや、エルトン・ジョンのデビュー50周年企画盤への参加、さらにはラップ・カルチャー・ドキュメンタリー『RAPTURE ヒップホップの世界』への出演など活発に活動を続けているロジック。今年4月の時点で複数のアルバムがすでに完成済みと発言。7月には、7作ぶんにあたる80曲の未発表曲があると豪語していたが、8月になって正式にニュー・アルバム『Young Sinatra IV』を9月28日に発売すると予告。『YSIV』というタイトルとなって、予告どおり9月28日に発表された。

自らを「ヤング・シナトラ」と呼んでいるロジックの4作目のオリジナル・スタジオ・アルバムであり、2011年のミックステープから始まった『Young Sinatra』シリーズの第4弾にあたる『YSIV』。7月にはワン・リパブリックのライアン・テダー(Ryan Tedder)をゲストに迎えたリード曲“One Day”、8月にはニーナ・シモン“Wild Is The Wind”をサンプリングした“The Return”と発表し、今月には映画『ダークナイト』へのオマージュも込められたミュージック・ビデオも話題の“Everybody Dies”もリリースされたが、アルバムはこの3曲を含む全14曲となっている。

特にこの『YSIV』で注目を集めているのが“Wu Tang Forever”と名付けられた楽曲で、その名のとおり、この曲にはゴーストフェイス・キラー(Ghostface Killah)、レイクウォン(Raekwon)、RZA (レザ)、メソッド・マン(Method Man)、インスペクター・デック(Inspectah Deck)、カパドンナ(Cappadonna)、U・ガッド(U-God)、マスター・キラー(Masta Killa)、GZA (ギザ)と、ウータン・クラン(Wu-Tang Clan)のメンバー全員が名を連ねているのに加え、ウータンのメンバーになる話もあったウータン一派のジャックポット・スコッティ・ウォッティ(Jackpot Scotty Wotty)まで参加した強力な楽曲だ。ロジックは、RZAが音楽を手がけた映画『キル・ビル』の影響でヒップホップに夢中になったと言われており、憧れの存在との共演となった。

アルバムには他にも、ワーレイ(Wale)、ジェイデン・スミス(Jaden Smith)といった人気ラッパーたちが参加しているのを始め、以前からロジック作品に参加していた新進シンガー/ダンサー/プロデューサーのジョン・リンダール(John Lindahl)やラッパーのビッグ・レンボー(Big Lenbo)、さらにLAの新進シンガー/プロデューサーであるKajoといったロジックのレーベル Elysiumに所属する若きアーティストたち、さらには『トゥルー・グリット』、『はじまりのうた』や『ピッチ・パーフェクト2』など女優としての活躍で有名な新星ヘイリー・スタインフェルド(Hailee Steinfeld)、イギリスのフォーク・ロック系シンガー・ソングライター、ルーシー・ローズ(Lucy Rose)まで、多彩な顔ぶれが参加している。

盟友シックス(6ix)がこれまでどおり大半をプロデュース。表題曲“YSIV”ではミルクボーン“Keep It Real”のトラックをサンプリングしつつ、“Keep It Real”が借用していたナズの名曲“Life’s A Bitch”のサビを借用し、また“100 Miles and Running”ではサンプリング・クラシックとなっているインクレディブル・ボンゴ・バンドの“Apache”を使用したりと、ヒップホップ黄金期を意識したような、サンプリングを軸としたクールなサウンドに。「俺の最高傑作だ」と豪語しているロジックは、「めちゃくちゃブーンバップでめちゃくちゃヒップホップ」と『YSIV』を形容している。

なお、ロジックのオフィシャル・ストアでは、『YSIV』のフィジカルCDやレコード盤も発売されている。

1. Thank You (feat. Lucy Rose & The RattPack) [prod. by Vontae Thomas & Rascal]

2. Everybody Dies [prod. by 6ix & Cubeatz]

3. The Return [prod. by 6ix]

4. The Glorious Five [prod. by 6ix & Matthew Crabtree]

5. One Day (feat. Ryan Tedder) [prod. by 6ix & Ryan Tedder]

6. Wu Tang Forever (feat. Ghostface Killah, Raekwon, RZA, Method Man, Inspectah Deck, Cappadonna, Jackpot Scotty Wotty, U-God, Masta Killa & GZA) [prod. by 6ix & NAZ.]

7. 100 Miles and Running (feat. Wale & John Lindahl) [prod. by 6ix & Logic]

8. Ordinary Day (feat. Hailee Steinfeld) [prod. by 6ix]

9. YSIV [prod. by 6ix]

10. Street Dreams II [prod. by 6ix] barrington levy

11. The Adventures of Stoney Bob (feat. Kajo, Slaydro & Big Lenbo) [prod. by 6ix & Kajo]

12. Legacy [prod. by Sunny Norway & NAZ.]

13. ICONIC (feat. Jaden Smith) [prod. by Sunny Norway & NAZ.]

14. Last Call [prod. by 6ix & Isaiah]