bmr

bmr>NEWS>シック新作にも参加する注目の英女性R&Bシンガー、NAOが新作を10月に 初来日公演も決定

NEWS

シック新作にも参加する注目の英女性R&Bシンガー、NAOが新作を10月に 初来日公演も決定

NAO - Saturn

ナイル・ロジャース直々の指名でシックの26年ぶり新作『It’s About Time』に参加するなど活躍の幅を広げている英若手女性R&BシンガーのNAO(ネイオ)が、10月にニュー・アルバム『Saturn』を発表することをアナウンス。さらに、12月に初来日公演が行われることが決定した。

1987年生まれ、イーストロンドン出身のNAOは、SWVのココやリル・モーなどを思わせるハイトーンが特徴的な女性R&Bシンガー。ジェイ・ポールの兄弟として知られるA.K.ポールらと共に制作したEP『So Good』を2014年に自主リリースすると、英BBC Radio 1の看板DJであり、後にAppleに引き抜かれるゼイン・ロウに注目されたことで話題に。また翌2015年には2作目のEP『February 15』を発表、Pitchforkなど多くのメディアが取り上げたことでさらに注目を集めたほか、ムラ・マサの人気曲“Firefly”や、ディスクロージャー『Caracal』への参加などで知名度を上げた。

こうした活躍により、2015年11月に授賞式が行われた、イギリスのブラック系音楽賞〈MOBO Awards〉では新人賞にノミネート。さらに翌年1月、BBCがこれからの活躍が期待される新人を選出する毎年恒例の〈Sound Of〉では3位に選出されるなど華々しい話題を振りまき、2016年6月、待望のデビュー・アルバム『For All We Know』を発表。80~90年代R&Bへのノスタルジーと、フューチャリスティックなクラブ・サウンドを融合させたこのアルバムは、カナダのカルチャー誌FUSEでは2016年の年間ベスト・ランキングで10位となったほか、NMEで年間30位、英Guardian紙で年間39位に選ばれるなど高く評価された。

また2016年にはアリアナ・グランデのダンス・ヒット“Be Alright”にソングライターとして参加。またここ最近は、映画『アンクル・ドリュー』(日本で11月公開予定)のサントラで故ティーナ・マリーの名曲“I Need Your Lovin’”をカバーしたほか、ムラ・マサとのコラボレーション曲“Complicated”の発表、さらにナイル・ロジャース率いるシックの注目の新作『It’s About Time』からのリード・シングル“Till The World Falls”のソングライターを務めたほか、すでにTV番組でも披露された“Boogie All Down”ではボーカリストとしてフィーチャーされているなど、活躍の幅を広げている。V Magazineのインタビューでナイル・ロジャースは、以前からNAOのファンだったとして、彼女にオファーするため探したと明かすなど、すっかり「お気に入り」のようだ。

この注目の若手女性R&Bシンガーが、ついにセカンド・アルバム『Saturn』を完成させた。今年に入って、“Another Lifetime”、“Make It Out Alive”と発表してきたNAOだが、この2年ぶり新作を10月26日に発売することが決定。カリード、H.E.R.、ファンテイジアからデュア・リパまでを手がける英若手プロデューサーで、以前からNAOの音楽を支えてきたグレイズ(GRADES)が、アルバムの大半をプロデュース。また、スティント(Stint)、ロイス・ウッド・ジュニア(Royce Wood Junior)、ロクス(LOXE)、さらにはムラ・マサ(Mura Masa)といった以前からのコラボレーターたちを中心に仕上げたアルバムになったようだ。他にも、ロードを一躍スターにした世界的ヒット曲“Royals”を生んだことで知られるジョエル・リトル(Joel Little)も1曲の制作で参加している。

また“Make It Out Alive”では、ケンドリック・ラマーらを擁する米レーベル TDEに所属するSiR (サー)とのデュエットを披露。加えて表題曲“Saturn”では、友人であり、彼女のキャリア初期から共演してきたクワブス(Kwabs)が駆けつけている。

このNAOの新作『Saturn』は日本盤の発売も決定しており、10月31日に発売される予定。“Bad Blood”、“Girlfriend”、“Adore You”と前作『For All We Know』から3曲がボーナストラックとして収録される。残念ながら、昨年発表していたファンク調のシングル“Nostalgia”は未収録に終わるようだ。

そしてこの新作『Saturn』発売と連動して、NAOの初来日公演が決定。12⽉6⽇(⽊)に渋谷WWW Xにて一夜限りの公演となる。すでにプライベートでは来日を経験しており、自身のレーベル名をLittle Tokyo Recordingsと名付けるなど親日家と見られるNAOだが、注目の才能を間近で味わえる貴重な機会となりそうだ。なお、彼女とは度々コラボしているムラ・マサも、同時期に来日を予定しており、12月4日(火)に大阪BIG CAT、5日(水)にEXシアター六本木にて単独公演を行うため、両者の生共演も期待できそうだ。

[11/29 update: ムラ・マサの12月5日(水)東京公演に参加することが正式に発表]

NAO初来日公演
日時:2018年12⽉6⽇(⽊)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:渋谷WWW X
価格:オールスタンディング 6,000円(税込・別途 1Drink 代)

チケット発売:
Live Nation先行 9⽉8⽇(土)12:00~9⽉11⽇(火)23:59
その他先行 9⽉12⽇(水)~
一般発売 9月22日(土)~

『Saturn』 tracklisting:
1. Another Lifetime [prod. by NAO, GRADES & Stint]
2. Make It Out Alive (feat. SiR) [prod. by NAO & GRADES]
3. If You Ever [prod. by Mura Masa]
4. When Saturn Returns (Interlude) [prod. by NAO & GRADES]
5. Saturn (feat. Kwabs) [prod. by NAO, GRADES & LOXE]
6. Gabriel [prod. by NAO, GRADES & Royce Wood Junior]
7. Orbit [prod. by NAO & GRADES]
8. Love Supreme [prod. by NAO & GRADES]
9. Curiosity [prod. by NAO, GRADES & LOXE]
10. Drive and Disconnect [prod. by NAO, GRADES & Stint]
11. Don’t Change [prod. by NAO & Stint]
12. Yellow Of The Sun [prod. by NAO, GRADES & Joe Little]
13. A Life Like This [prod. by NAO & LOXE]