bmr

bmr>NEWS>トラヴィス・スコットが新作を発表 ドレイク、フランク・オーシャン、ザ・ウィークエンド、ファレルら参加 [全曲フル試聴可]

NEWS

トラヴィス・スコットが新作を発表 ドレイク、フランク・オーシャン、ザ・ウィークエンド、ファレルら参加 [全曲フル試聴可]

Travis Scott - ASTROWORLD

カイリー・ジェンナーとの交際でも知られる26歳の人気ラッパー/プロデューサー、トラヴィス・スコット(Travis Scott)が、自身のソロ作品としてはおよそ2年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバムとなる『ASTROWORLD』を3日にリリースした。

カニエ・ウェストやドレイクからリアーナ、マドンナらの楽曲制作にも関わるプロデューサーとしての顔も持ち、2015年に全米シングル総合チャートで最高16位のヒットとなった“Antidote”、今年5月に全米チャート15位に初登場となった“Watch”や、ゲスト参加したドレイクの“Portland”などのヒットで知られるトラヴィス・スコット。2016年に発表した前作『Birds In The Trap Sings McKnight』は全米アルバム総合チャートで初登場1位となり、自身初となるナンバーワン・ヒットを獲得するなど、作品をリリースするたびに勢いを増している。

昨年末には、以前からたびたび共演していたミーゴスのクエヴォとのユニットを正式に始動させ、コラボレーション作『Huncho Jack, Jack Huncho』を発表。また昨年には、ヘルムート・ラングとのカプセル・コレクションを始め、NIKEのエアフォース1のコラボレーション・モデル、オーストラリアのKsubiとのカプセル・コレクションを発表するなど、デザイナーとしてファッション面でも活躍。さらに、昨年から交際が明らかになっていた人気モデル/セレブのカイリー・ジェンナーが彼との子を身ごもり、今年2月に出産したことが大々的に取り上げられるなど、音楽以外の話題でもさらに知名度を拡大してきたトラヴィス・スコットが、ついに待望の新作を完成させた。

2016年の時点ですでに『ASTROWORLD』というタイトルが明らかにされていたトラヴィス・スコットの3rdアルバムだが、今年7月末になって8月3日のリリースになることが告知され、アナウンスからわずか数日でのサプライズ・リリースという形で新作『ASTROWORLD』が登場した。

全17曲を収録した『ASTROWORLD』は、昨年5月に発表されていた“Butterfly Effect”は収録されているものの、今年5月に発表されていたカニエ・ウェストら参加の“Watch”は、アルバム未収録に終わっている。しかしトップ20ヒットとなった“Watch”の未収録が些細と言えるほど、『ASTROWORLD』には豪華な顔ぶれが集結。トラックリストにフィーチャリング表記こそ無いものの、ゲストとして声を交えているのは、ドレイク(Drake)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、ミーゴスのクエヴォ(Quavo)とテイクオフ(Takeoff)、レイ・シュリマーのスウェイ・リー(Swae Lee)といった人気者たちばかり。

しかも、ミュージック・ビデオが公開された“Stop Trying To Be God”は、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)がハーモニカを吹き、ボーカルとしてアース・ウィンド&ファイアーのフィリップ・ベイリー(Philip Bailey)から、ジェイムス・ブレイク(James Blake)、キッド・カディ(Kid Cudi)らの名も。ジェイムス・ブレイクはミュージック・ビデオにも出演している。

他にも、新人ながらデビュー曲“Lucid Dream”が10週以上に渡ってトップ10ヒットを記録しているジュース・ワールド(Juice WRLD)を始め、トゥエニーワン・サヴェジ(21 Savage)、ナヴ(NAV)、ガンナ(Gunna)から、元モデルという経歴を持ち、カニエ・ウェストやトラヴィス・スコットらから注目されるシェック・ウェズ(Sheck Wes)、さらにトラヴィス・スコットの地元ヒューストンのR&Bシンガー、ドン・トリヴァー(Don Toliver)といった新進気鋭の若手までがゲスト参加している。

さらに制作陣には、マイク・ディーン(Mike Dean)、フランク・デュークス(Frank Dukes)、ボーイ・ワンダ(Boi-1da)、マーダ・ビーツ(Murda Beatz)、ヒット・ボーイ(Hit-Boy)、キュービーツ(Cubeatz)、ワンダガール(wondaGURL)といった前作『Birds In The Trap Sings McKnight』にも参加していた馴染みの顔ぶれに加え、サンダーキャット(Thundercat)、ジョン・メイヤー(John Mayor)、テイム・インパラ(Tame Impala)の名前まであり、実に豪華な内容となっている。

人気がさらに拡大中の若手による強力なニュー・アルバムということもあって、 リリース当初から大きな反響を呼び、アメリカではApple MusicやSpotifyといった大手音楽ストリーミング・サービスのトップ20の全曲を一時トラヴィス・スコットの『ASTROWORLD』の楽曲が占める事態に。こうした反響の大きさから、来週発表される8月18日付の全米アルバム総合チャートで1位になることが確実視されている。現時点では、初動およそ45万ユニット(1ユニット=アルバム1枚相当)との予測が立てられている。

またトラヴィス・スコットは、この新作『ASTROWORLD』リリースにあたって、シカゴの大型音楽フェスティバル〈Lollapalooza〉の初日8月2日のヘッドライナーを務めたほか、西海岸の音楽フェス〈HARD Summer〉でも8月5日のヘッドライナーを務めるなど、大きな舞台で精力的にプロモーションをしており、キャリア最高の大ヒットとなることは間違いないようだ。

1. STARGAZING

produced by Sonny Digital, B Wheezy, 30 Roc & B Korn
co-written by Cyhi the Prynce

2. CAROUSEL (feat. Frank Ocean)

produced by Hit-Boy
co-written & additional vocals by Frank Ocean

3. SICKO MODE (feat. Drake)

produced by Hit-Boy, Cubeatz, Tay Keith, Oz & Rogét Chahayed
co-written by Drake, Cyhi the Prynce
additional vocals by Drake

4. R.I.P. SCREW (feat. Swae Lee)

produced by FKi 1st & Travis Scott
co-written & additional vocals by Swae Lee

5. STOP TRYING TO BE GOD

produced by Mike Dean, J Beatzz & Travis Scott
co-written by James Blake & Cubeatz
additional vocals by Philip Bailey, James Blake & Kid Cudi
harmonica by Stevie Wonder

6. NO BYSTANDERS (feat. Juice WRLD & Sheck Wes)

produced by Mike Dean, wondaGURL, Gezin & TM88
co-written & additional vocals by Juice WRLD & Sheck Wes

7. SKELETONS (feat. The Weeknd & Pharrell)

produced by Tame Impala
co-written & additional vocals by The Weeknd & Pharrell Williams

8. WAKE UP (feat. The Weeknd)

produced by Frank Dukes, Sevn Thomas & Wallis Lane
co-written & additional vocals by The Weeknd

9. 5% TINT

produced by FKi 1st
co-written by Cyhi the Prynce & Mike Dean
contains samples from “Cell Therapy” as performed by Goodie Mob

10. NC-17 (feat. 21 Savage)

produced by Boi-1da & Cubeatz
co-written & additional vocals by 21 Savage

11. ASTROTHUNDER

produced by Frank Dukes, Thundercat, John Mayer & Travis Scott

12. YOSEMITE (feat. NAV & Gunna)

produced by Turbo & June James
co-written & additional vocals by NAV & Gunna

13. CAN’T SAY (feat. Don Toliver)

produced by Frank Dukes & wondaGURL
co-written by Don Toliver, Mike Dean & Sonny Digital
additional vocals by Don Toliver

14. WHO? WHAT! (feat. Quavo & Takeoff)

produced by Cardo & 30 ROc
co-written & additional vocals by Quavo & Takeoff

15. BUTTERFLY EFFECT

produced by Murda Beatz
co-produced by Felix Leone

16. HOUSTONFORNICATION

produced by Sevn Thomas & Wallis Lane

17. COFFEE BEAN

produced by Nineteen85
co-written by Cyhi the Prynce

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 –