bmr

bmr>NEWS>マライア・キャリーが新曲「GTFO」を発表 ポーター・ロビンソン曲をサンプリング

NEWS

マライア・キャリーが新曲「GTFO」を発表 ポーター・ロビンソン曲をサンプリング

Mariah Carey - GTFO

10月末に4年ぶりの来日公演を控える世界の歌姫マライア・キャリー(Mariah Carey)が、ニュー・アルバム発売に向けて新曲“GTFO”を発表した。

全世界トータル・セールスは2億枚を超え、ソロ・アーティストとしては歴代最高数となる全米ナンバーワン・ヒット18曲を誇り、1990年代、2000年代、2010年代のいずれにおいても全米トップ10ヒットを放ったという世紀の歌姫、マライア・キャリー。昨年は、全米シングル総合チャート最高3位を記録するなど昨夏にヒットしたフレンチ・モンタナの“Unforgettable”に「Mariah Carey Remix」でゲスト参加しただけでなく、Epic Records傘下にButterfly MC Recordsという自主レーベルを設立、さらにはヒップホップ界の帝王ジェイ・Zが立ち上げたRoc Nationとのマネジメント契約を結ぶなど、新作へ向けて動き出している。

今年7月からはラスベガスにて長期レジデント公演〈The Butterfly Returns〉もキックオフさせたマライア・キャリーが、ついに新曲を発表。「黙れ」「失せろ」といった意味の「Get The Fuck Out」の略称である“GTFO”と題したこの楽曲は、愛情の冷めた交際相手に冷たく「さよなら」と別れを告げる内容だが、その辛辣な歌詞とは裏腹に、ドリーミーなエレクトロ・サウンドが響く。これは、日本のゲーム・ミュージックに影響を受けたことで知られるポーター・ロビンソン(Porter Robinson)の2014年作『Worlds』に収録された“Goodbye To A World”をサンプリングしたもの。

“GTFO”のプロデュースを担当したのは、“One Dance”、“Hotline Bling”、“Hold On, We’re Going Home”といったドレイクの大ヒットを手がけてきたナインティーン・エイティファイヴ (Nineteen85)。ダニエル・シーザーの“We Find Love”や、ジョイナー・ルーカス&クリス・ブラウンの“Stranger Things”などを手がけたトロントの新鋭ジョーダン・マンズウェル(Jordon Manswell)がコ・プロデューサーとして補佐しているほか、リアーナ“Bitch Better Have My Money”に関わったビビ・ブレリー(Bibi Bourelly)がソングライティングで参加している。

さらにマライア・キャリーは、この“GTFO”に続いて、10月5日にはさらなる新曲“With You”をリリース予定で、ニュー・アルバムも年内のリリースを予定しているという。

2014年の『Me. I Am Mariah… The Elusive Chanteuse』以来となるマライア・キャリーの新作については、Butterfly MC設立を発表した昨年4月の時点では、2017年内のリリースを予定していたものの、レーベル設立発表の翌月、『The Emancipation of Mimi』でマライアを復活させたLA・リード(L.A. Reid)がセクシャルハラスメントを告発され、Epic会長の座を辞任するという騒動があったこともあり、仕切り直しが必要となったと見られる。

マライア・キャリーは、ドネル・ジョーンズの2000年ヒット“Where I Wanna Be”をサンプリングした“I Don’t”を昨年2月に発表したほか、同年10月にはキリストの降誕を描いたアニメ映画『ザ・スター はじめてのクリスマス』で主題歌“The Star”を提供。また、すっかりクリスマスの定番となった代表曲“All I Want For Christmas Is You”を元に2015年に絵本『クリスマスにほしいもの』を発表、これを『マライア・キャリー クリスマスにほしいもの』としてアニメーション映画化しており、このサウンドトラックには新曲“Lil Snowman”も収録された。加えて昨年のクリスマス直前には、“All I Want For Christmas Is You”が発売から23年経って初めて、全米シングル総合チャートでトップ10入りを果たした。今年は、現時点で2018年最大のヒット作となっているドレイクの『Scorpion』で、マライア・キャリーの“Emotions (12″ Club Mix)”がサンプリングされたことも話題になっている。

なお、マライア・キャリーの来日公演は10月29日(月)に大阪市中央体育館、10月31日(水)と11月1日(木)に日本武道館で開催される。

produced by Nineteen85
co-produced by Jordon Manswell
written by Mariah Carey, Nineteen85, Jordon Manswell, Bibi Bourelly & Porter Robinson