bmr

bmr>NEWS>ケイトラナダの初来日公演が緊急決定 弟ルー・フェルプスも参加

NEWS

ケイトラナダの初来日公演が緊急決定 弟ルー・フェルプスも参加

KAYTRANADA

ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『DAMN.』を始め、ジ・インターネット、アンダーソン・パーク、クレイグ・デイヴィッド、メアリー・J.ブライジ、タリブ・クウェリらを手がける人気プロデューサーのケイトラナダ(KAYTRANADA)の初来日公演が6月に開催されることが発表された。

ハイチ系カナダ人のケイトラナダは、soundcloudなどインターネット上に発表したブートレグ・リミックスでその音楽性が注目を集め、2014年にアデル、ヴァンパイア・ウィークエンド、アルカらを抱えるXL Recordingsとアーティスト契約を結んだプロデューサー。ジ・インターネットの“Girl”を始め、モブ・ディープ、タリブ・クウェリ、ヴィック・メンサ、ゴールドリンクといったラッパーたちから、アンダーソン・パーク、クレイグ・デイヴィッド、メアリー・J.ブライジ、キャシーなどのシンガーたちまで幅広くプロデュースしており、2016年に発表したデビュー・アルバム『99.9%』もNMEの年間ベストで5位に選ばれるなど高く評価された。

メロウなR&Bチューンから、ディラやマッドリブ、ア・トライブ・コールド・クエストから影響を受けたスペイシーかつジャジーなヒップホップ、さらにダンス・トラックまでを得意とするケイトラナダのもとには数々のオファーが舞い込んでおり、昨年はケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『DAMN.』へ参加、今年に入ってからもロバート・グラスパーとのコラボレーションによるリミックスEP『The ArtScience Remixes』のリリース、ナズも絶賛した21歳気鋭ラッパーのビショップ・ネルー最新作『Elevators: Act I & II』のプロデュース、ジ・インターネット最新シングル“Roll (Burbank Funk)”のリミックスなど、大忙しの売れっ子だ。

この人気プロデューサーが、初の来日公演を行う。ケイトラナダの初来日公演が、6月29日(金)深夜、恵比寿リキッドルームにて開催されることが発表された。深夜興行というスペシャルな公演となるのに加え、この来日公演には、ケイトラナダと兄弟デュオとしても活動している実弟ルー・フェルプス(Lou Phelps)もオープニング・アクトとして参加。ルー・フェルプスは昨年、ほぼ全曲を兄ケイトラナダがプロデュースしたミックステープ『001: Experiments』を発表し、「カナダのグラミー賞」こと〈Juno Awards〉で今年ラップ・レコーディング・オブ・ザ・イヤー部門のノミネートを受けるなど注目を集めている若手ラッパーであり、ケイトラナダの初来日公演というだけでも盛り上がること必至の夜をさらに熱狂へと導きそうだ。

ケイトラナダ来日公演 オープニング・アクト:ルー・フェルプス〉
日時:2018年6月29日(金)開場24時(30日 0時)
会場:LIQUIDROOM
チケット:6,500円 (税込・スタンディング・ドリンク代別)
先行発売:5月29日19時~(Live Nation Japan / iFlyer

※深夜公演のため20歳未満の方の入場不可。本人及び年齢確認のため、入場時に顔写真付きの身分証明書(免許書/パスポート/住民基本台帳カード/マイナンバーカード/在留カード/特別永住者証明書/社員証/学生証)必須