bmr

bmr>NEWS>ボビー・ブラウンがテディ・ライリー&ベイビーフェイス制作の新曲「ライク・ボビー」を発表

NEWS

ボビー・ブラウンがテディ・ライリー&ベイビーフェイス制作の新曲「ライク・ボビー」を発表

Bobby Brown - Like Bobby

80年代後半から90年代初頭にかけて“My Prerogative”、“Every Little Step”、“On Our Own”、“Rock Wit’cha”、“Humpin’ Around”などの大ヒット曲を放ち、ここ日本でも彼の髪型やファッションを真似した「ボビ男」が登場するなど一世を風靡したR&Bシンガーのボビー・ブラウン(Bobby Brown)が、久々の新曲“Like Bobby”を発表した。

“Candy Girl”、“Cool It Now”、“Mr. Telephone Man”、“Can You Stand The Rain”など80年代から90年代にかけてヒットを放った伝説的R&Bグループ=ニュー・エディション(New Edition)のメンバーであり、ソロとしてさらなる成功を収めたボビー・ブラウン。一時は故ホイットニー・ヒューストンとの離婚劇、飲酒運転での逮捕などの不祥事でゴシップ欄を賑わせるなど低迷していたが、2012年にはソロとして15年ぶりとなる新作『The Masterpiece』を発表し、ニュー・エディションの再結成、ニュー・エディションの伝記TVドラマ『The New Edition Story』の放送とその成功など、近年ふたたびキャリアを上向かせている。

今年2月に49歳となったボビー・ブラウンだが、昨年1月に放送され、同日放送のケーブル局の番組において3夜連続でトップを走るなど高視聴率を記録した『The New Edition Story』の成功を受けて、ボビー・ブラウンの伝記TVドラマ『The Bobby Brown Story』の製作が決定。ボビーが2013年に上梓した自叙伝『Every Little Step』を元にした全2話のドラマとして今秋放送予定であることが発表されていたが、米時間で9月4日と5日についに放送された。

そしてこの伝記TVドラマ『The Bobby Brown Story』に合わせて、ボビー・ブラウンの新曲も登場。“Like Bobby”と題されたこの曲は、以前にも報じられていたとおり、“Every Little Step”、“Rock Wit’cha”などボビーの不朽の名曲を生んだベイビーフェイス(Babyface)、そしてボビーの1992年作『Bobby』にてホイットニー・ヒューストンとの夫婦共演となった“Something In Common”など7曲をプロデュースしていたテディ・ライリー(Teddy Riley)という、90年代屈指の成功を収めた大プロデューサー両名がプロデュースした楽曲だ。90年代後半~00年代初頭のヒップホップ~R&Bの雰囲気を湛えているが、それもそのはず、ザ・ルーツ(The Roots)の1999年の名曲“The Next Movement”をサンプリングしている。

このボビー・ブラウンの新曲“Like Bobby”は、ボビー・ブラウンにとって『The Masterpiece』以来6年以上ぶりの新曲となる。また同曲は、ケンドリック・ラマー、エミネム、ドクター・ドレー、ブラック・アイド・ピーズからマルーン5、レディー・ガガなど大スターたちを抱える大手メジャー・レーベル Interscope Recordsからの発売。ボビー・ブラウンにとって、メジャー・レーベルからのリリースは1997年作『Forever』以来、20年以上ぶりとなる。

伝記TVドラマ『The Bobby Brown Story』は、総視聴者数660万人を記録し、同じくBETで放送された『The New Edition Story』以来のレーティングを記録する成功を収めたと報じられている。これを機に、ボビー・ブラウンがふたたびスターダムへと戻ることができるか、注目されるところ。

なおボビー・ブラウンは現在、ニュー・エディションの仲間であり、ベル・ビヴ・デヴォーとしても知られるリッキー・ベル(Ricky Bell)、マイケル・ビヴィンス(Michael Bivins)、ロニー・デヴォー(Ronnie DeVoe)と共に、RBRMこと「ロニー・ボビー・リッキー&マイク」(Ronnie, Bobby, Ricky & Mike)名義で活動中。10月まで北米ツアーを行っている。