bmr

bmr>NEWS>元EXOのクリス・ウー、最新シングル「ライク・ザット」で初の全米チャート入り

NEWS

元EXOのクリス・ウー、最新シングル「ライク・ザット」で初の全米チャート入り

Kris Wu - Like That

EXOの元メンバーとして知られる27歳の中国系カナダ人ラッパー/シンガー、クリス・ウー(Kris Wu)が先日発表した“Like That”が、最新の全米シングル総合チャート Hot 100にランクイン。自身初のHot 100入りとなった。

広東省広州市で生まれ、10歳からカナダのバンクーバーで育ったクリス・ウーは、韓国の人気ボーイズ・グループ、EXOに2014年まで在籍した元メンバーで、英語、中国語、韓国語を操り、『トリプルX:再起動』、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』といった映画にも出演するなど国際派俳優としても活躍中。EXO脱退後も、出演映画のサウンドトラックへの提供の形で楽曲を発表するなどソロ・アーティストとして音楽活動を続けていたが、昨年10月、全英語詞のシングル“Deserve”を発表。人気若手ラッパー/プロデューサーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)をゲストに迎えた同曲は大きな反響を呼び、アメリカのiTunesチャートで総合1位を獲得。中国生まれのアーティストがアメリカのiTunesで1位を取った初の例となった。このヒットにより、ダウンロード・セールスが対象になる米BillboardのR&B/ヒップホップ・デジタルソング・セールスチャートでは、クリス・ブラウンの新曲などを抑えて初登場12位となった。

2017年内には、チャンス・ザ・ラッパーやジェイデン・スミスらのプロデュースで知られるリード(Lido)らによる“Deserve”のリミックスや、バーバリーとのコラボレーションとなった“B.M. (Burberry Made)”などを発表し、今年1月には、アジア系のヒップホップ~R&Bアーティストを世界に向けて発信している米プラットフォーム 88risingと組んで、リッチ・ブライアン(Rich Brian)やバウアー(Baauer)、トリッピー・レッド(Trippie Red)らとのコラボレーション曲“18”に参加。今年2月には、中国生まれのアーティストとしては初めて、スーパーボウルを記念した関連コンサートではミネアポリスの街中でライブ・パフォーマンスを披露するなど、アメリカでも活躍の幅を広げている。

こうした活躍により、メジャー・レーベル世界最大手となるユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)が、クリス・ウーと専属契約を締結。日本と韓国を除く世界60ヵ国以上でUMG系のレーベルで彼の音楽がリリースされることになった。具体的には、中国ではUniversal Music China、アメリカではInterscope Geffen A&M、イギリスではIsland Recordsからリリースされる。

そしてついに、UMGから新曲“Like That”が5月18日に発表された(日本未配信)。ポスト・マローンやイギー・アゼリアのヒットを手がけたことで知られるFKiファースト(FKi 1st)らがプロデュースし、これまでとは一転してR&B調となった同曲は、22日に公開されたミュージック・ビデオが数日で1000万回を超える再生回数を記録するなど反響を呼ぶ中、ふたたび米iTunesチャートで1位を獲得。最新の6月9日付の米R&B/ヒップホップ・デジタルソング・セールスチャートでは、“Deserve”を大きく上回って初登場4位に。さらに、今週発表された6月9日付の最新全米シングル総合チャート=Hot 100では73位に初登場。自身初のHot 100入りとなった。クリス・ウーはこれを受けて、「Hot 100入りした初の中国人アーティストになったことを誇りに思う」とコメントしている。

クリス・ウーは現在、ソロ・デビュー・アルバムを準備中で、米Billboard誌のインタビューによると、全英語詞のアルバムを考えているという。昨年11月11日に行われた中国のイベントでは、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)との共演でファレルが制作した“Double 11 Day”という未発表曲を披露していた。

奇しくも、クリス・ウーの“Like That”がHot 100にチャートインした6月9日付全米チャートは、韓国のボーイズ・グループ=BTS (防弾少年団)がアルバム総合チャート1位、Hot 100でも初登場10位となった週でもある。元EXOのクリス・ウーが、BTSに続いてアメリカで大きな成功を収めることになるか、注目される。

なおUMGは昨年5月、中国最大のIT企業であるテンセント傘下にあるTencent Music Entertainment Group(TME)と提携を発表。UMGのアーティストの音楽を中国市場で配信していくため、有料会員だけで1500万人とされるストリーミング配信プラットフォームをTMEが提供する。さらに両社は、共同でアビーロード・スタジオ・チャイナの建設を予定しているという。