bmr

bmr>NEWS>ドレイクも注目する英女性ラッパーがデビュー作を発表 フューチャーやDJキャレド、ショーン・ポールらも参加

NEWS

ドレイクも注目する英女性ラッパーがデビュー作を発表 フューチャーやDJキャレド、ショーン・ポールらも参加

Stefflon Don - Secure

世界的ラップ・スター、ドレイクの大ヒット中の最新作『Scorpion』に参加し、また米ヒップホップ誌XXLが毎年、これからの活躍が期待される新人を選出する「XXL Freshman Class」のひとりに選出されるなど注目を集める26歳の英女性ラッパー/シンガー、ステフロン・ドン(Stefflon Don)が、待望のデビュー・アルバム『SECURE』を発表した。

英国バーミンガム出身、本名のステファニーと活動拠点であるロンドン、そしてニューヨーク・マフィアの五大ファミリーのひとつとして知られるガンビーノ家のボスとなったジョン・ガッティの別名「テフロン・ドン」を掛け合わせたMC名を持つステフロン・ドンは、母親が聖歌隊で歌っていた影響もあって、学校でデスティニーズ・チャイルドを歌うなど子供の頃はシンガーを志していたが、10代後半になってリル・キム、ミッシー・エリオット、フォクシー・ブラウンといった女性ラッパーに夢中になり、「ラップもできるシンガーではなく、“歌えるラッパー”になりたい」とラップの道を歩み始めた。

ヒップホップやR&Bから、イギリス独自のヒップホップとして発展した「グライム」や、両親ともにジャマイカ系である彼女のルーツでもあるダンスホール・レゲエなどを行き来する彼女のスタイルは徐々に話題を呼び、英BBC放送が注目の新人を取り上げる企画「Sounds of」の2017年版の候補にもなるなど注目を集め、メジャー・レーベルのUniversal Musicとの契約を獲得。120万ポンド(およそ1.6億円)とも報じられたこの契約は、イギリスではPolydor Records、アメリカでは、ミーゴスやリル・ヤティらを抱え勢いを増すヒップホップ・レーベルのQuality Control / Motown Recordsとの契約となった。

彼女の才能はラップ・スターのドレイクも注目。ドレイクとのレコーディングが予定されていたものの一度は実現しなかったが、今年6月にリリースされ、今年最大のヒット作となっているドレイクの『Scorpion』に参加。クレジットこそされていないが“Peak”でステフロン・ドンが喋っている声が使用されている。また他にもニーヨジェレマイといったR&Bシンガーや、タイニー・テンパー、スケプタリル・ヤティといった英米のラッパーから、ショーン・ポールルイス・フォンシといったダンスホールやラテン音楽の人気者、チャーリー・XCX、ホールジーといったポップ系アクト、さらにはジャックス・ジョーンズのようなダンス・ミュージックのDJまで、幅広いアーティストと共演しており、今年9月リリース予定のナイル・ロジャース率いるシックの26年ぶり新作『It’s About Time』にも参加アーテイストとして名前が挙がっている。

この注目の女性ラッパー/シンガーが、ついにデビュー・アルバムを完成。『SECURE』というタイトルで、8月17日にリリースされた。

全16曲となる『SECURE』は、全英シングル総合チャートで最高7位を記録、YouTubeでのミュージック・ビデオ再生回数が9000万回を超えたリード曲“Hurtin’ Me”を始め、アルバムの半数以上となる12曲を、ワイリーなどを手がけてきたライムス(Rymez)がプロデュース。他には、カーディ・Bの全米ナンバーワン・ヒット“Bodak Yellow”を手がけたことで有名なJ・ホワイト(J. White)や、タンザニア出身の英新進シンガー/ラッパー/プロデューサーであるティグス・ダ・オーサー(Tiggs Da Author)らが制作に参加しており、トラップやグライムといったヒップホップ・サウンドだけでなく、アフロ・ポップやダンスホールまで聞かせる内容となっている。

ゲスト・アーティストには、“Hurtin’ Me”の別バージョンとして参加したショーン・ポール(Sean Paul)、ポップカーン(Popcaan)、シズラ(Sizzla)といったダンスホール・アーティストを始め、フューチャー(Future)や、彼女が2016年に発表したデビュー曲“Real Ting”の中でも「ステフに賛辞を」とステフロン・ドンを讃えていたDJキャレド(DJ Khaled)といったアメリカの人気ヒップホップ・アーティスト、さらにフェキー(Fekky)やエビニーザー(Ebenezer)、また新進R&B~ヒップホップ・トリオ=ウェスタン(WSTRN)のメンバーであるヘイル(Haile)といったロンドンの若手ラッパー/シンガーまでが参加している。

なお『SECURE』のアートワークは、彼女が敬愛するリル・キムをオマージュしたもの。90年代リバイバルの流れか、最近はビヨンセが昨年のハロウィンでリル・キムに仮装するなど、90年代末~00年代初頭のリル・キムのアイコニックなファッションが再注目されているが、『SECURE』のアートワークは、デヴィッド・ラシャペルが撮影したリル・キムの2000年作『The Notorious K.I.M.』を意識したものに。ちなみに、この『SECURE』のアートワークを解禁した途端、リル・キムとは険悪なことで知られるフォクシー・ブラウンからInstagramでブロックされたと、ステフロン・ドンが報告していることも話題となっている。 

1. Lil Bitch [prod. by Rymez]
2. Jellio [prod. by Rymez]
3. Finesse [prod. by Rymez]
4. Interlude [prod. by Rymez]
5. What You Want – Stefflon Don & Future [prod. by Rymez]
6. Pretty Girl (feat. Tiggs Da Author) [prod. by Tiggs Da Author / add'l prod. by Jason Julian]
7. Uber (feat. Ebenezer) [prod. by Rymez]
8. Precious Heavy [prod. by Rymez]
9. Both Ways (feat. Fekky) [prod. by Kz / co-prod. by Sokari]
10. Crunch Time [prod. by J. White]
11. Favourite Girl (feat. Haile WSTRN) [prod. by PRGRSHN / co-prod. by Razor On The Track]
12. Hurtin’ Me (feat. Sean Paul, Popcaan & Sizzla) [The Remix] [prod. by Rymez]
13. Senseless [prod. by Rymez]
14. Regular [prod. by Rymez]
15. Win – Stefflon Don & DJ Khaled [prod. by Rymez]
16. Free Drip Tony Montana (Online) [prod. by Rymez]