bmr

bmr>NEWS>アリアナ・グランデやトニ・ブラクストンなどを手がけたリオン・トーマスがデビューEPを発表

NEWS

アリアナ・グランデやトニ・ブラクストンなどを手がけたリオン・トーマスがデビューEPを発表

Leon Thomas - Genesis EP

TVドラマ『ビクトリアス』のアンドレ・ハリス役でも知られる俳優で、また『ビクトリアス』で共演したアリアナ・グランデやトニ・ブラクストンなどを手がけたグラミー受賞プロデューサーでもあるリオン・トーマス三世(Leon Thomas III)が、デビューEP『Genesis』を24日に発表した。

1993年8月1日、ブルックリン出身のリオン・トーマスは、10歳でブロードウェイ・ミュージカル『ライオンキング』でヤング・シンバ役を演じるなど幼いころから歌と演技で活躍し、2010年からスタートした『ビクトリアス』でメインキャラクターのひとり、アンドレ・ハリス役を演じて知名度を上げた25歳の若手俳優。近年も、日本で今年1月に公開された映画『デトロイト』への出演を始め、日本で昨年から第1シーズンが配信されるようになった人気ドラマ『インセキュア』の第2シーズンにレギュラー出演している。

だが、3歳のときにはすでにドラムを叩くなど幼少期から音楽に親しみ、ドラム、ベース、ギター、キーボード、サックスと5種類の楽器を操るリオン・トーマスは、ソングライター/プロデューサーとしても活躍。クリストファー・リディック(Khristopher Riddick-Tynes)とのデュオ=ラスカルズ(The Rascals)として、大御所プロデューサーのベイビーフェイスと共に、アリアナ・グランデのデビュー・アルバム『Yours Truly』やクリスマスEP『Christmas Kisses』、トニ・ブラクストン&ベイビーフェイスの『Love, Marriage & Divorce』など数々の作品を手がけており、特に後者はグラミー賞にも輝いた。また、近年はクリストファー・リディックとのタッグを離れて活動することも多く、ポスト・マローンの2016年のヒット作『Stoney』にもプロデューサーとして関わっている。

また、『ビクトリアス』でも歌声を聞かせていたリオン・トーマスは、2012年頃からシンガーとしての活動もスタートさせており、2013年にはウィズ・カリファやマック・ミラーらを擁するピッツバーグのレーベル、Rostrum Recordsと契約。Rostrumを通じてColumbia Recordsとのメジャー契約を獲得し、2013年9月にウィズ・カリファをゲストに迎えたメジャー・デビュー・シングル“Hello How Are You”をリリースした(日本未配信)。

Rostrum/Columbiaとの契約は終了してしまったが、今年に入って自主レーベルから活動を再開。18歳の時にファレルに見いだされたことで知られるコンプトンの若手ラッパー、バディ(Buddy)をゲストに迎えた新曲“Favorite”を1月に発表した。そしてついに商業リリース作品としては彼の初めての作品集となるEP『Genesis』が8月24日にリリースされた。

デビューEP『Genesis』は、“Favorite”を含む全7曲を収録。ゲスト・アーティストはバディだけでなく、2012年に“Refill”がグラミー候補になった若手女性R&Bシンガーのエル・ヴァーナー(Elle Varner)が“Beg”でデュエット相手を担当。また、映画『ヘアスプレー』などリオン・トーマス同様に女優として活動、『ビクトリアス』にも出演していた24歳で、ここ最近は全米シングル総合チャートで現在11位となっているカリード&ノーマーニの“Love Lies”を始め、ジャネル・モネイ、クリスティーナ・アギレラ、アリアナ・グランデ、クリス・ブラウン、BTSらの楽曲でソングライターとして活躍しているテイラー・パークス(Tayla Parx)が、最後を飾る“Mrs. Variety”で声を交えている。

制作陣には、共にポスト・マローンを手がけたルーフィーオ(Roofeeo)や、ロッコーの2013年ヒット“U.O.E.N.O.”などで知られるチャイルディッシュ・メイジャー(Childish Major)といったプロデューサーも参加しているが、大半をリオン・トーマス自らがプロデュース。ソウル・ポップなリード曲“Favorite”から、生演奏のグルーヴに乗って、ラヒーム・デヴォーンなどを思わせるソウルフルな歌声を聞かせる“PLW (Pretty Little Weapon)”、エル・ヴァーナーとのメロウなデュエットを聞かせる“Beg”、さらにはドラムンベース的なビートに乗る“Mrs. Variety”と、多彩な楽曲を聞かせる作品に。リオン・トーマス自身も、「オールドスクール」なソウル・ミュージックから現代的なサウンドまで、様々な要素を混ぜ合わせた「ガンボ」な作品を狙ったとしている。

1. Favorite (feat. Buddy) [prod. by Wes Gradovsky & Roofeeo]
2. PLW [prod. by Jonathan Keller]
3. Sunken Place [prod. by Leon Thomas]
4. Moments After [prod. by Leon Thomas & Childish Major]
5. Blessing [prod. by Leon Thomas]
6. Beg (feat. Elle Varner) [prod. by Leon Thomas]
7. Mrs. Variety (feat. Tayla Parx) [prod. by Leon Thomas / co-prod. by Axl Folie]