bmr

bmr>NEWS>PJ・モートンら参加 ラショーン・ダニエルズが「ビッグ・シズ」名義のデビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

PJ・モートンら参加 ラショーン・ダニエルズが「ビッグ・シズ」名義のデビュー作を発表 [全曲フル試聴可]

Big Shiz (LaShawn Daniels) - The Big Shiz Project

13週の全米チャート1位を獲得し、1999年の第41回グラミー賞にも輝いたブランディ&モニカの世界的ヒット“The Boy Is Mine”を始め、ホイットニー・ヒューストン、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、デスティニーズ・チャイルドなど数々のヒット・シングルをこれまで手がけてきたラショーン・ダニエルズ(LaShawn Daniels)。彼が、ビッグ・シズ名義としてのデビュー作『The Big Shiz Project』を発表した。

主にロドニー・ジャーキンスを支えるソングライターとして、 アメリカ国内だけで250万枚以上も売り上げたブランディ&モニカの“The Boy Is Mine”を始めとして、ジェニファー・ロペスの“If You Had My Love”、ホイットニー・ヒューストンの“It’s Not Right (But It’s Okay)”、デスティニーズ・チャイルドの“Say My Name”や“Lose My Breath”、トニ・ブラクストンの“He Wasn’t Man Enough”、マイケル・ジャクソンの“You Rock My World”や“Xscape”、ブランディの“What About Us?”、ジャネット・ジャクソンの“Feedback”、レディー・ガガ&ビヨンセの“Telephone”など、数々の名曲やヒット・シングルに関わってきたラショーン・ダニエルズ。

近年はロドニーと離れて活動することが多いが、テイマー・ブラクストンの作品や、全曲メアリー・J.ブライジという変則的な形となった映画『Think Like A Man Too』(邦題『ベガス流 ヴァージンロードへの道』)サウンドトラックなどを手がけている。また、2014年にはR&Bシンガーとして、日本限定でデビュー・アルバム『Tears, Lies, Paradise』を発表したことも記憶に新しい。

90年代にはカーク・フランクリンの“Revolution”を共に手がけるなど、ロドニー・ジャーキンス同様にゴスペルのルーツを持つラショーン・ダニエルズは、2015年に米ゴスペル・チャート1位になったエリカ・キャンベルの“I Luh God”で、共同プロデュースを務めただけでなく、筆名だった「ビッグ・シズ」名義でハイプマンとして参加してもいた。また2016年には、人気プロデューサーやゴスペル歌手らと共にクラーケント(KlarKent)というスーパー・グループを結成し、R&B色の強いゴスペル曲“Oh My God”を発表するなど、ここ数年はルーツであるゴスペルに接近しており、昨年にはビッグ・シズとして“Again Love”を発表、ゴスペル・シンガーとして本格的に始動していたが、ついにデビュー作となる『The Big Shiz Project』が登場した。

ゴスペルゆえか、一般的な金曜リリースではなく、9月2日の日曜日リリースとなった『The Big Shiz Project』は、全7曲、およそ26分というコンパクトな内容で、当初はファースト・シングルという扱いだった“Again Love”は残念ながら未収録となっている。

ゲスト・アーティストには、マルーン5の一員という顔も持ちながら、ゴスペルとも近しいシンガー・ソングライター/プロデューサーであるPJ・モートン(PJ Morton)、そしてラショーン・ダニエルズの『Tears, Lies, Paradise』にも関わっていた新進ソングライターでもあるジェネイ(JeNay)が参加。制作陣には、ブライソン・ティラー最新作『True To Self』といった最新R&Bから、ディートリック・ハードン(デイトリック・ハドン)などのゴスペル作品までを手がけるワウ・ジョーンズ(Wow Jones)、パティ・ラベルのゴスペル・アルバムやメアリー・メアリー、弟ディートリック・ハードンなどを手がけたゴスペル・プロデューサーのジェラルド・ハードン(Gerald Haddon)らが参加している。

ゴスペル・メディア The Gospel Lifeのインタビューでビッグ・シズことラショーン・ダニエルズは、「ゴスペル・ミュージックの伝統的なサウンドは、取って代わることのできないもの。でもゴスペル・ミュージックには、ヒップホップのように、伝統的ではないものも受け入れるポケットがあるべきだと私は信じている」、「私はゴスペルやインスピレーショナル・ミュージックを愛している。でも折り返し地点に来ていて、ミレニアル世代による変化が起こっている。今という時代と関わり、繋がっているものにするならば、今のメインストリームと同じような音であるべきだ。私のキャリアはメインストリームの音楽で形成されたものだから、私には今のサウンドと張り合うようなものにすることができるし、そこにより良いメッセージを込めたい」と話しており、メインストリームのヒップホップやR&Bと、ゴスペルの橋渡しになるような音楽を目指しているのがビッグ・シズのプロジェクトなのだと説明している。

1. Monster [prod. by Mr. Wow Jones]
2. Say To You [prod. by Mr. Wow Jones]
3. Back At Your Door [prod. by Darion Ja'Von]
4. No Sir (feat. JeNay) [prod. by Darion Ja'Von]
5. Song From The Heart (feat. PJ Morton) [prod. by Gerald Haddon]
6. Real Ghost [prod. by Big Duke Productions]
7. Encore [prod. by Darion Ja'Von]