bmr

bmr>NEWS>ポスト・マローン「サイコ」がドレイクを破り、ついに全米シングル・チャートの首位に

NEWS

ポスト・マローン「サイコ」がドレイクを破り、ついに全米シングル・チャートの首位に

Post Malone - Psycho

昨年後半に“rockstar”が全米シングル・チャートで8週1位を記録したことで知られる22歳のヒップホップ・アーティスト、ポスト・マローン(Post Malone)が、“Psycho”で2曲目の全米シングル総合チャート1位を獲得した。ゲストとして参加しているタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)にとっては初の1位となる。

ロックやカントリーからの影響も色濃く、自分の音楽をジャンルレスだとしている若手ラッパー/シンガーのポスト・マローンは、4月27日に発売した最新作『beerbongs & bentleys』が音楽ストリーミング・サービス最大手のSpotifyでリリース初日から24時間で収録曲が再生された回数で、アメリカ、そして全世界においても新記録を達成するなどの大反響を呼び、全米アルバム総合チャートで初登場1位に。3週連続で首位の座をキープし、さらに最新の6月16日付まで3週連続で2位を維持するなど大ヒットしている。

この『beerbongs & bentleys』から第2弾シングルとして2月23日に発表された“Psycho”は、3月10日付の全米シングル総合チャートで初登場2位を記録。当時、大旋風を巻き起こしていたドレイク(Drake)の“God’s Plan”から首位を奪うことなく、“Psycho”はその後失速していくも常にトップ5内をキープし続けていたが、チャートインから15週目となる最新の6月16日付全米シングル・チャートで、ついにドレイクを破り、1位の座に就いた

これによりポスト・マローンは、“rockstar”に続く自身2曲目の全米ナンバーワン・ヒットを獲得。ゲスト参加したタイ・ダラー・サインにとっては初のナンバーワン・ヒットとなった。また、全米シングル総合チャートは、今年の2月3日付けチャートからドレイクの“God’s Plan”が11週連続1位、その後ドレイクの“Nice For What”が4週連続で1位となり、チャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)の“This Is America”が2週連続で1位となったのを経てふたたびドレイクの“Nice For What”が、先週発表された6月9日付チャートまで2週連続で首位となっている。ポスト・マローンが首位の座を奪ったが、2月3日付けチャートから20週連続でラップ・ソングが1位という状態が続いており、ヒップホップの人気ぶりが窺える。

6月16日付の全米シングル総合チャートは大きな変動を見せており、通算6週1位となっていたドレイクの“Nice For What”が2位に、その前に11週連続1位となっていたドレイクの“God’s Plan”が5位に、ドレイクから2週間1位の座を奪ったチャイルディッシュ・ガンビーノが“This Is America”が7位にダウンと、かつてのナンバーワン・ヒットが軒並みランクダウンしている一方、女性ラッパーとして史上初の記録をいくつも打ち立てた25歳の「ニューヨークの新たな女王」カーディ・B (Cardi B)がふたたび勢いを増している。

現在は妊娠中であり、7月に出産を控えているとされ、活動に制限がかかっているカーディ・Bだが、すでに撮り終えたミュージック・ビデオが続々と公開されている。全米アルバム・チャートで初登場1位となったデビュー・アルバム『Invasion Of Privacy』からのシングルで、J・バルヴィン(J Balvin)、バッド・バニー(Bad Bunny)と、ラテン界の人気アーティストふたりを迎え、ピート・ロドリゲスの“I Like It Like That (A Mi Me Gusta Asi)”をサンプリングした“I Like It”は、ミュージック・ビデオ公開の影響もあって先週発表された6月9日付チャートでは前週19位から7位へと浮上していたが、最新の6月16日付チャートではさらに3位まで上昇。YouTubeチャートでは全米で楽曲ランキング2位をキープ、ミュージック・ビデオ・ランキングでは2位に上昇しており、YouTubeでのビデオ再生回数は公開から2週間と経たずに8000万回を突破するなど勢いがある。

さらにカーディ・Bは、トップ5にもう1曲がランクイン。ゲスト・アーティストとして参加したマルーン5 (Maroon 5)のGirls Like You”が前週94位から4位へと急上昇した。これは、昨年発表されたマルーン5の最新作『Red Pill Blues』収録曲に新たにカーディ・Bがラップを加えた新バージョンで、このバージョンが発売されたのが水曜の5月30日だったため、先週発表の6月9日付チャートでは集計対象が31日までのわずか2日間で94位に初登場していたが、今週は7日間フルで集計されたことでジャンプアップした形となった。

このカーディ・Bが新たに加わったマルーン5の“Girls Like You”は、デジタル・セールスで今週アメリカでもっとも売れた楽曲となったほか、ストリーミングも好調。曲のテーマに則って、カーディ・Bだけでなく多数の女性スターがカメオ出演しており、ジェニファー・ロペス、メアリー・J.ブライジ、カミラ・カベロ、リタ・オラといったアーティストから、エレン・デジェネレス、ティファニー・ハディッシュ、ガル・ガドット、ジェシカ・ウィリアムスなど豪華な顔ぶれがカメオ出演し、妻と娘も登場するミュージック・ビデオは大きな反響を呼び、YouTubeチャートにおいても、米ミュージック・ビデオ・ランキングで前週30位から今週3位に。楽曲ランキングでは前週67位から今週4位とジャンプアップしており、「今もっとも勢いがある」ビデオをリアルタイムに近い形で更新する急上昇チャートでは1位(本稿執筆時)となっている。

これによりカーディ・Bは、自身5曲目と6曲目のトップ10ヒットを獲得。マルーン5にとっては14曲目のトップ10ヒットとなった。また“I Like It”に参加したJ・バルヴィンとバッド・バニーにとって、全米チャートにおける自己最高位を更新する形となった。

また今週は、23歳の新進女性R&Bシンガー、エラ・メイ(Ella Mai)の“Boo’d Up”が前週8位から6位に上昇。アメリカにおけるYouTubeチャートで楽曲ランキング、ミュージック・ビデオ・ランキング共に1位をキープするなど人気があり、自己最高位を更新した。

加えて、シカゴ出身の19歳新進ラッパー、ジュース・ワールド(Juice WRLD)の“Lucid Dreams”が今週ついにトップ10入り。サンプリング・クラシックとしても人気のスティング “Shape Of My Heart”を使用した同曲は、Spotifyの週間バイラル・チャートで先週、世界1位となるなど反響を呼び、先週発表の6月9日付の全米シングル総合チャートでは、チャートイン3週目にして前週35位から15位へと上昇していた。今週の6月16日付チャートではさらに9位へと上昇。特に、ストリーミング・チャートでは同曲は今週2位となるなど、やはり音楽ストリーミング・サービスでの人気が牽引しているようだ。また先週、全米アルバム総合チャートで8位へ上昇していた彼のメジャー・デビュー作『Goodbye & Good Riddance』も、こうした“Lucid Dreams”のヒットに引っ張られる形で、今週の6月16日付チャートで6位へと上昇している。

そして今週6月16日付の全米シングル総合チャートでは、2年ぶりの新作『ye』が全米アルバム総合チャートで初登場1位となったカニエ・ウェスト(Kanye West)が、『ye』の全7曲を同時ランクインさせた。リリース直後にはApple Music、Spotifyのそれぞれのアメリカにおけるチャートで全7曲がトップ7を占めるなど反響も大きかった『ye』だが、中でも“Yikes”が全米シングル総合チャートで初登場8位に。また、米ストリーミング・チャートで今週1位となった“All Mine”が11位に、キッド・カディ(Kid Cudi)らとの“Ghost Town”が16位に初登場となったほか、7曲すべてがトップ40内にランクインしている。

Hot 100 全米シングル・チャート トップ10
1.(↑2) Post Malone ft. Ty Dolla $ign – Psycho
2.(↓1) Drake – Nice For What
3.(↑7) Cardi B, Bad Bunny & J Balvin – I Like It
4.(↑94) Maroon 5 ft. Cardi B – Girls Like You
5.(↓3) Drake – God’s Plan
6.(↑8) Ella Mai – Boo’d Up
7.(↓4) Childish Gambino – This Is America
8.(-) Kanye West – Yikes
9.(↑15) Juice WRLD – Lucid Dream
10.(↓5) Zedd, Maren Morris & Grey – The Middle

11.(-) Kanye West – All Mine
16.(-) Kanye West – Ghost Town
25.(-) Kanye West – Wouldn’t Leave
27.(-) Kanye West – Violent Crimes
28.(-) Kanye West – I Thought About Killing You
36.(-) Kanye West – No Mistakes