bmr

bmr>NEWS>エイサップ・ロッキー、パフ・ダディ、スティーヴ・レイシーら参加 ブラッド・オレンジが新作を発表

NEWS

エイサップ・ロッキー、パフ・ダディ、スティーヴ・レイシーら参加 ブラッド・オレンジが新作を発表

Blood Orange - Negro Swan

ソランジュを始め、ティナーシェ、FKAツイッグスや、エイサップ・ロッキー、マック・ミラーから、カーリー・レイ・ジェプセン、カイリー・ミノーグまで、プロデューサーとして幅広く活躍しているデヴ・ハインズ(Dev Hynes)が、自身のソロ・プロジェクト=ブラッド・オレンジ(Blood Orange)としての新作『Negro Swan』を24日に発表した。

メタルやパンク・サウンドを鳴らしたテスト・アイシクルズの一員としてデビューし、その後もインディ・ロックからダンス・ミュージック、クラシックまで幅広く活動してきたデヴ・ハインズは、2011年からブラッド・オレンジ名義のソロ・プロジェクトをスタート。プリンス(Prince)などの影響も感じさせる80sポップやR&B、ファンク・サウンドに傾倒していき、ソランジュの2012年のEP『True』を全面的にプロデュースしたのを始め、2013年に発表したブラッド・オレンジの2作目『Cupid Deluxe』はComplexが年間ベスト・アルバム・ランキング9位に選ぶなど高く評価され、注目を集めるように。

2016年に発表した3作目『Freetown Sound』はEsquireで年間6位、TIME誌で年間8位など前作以上に絶賛され、評価をさらに高めたほか、ティナーシェ、FKAツイッグス、ジェシー・ウェア、カーリー・レイ・ジェプセン、カイリー・ミノーグなど数々のアーティストをプロデュース。今年に入ってからも、エイサップ・ロッキーの『TESTING』やマック・ミラーの『Swimming』といった人気ラッパーたちの話題作を手がけてきた。

2016年の来日公演も盛況となるなどここ日本でも人気のブラッド・オレンジが、およそ2年ぶりとなる待望の新作『Negro Swan』を完成。8月24日に発表された。

売れっ子プロデューサーということもあって、全16曲の『Negro Swan』には豪華かつ多彩なゲストが参加。人気若手ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)や、ジューシィ・Jの兄としても知られるプロジェクト・パット(Project Pat)やパフ・ダディ(Puff Daddy)といったベテラン・ヒップホップ勢を始め、エリカ・バドゥらを手がけてきた実力派プロデューサーでもあり、フライング・ロータス率いるBrainfeederと契約したことも話題の鬼才ジョージア・アン・マルドロウ(Georgia Anne Muldrow)、人気若手R&B~ヒップホップ・バンド=ジ・インターネットの最年少メンバーでプロデューサーとしても活躍しているスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)らが名を連ねる。

ほかにも、前作『Freetown Sound』で“Augustine”などで声を聞かせていたR&Bシンガーで、ビッグ・シュガ(Big Shugga)としても知られるイアン・アイゼイア(Ian Isaiah)や、テイ・シ(Tei Shi)、ポーチェスのアーロン・メイン(Aaron Maine)といったニューヨークのポップ系アクトから、兄弟デュオのインク改めインク・ノー・ワールド(inc. no world)のアンドゥルー・エイジド(Andrew Aged)らも関与。また、フィーチャリング・クレジットには名前が無いが、前作にも参加したケルシー・ルー(Kelsey Lu)、カインドネス(Kindness)、BEA1991らも声を交えているようだ。

アルバム・アートワークに写っている、白い衣装をまとった黒人は19歳のモデル、カイ・ザ・ブラック・エンジェルで、彼は“Jewelry”や“Saint”のミュージック・ビデオにも登場するなど、『Negro Swan』の象徴的な存在だ。前作『Freetown Sound』は、父親が生まれたシエラレオネ共和国の首都フリータウンをタイトルに冠し、2012年に起きたトレイヴォン・マーティン射殺事件についても歌うなど、アフリカ系としてのルーツに立ち戻り、「Black Lives Matter」運動とも呼応する意識が込められた作品だったが、今回の『Negro Swan』は、人種や性的マイノリティへの差別の問題へも意識を向けつつ、より内省的なアルバムに。オープニングを飾る“Orlando”では子供の頃、学校でいじめられていたことを歌っているが、アルバムは「クィアや有色人種の人たちの、今も続く不安がテーマ」とのことで、トランスジェンダーの権利問題の活動家としても知られるジャネット・モック、今年6月に同性愛者であることを告白した19歳の女優/歌手アマンドラ・スタンバーグらも参加している。

1. Orlando [prod. by Devonté Hynes]
2. Saint [prod. by Devonté Hynes]
3. Take Your Time [prod. by Devonté Hynes]
4. Hope (feat. Puff Daddy & Tei Shi) [prod. by Devonté Hynes / co-written by Mikey Hart]
5. Jewelry [prod. by Devonté Hynes]
6. Family (feat. Janet Mock) [prod. by Devonté Hynes]
7. Charcoal Baby [prod. by Devonté Hynes / co-written by Aaron Maine]
8. Vulture Baby [prod. by Devonté Hynes]
9. Chewing Gum (feat. A$AP Rocky & Project Pat) [prod. by Devonté Hynes]
10. Holy Will (feat. Ian Isiah) [prod. by Devonté Hynes]
11. Dagenham Dream [prod. by Devonté Hynes]
12. Nappy Wonder [prod. by Devonté Hynes]
13. Runnin’ (feat. Georgia Anne Muldrow) [prod. by Devonté Hynes / co-written by Fai Khadra & Amandla Stenberg]
14. Out Of Your League (feat. Steve Lacy) [prod. by Devonté Hynes]
15. Minetta Creek [prod. by Devonté Hynes]
16. Smoke [prod. by Devonté Hynes / co-written by Andrew Aged]