bmr

bmr>NEWS>米上半期の音楽消費動向、「人気ジャンル1位」ヒップホップの勢いがさらに拡大

NEWS

米上半期の音楽消費動向、「人気ジャンル1位」ヒップホップの勢いがさらに拡大

Post Malone

音楽セールスなどの実態を調査し報告するニールセン・ミュージックが、アメリカにおける2018年の上半期レポートを発表。「ヒップホップ/R&B」の人気がさらに拡大していることが明らかになった。

アメリカにおける音楽消費動向では、2017年の上半期に史上初めて、「R&B/ヒップホップ」がもっとも人気のあったジャンルに。R&B/ヒップホップ作品の総合ユニット(1ユニット=アルバム1枚の売り上げ相当)は前年の上半期に比べて17%上昇しており、R&B/ヒップホップ作品は音楽消費の全体の25.1%を占め、これまで1位だったロックを2位(今期は23%)に押し下げた。この傾向は下半期も変わらず、2017年の年間でも、「R&B/ヒップホップ」は音楽消費の全体の24.5%を占め、「ロック」(20.8%)を2位に抑えてジャンル1位となっている。

そして今回発表された2018年上半期のレポートによれば、「R&B/ヒップホップ」の勢いがさらに増していることがうかがえる。2018年上半期のユニット総数は、前年上半期と比べて13.8%増(およそ2億7000万ユニット)と市場が拡大している中、R&B/ヒップホップ作品が占める割合は31%となり、ジャンル1位に。2位のロックは23.1%となっており、2017年上半期(R&B/ヒップホップ=25.1%、ロック=23%)と比べて大きく差を付けた結果となった。

実際に、2018年上半期でもっともヒットした作品は、23歳のヒップホップ・アーティスト、ポスト・マローン(Post Malone)が4月に発表した『beerbongs & bentleys』で、2018年6月28日まで累計およそ179.1万ユニットを記録した。また上半期3位も、女性ラッパーとして史上初の記録をいくつも打ち立てている25歳、カーディ・B (Cardi B)が4月に発表したデビュー・アルバム『Invasion Of Privacy』(累計およそ111.3万ユニット)であるのに加え、3人組の若手ラッパー・グループ=ミーゴス(Migos)が1月に発表した『Culture II』が上半期4位(累計およそ108.8万ユニット)、記録的なヒットとなった映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、新世代ラップ・スターのケンドリック・ラマーがキュレーターを務めた『Black Panther: The Album』が上半期5位(累計およそ105.8万ユニット)と続く。

さらに、人気ラッパー/プロデューサーのJ・コール (J. Cole)が4月に発表した『KOD』が上半期7位(累計およそ79.4万ユニット)、ポスト・マローンが2016年12月に発表した前作『Stoney』が上半期8位(累計およそ78.8万ユニット)、今年6月に20歳の若さで急逝した新進ラッパーのエクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)が3月に発表していた『?』が上半期9位(累計およそ76.9万ユニット)と、実に上半期のヒット作品トップ10中、7作がヒップホップ作品となっている。

また楽曲のストリーミング再生回数の上半期ランキングでは、音声ストリーミング・映像ストリーミング両方ともに、カナダのスター・ラッパー、ドレイク(Drake)の“God’s Plan”が1位を制した(音声ストリーミングでおよそ6億5493万回、映像ストリーミングでおよそ4億6603万回)。今年1月に発表されたこの曲は2位以下に倍近い差を付けているが、全米シングル総合チャートで初登場から11週連続で1位を制した大ヒット曲だけに、頷ける結果と言える。なお“God’s Plan”はダウンロード・セールスでも上半期2位(およそ95.9万DL)となっている。

楽曲のストリーミング再生回数の上半期ランキングはヒップホップがトップ10をほぼ独占しており、音声ストリーミング・映像ストリーミングの合算ランキングではドレイクが上半期1位(“God’s Plan”)、6位(“Nice For What”)に加えて、ゲスト参加したブロックボーイ・JB (BlocBoy JB)の“Look Alive”が上半期3位となり、上半期のトップ10に3曲を送り込んだ。ポスト・マローンも、上半期2位(“Psycho”)、4位(“rockstar”)、10位(“I Fall Apart”)と3曲がトップ10入りしている。そのほか、上半期9位にエクスエクスエクステンタシオンの“SAD!”、上半期8位はブルーノ・マーズ(Bruno Mars)とカーディ・Bによる“Finesse (Remix)”となる。

実売セールスの減少トレンドは変わらず、前年上半期に比べて17.6%減となった。実売セールスで上半期もっともヒットしたのは、アメリカでは昨年12月に発売となった映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックで、およそ106.4万枚を売り上げ、唯一のミリオン・セラーに。これに続く2位は、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)『Man Of The Woods』の累計およそ40.3万枚となり、3位以下に至っては40万枚にも満たず、10位のキース・アーバン『Graffiti U』は20万枚を切る累計およそ19.9万枚となる。

実売セールスの減退と比べ、現在の音楽市場を牽引しているストリーミングの拡大もまた如実で、前年上半期と比べて実に41.6%増となっている。このストリーミングの急成長において、ストリーミング再生回数の上半期ランキングをヒップホップがほぼ独占しているのだから、ヒップホップが今もっとも人気のあるジャンルであることは明白だ。実際に全米シングル総合チャートは、ドレイクの“God’s Plan”が初登場1位となった2月3日付チャートから最新の7月14日付チャートまで、24週連続でラップ楽曲が首位を独占している状態が続いている

2018年 米上半期アルバム トップ10(総合)
1. Post Malone 『beerbongs & bentleys』 (1,791,000 units)
2. VA 『The Greatest Showman (Original Motion Picture Soundtrack)』 (1,602,000 units)
3. Cardi B 『Invasion Of Privacy』 (1,113,000 units)
4. Migos 『Culture II』 (1,088,000 units)
5. VA 『Black Panther: The Album』 (1,058,000 units)
6. Ed Sheeran 『÷』 (845,000 units)
7. J. Cole 『KOD』 (794,000 units)
8. Post Malone 『Stoney』 (788,000 units)
9. XXXTentacion 『?』 (769,000 units)
10. Justin Timberlake 『Man Of The Woods』 (664,000 units)

2018年 米上半期楽曲ストリーミング再生総数トップ10 (streams – on demand audio & video combined)
1. Drake “God’s Plan” (1,121,025,000)
2. Post Malone ft. Ty Dolla $ign – “Psycho” (576,224,000)
3. BlocBoy JB ft. Drake – “Look Alive” (542,548,000)
4. Post Malone ft. 21 Savage – “rockstar” (542,186,000)
5. Camila Cabello ft. Young Thug – “Havana” (486,839,000)
6. Drake – “Nice For What” (484,468,000)
7. Ed Sheeran – “Perfect” (480,383,000)
8. Bruno Mars & Cardi B – “Finesse (Remix)” (428,922,000)
9. XXXTentacion – “SAD!” (422,655,000)
10. Post Malone – “I Fall Asleep” (419,075,000)