bmr

bmr>NEWS>ジャム&ルイス全面プロデュースの新作発表を控えるピーボ・ブライソンの来日公演が決定

NEWS

ジャム&ルイス全面プロデュースの新作発表を控えるピーボ・ブライソンの来日公演が決定

Peabo Bryson

ジャネット・ジャクソンの数々の名作を始め、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリー、ボーイズIIメン、メアリー・J.ブライジから宇多田ヒカルまでを手がけてきた伝説的プロデューサー・チーム=ジミー・ジャム&テリー・ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)のプロデュースによる新作リリースを8月に控えるピーボ・ブライソン(Peabo Bryson)が、10月から11月にかけて来日公演を行うことが発表された。

70年代後半からその豊かでソウルフルな歌声を武器に活躍するピーボ・ブライソンは、セリーヌ・ディオンと歌った『美女と野獣』の主題歌“Beauty and the Beast”を始め、ロバータ・フラックとの“Tonight I Celebrate My Love”(邦題「愛のセレブレイション」)、レジーナ・ベルとの“A Whole New World”(映画『アラジン』)といった名デュエットの数々でも知られる。

「キング・オブ・バラード」とも呼ばれ、日本でも根強い人気を誇るこの大ベテラン歌手は、8月3日にニュー・アルバム『Stand For Love』をリリース予定。およそ11年ぶりの新作というだけでなく、あのジャム&ルイスが全面プロデュースを手がけ、ジャム&ルイスがかつて創設し、90年代に数々の名作を生んだPerspective Recordsを復活させてのリリースということもあって、往年のR&Bファンを大いに喜ばせている。実際、リード曲の“Love Like Yours and Mine”は米アダルトR&Bエアプレイ・チャートで先月3位まで上昇、現在も4位をキープするなど大好評だ。

この話題作『Stand For Love』を引っさげて、ピーボ・ブライソンの来日公演が決定。10月30日(火)から11月2日(金)の4日間にかけてブルーノート東京、そして11月4日(日)に名古屋ブルーノートにて、それぞれ1日2ステージ行われる。ヒット曲、名曲満載のエンターテイメント精神溢れるステージで毎度日本のファンを楽しませるピーボだが、今回は久々の新作の発売後ということもあって、新曲も含めて楽しませてくれそうだ。

〈ピーボ・ブライソン来日公演〉
東京公演
日時:
2018年10月30日(火)、10月31日(水)、11月1日(木)、11月2日(金)
・1stステージ 17:30開場 18:30開演/2ndステージ 20:20開場 21:00開演
会場:ブルーノート東京
価格:¥9,000(税込)
予約開始日:Jam Session会員 7月25日(水)~ / 一般Web先行 8月1日(水)~ / 一般電話 8月4日(土)~

■ 名古屋公演
日時:2018年11月4日(日)
会場:名古屋ブルーノート