bmr

bmr>NEWS>ルーペ・フィアスコが3部作の第2弾となる新作を発表 ダミアン・マーリー、ニッキー・ジーンら参加

NEWS

ルーペ・フィアスコが3部作の第2弾となる新作を発表 ダミアン・マーリー、ニッキー・ジーンら参加

Lupe Fiasco - DROGAS WAVE

“Superstar”、“The Show Goes On”といった全米トップ10ヒットで知られるシカゴのグラミー授賞人気ラッパー、ルーペ・フィアスコ(Lupe Fiasco)が、昨年発表した『DROGAS Light』に続く1年半ぶりのニュー・アルバム『DROGAS Wave』を21日に発表した。

2006年に『Lupe Fiasco’s Food & Liquor』で衝撃のデビューを果たし、2008年の第50回グラミー賞では“Daydreamin’”でグラミーの栄誉も手にしたルーペ・フィアスコ。2015年の『Tetsuo & Youth』まで、メジャー・レーベルのAtlantic Recordsから5枚のアルバムを発表し、『Lasers』では全米アルバム総合チャートで1位を獲得。ジェイ・Zら大物たちがその才能を認め、これまで12度のグラミー・ノミネートも受けた実力派ラッパー。空手教室も運営する父親を持ち、自身も空手や剣道の黒帯を有するとしており、そうした影響からかゲームや漫画など日本のカルチャーを愛していることでも有名で、『ストリートファイターV』発売記念イベントのエキシビションマッチで日本のプロゲーマー、ウメハラと対戦したことも話題になった。

『Tetsuo & Youth』のリリースを持ってAtlanticとの契約を終了したルーペ・フィアスコは、以降はインディペンデントで活動を続けており、2016年には『DROGAS』、『DROGAS Light』、『SKULLS』の3部作を年内にリリースすると豪語。サンプリングの許諾に時間がかかっているなどとして進行は大幅に遅れたが、昨年2月には第一弾として『DROGAS Light』を発表。「『Lasers』期を洗練させた作品」と自ら評した同作は、漢字で一文字「光」と書かれたアートワークも注目を集めた。

そして『DROGAS Light』の発表から1年8ヵ月、ついに3部作の第2弾が完成。米Billboard誌のインタビューによれば、3作とも2017年内にリリースしたかったものの、「サンプリング許諾の壁が立ちはだかって」予定どおりの進行ができないという。ようやく登場した第2弾は『DROGAS Wave』と名付けられ、当初は9月28日発売予定だったものの、一部音源の流出に対抗するため、1週間先行でデジタル解禁された。

21日に発表された新作『DROGAS Wave』は、2部構成から成る全24曲、1時間半を超える大ボリュームに。インタールード等を除いた20曲のうち、デビュー当時からルーペ・サウンドを支えるサウンドトラック(Soundtrakk)が8曲をプロデュースしているほか、サイモン・セッズ(Simon Sayz)といった旧知の顔ぶれが制作に参加。また、カニエ・ウェスト“Power”やビヨンセ“Best Thing I Never Had”を手がけたことで知られるS1ことシンボリック・ワン(Symbolyc One)、ケンドリック・ラマー『DAMN.』のプロデュースでも知られるDJダーヒ(DJ Dahi)といった売れっ子プロデューサーも1曲ずつだが関わっている。両者とも、2015年の『Tetsuo & Youth』以来の参加だ。

実際、『Tetsuo & Youth』に収録された“Mural”の続編となる“Mural Jr.”がアルバムの最後を飾るなど、『Tetsuo & Youth』との共通点が多いアルバムになっており、2008年の“Hip-Hop Saved My Life”で共演で知られ、『Tetsuo & Youth』でも複数で参加していた女性シンガーのニッキー・ジーン(Nikki Jean)は今回、6曲でフィーチャーされている。また、ジェイ・Z&ビヨンセの夫婦合同ツアーなどに参加した女性トランペッターであり、ローヴェル(RØVÉL)名義でシンガー・ソングライターとしても活動しているクリスタル・トーレス(Crystal Torres)も『Tetsuo & Youth』に続いての参加で、2曲で歌声がフィーチャーされているほか、“Drogas”などでトランペットの音色も聞かせている。

他にも、ボブ・マーリーの末子として知られるダミアン・マーリー(Damian Marley)や、ハービー・ハンコックを始め様々な大御所との共演も経験している若きジャズ・フルート奏者エレーナ・ピンダーヒューズ(Elena Pinderhughes)がゲストとして参加。“Manilla”ではベースをデリック・ホッジ(Derrick Hodge)が演奏するなど、多彩な顔ぶれがアルバムを彩っている。

ルーペ・フィアスコによれば、『DROGAS Wave』は、アフリカから奴隷として船で運ばれた人たちが海へと落ち、しかし死ぬことなく海の底で奴隷船を沈没させるために生きた、というストーリーがベースにあるという。アルバムには、ギリシャを目指した船が転覆して遺体となって浜辺に打ち上げられた写真が2015年に世界に衝撃を与えた、シリア難民の3歳の男の子の名を冠した“Alan Forever”や、今年3月に地元シカゴで起きた、生後6ヵ月の子供が銃で撃たれたという痛ましい事件の被害者の名を冠した“Jonylah Forever”といった楽曲もあり、移民や銃規制といった社会問題をルーペ流のリリシズムで綴った楽曲も収録されている。

なおルーペ・フィアスコは、今年3月には、中国武術を学ぶために中国へと渡ったドキュメンタリー『Beat N Path』が、中国やシンガポールなどアジア地域をネットワークに持つ放送局 KIXでオンエア。好評を受けて、今度は日本を旅する第2シーズンが制作されており、サブカルチャーを学んだり、Eスポーツ・チャンピオンとの対戦、日本のヒップホップ・アーティストとのフリースタイル共演などが盛り込まれているという。ルーペは今年6月に東京を訪れた様子をSNSに公開しており、この時撮影されたものと見られる。また、4月からアメリカで放送されている、プロゲーマー7人が『ストリートファイターV』で競い合うリアリティ番組『ELEAGUE The Challenger: Street Fighter V』にゲスト出演するなど、ゲーム愛も相変わらずのようだ。

[Part 1]
1. In The Event of Typhoon
2. Drogas [prod. by Soundtrakk, Dylan James & Davin "ChristopherKillumbus" Boykin]
3. Manilla [prod. by Freeway Tjay / add'l bass by Derrick Hodge]
4. Gold vs The Right Things To Do [prod. by S1 & shndō]
5. Slave Ship (Interlude)
6. WAV Files [prod. by Soundtrakk]
7. Down (feat. Nikki Jean) [prod. by Soundtrakk / add'l prod. by Jake West]
8. Haile Selassie (feat. Nikki Jean) [prod. by Soundtrakk]
9. Alan Forever (feat. Crystal Torres) [prod. by Davin "ChristopherKillumbus" Boykin]

[Part 2]
10. Helter Skelter (Interlude)
11. Stronger (feat. Nikki Jean) [prod. by T3K / add'l prod. by Soundtrakk & Dylan James]
12. Sun God Sam & The California Drug Deals (feat. Nikki Jean) [prod. by VohnBeatz & Christian Sager / add'l prod. by Cardiak]
13. XO (feat. Troi Irons) [prod. by Lights Away (Simon Sayz & Ian Valentine)]
14. Don’t Mess Up the Children (Interlude)
15. Jonylah Forever [prod. by Soundtrakk]
16. Kingdom (feat. Damian Marley) [prod. by DJ Dahi & Oren Yoel]
17. Baba Kwesi (Interlude)
18. Imagine (feat. Simon Sayz & Crystal Torres) [prod. by Lights Away (Simon Sayz & Ian Valentine)]
19. Stack That Cheese (feat. Nikki Jean) [prod. by Floss & Flame]
20. Cripple (feat. Elena Pinderhughes) [prod. by Soundtrakk]
21. King Nas [prod. by Soundtrakk / add'l prod. by Jon Content]
22. Quotations from Chairman Fred (feat. Nikki Jean & Bishop Edgar Jackson) [prod. by VohnBeatz]
23. Happy Timbuck2 Day [prod. by Lights Away (Simon Sayz & Ian Valentine)]
24. Mural Jr. [prod. by Johnny "JT" Thomas, Jr.]