bmr

bmr>NEWS>プリンス、1983年に録音されたピアノ弾き語りとなる未発表音源集が9月に発売決定

NEWS

プリンス、1983年に録音されたピアノ弾き語りとなる未発表音源集が9月に発売決定

Prince - Piano & A Microphone 1983

今年4月に予告されていたとおり、プリンス(Prince)の未発表音源集が9月に発売されることが発表された。1983年にプリンスがホームスタジオで録音したピアノ弾き語り音源となる『Piano & A Microphone 1983』だ。

4月21日の命日の前日となる今年4月20日金曜に、シニード・オコナー(シネイド・オコナー)のバージョンなどで知られる名曲“Nothing Compares 2 U”のプリンスによるオリジナル・バージョンがデジタル配信され(7インチのアナログ盤は5月発売)、当時のプリンス&ザ・レヴォリューションの未発表リハーサル映像をフィーチャーしたビデオも公開された。その直後、昨年4月からプリンス・エステートでエンターテインメント・アドバイザーを務めているトロイ・カーターは、Variety誌の取材に対し、今秋に未発表音源から成るプリンスのアルバムをリリース予定だと明かしていた。

Variety誌の記事では、この未発表音源集はWarner Bros. Recordsから9月に発売予定とされていたが、プリンスの60歳の誕生日となる6月7日、このリリースが正式にアナウンスされた。タイトルは『Piano & A Microphone 1983』となり、Warner Bros. Recordsから9月21日に発売される。これは、プリンスが1985年頃まで住んでいたとされるライリー湖そばの自宅のホームスタジオであり、『Controversy』、『1999』、『Purple Rain』、『Sign O’ The Times』などのレコーディングにも一部使用された[Kiowa Trail Home Studio]で1983年に録音された未発表音源9曲を収録したもの。

『1999』収録の“International Lover”から、“Purple Rain”を始め、“When Doves Cry”などのシングルB面曲だった“17 Days”、『Sign O’ The Times』収録の“Strange Relationship”といった後に発表されることになる楽曲、またプリンスが実際にトリビュート・カバー集でも取り上げたジョニ・ミッチェルの名曲“A Case Of You”などが収録される。さらに、映画『パープルレイン』用に制作されたと言われる未発表曲“Wednesday”や、知られざる未発表音源も収められた。またリード曲として、19世紀から歌い継がれている黒人霊歌“Mary Don’t You Weep”のジャジーなカバー音源が先行公開されているが、このカバーは、先日のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリに輝いたスパイク・リーの新作映画『BlacKkKlansman』のエンドクレジットで使用されているという。

プリンスの生前最後のツアーは、プリンスひとりでピアノで弾き語りをした〈Piano & A Microphone Tour〉であり、今回の『Piano & A Microphone 1983』というタイトルは、これを意識したもの。トロイ・カーターは、「プリンス・エステートは、この作品を通してファンに、プリンスがどのように進化していったか、その片鱗を見てもらうことができ、またプリンスの音楽キャリアが最終的にピアノと自分だけという形に回帰したということを伝えられることをとても嬉しく思っています」と話している。アルバムのアートワークは、1982年~83年に行われた〈1999 Tour〉時のバックステージのプリンスを写したもの。『Piano & A Microphone 1983』はデジタル配信に加えてCDとレコードでも発売される予定だが、CDとレコードがセットになったデラックス・エディションには、プリンスの当時のエンジニアだったドン・バッツによる新規ライナーノーツに加え、プリンスの未発表写真などが12インチブックレットに収められているとか。

なお、この『Piano & A Microphone 1983』とは別に、音楽ストリーミング・サービスのTIDALとプリンス・エステートのタッグで2019年に新たな未発表音源集がリリース予定であることが発表されている。

1. 17 Days
2. Purple Rain
3. A Case of You
4. Mary Don’t You Weep
5. Strange Relationship
6. International Lover
7. Wednesday
8. Cold Coffee & Cocaine
9. Why The Butterflies