bmr

bmr>NEWS>プッシャー・Tがカニエ全面プロデュースの新作を発表 アートワークが波紋

NEWS

プッシャー・Tがカニエ全面プロデュースの新作を発表 アートワークが波紋

Pusha T - Daytona

カニエ・ウェストが立ち上げ、ジョン・レジェンドらを輩出したレーベル G.O.O.D. Musicの看板ラッパーとして知られるプッシャー・T(Pusha T)が、およそ2年半ぶりとなる新作『DAYTONA』を25日に発表した。

Grindin’”、“When The Last Time”などのヒットを放った兄弟ヒップホップ・ユニットのクリプス(Clipse)のメンバーとしてシーンに登場し、2010年にソロ・ラッパーとしてG.O.O.D. Musicと契約したプッシャー・T。2015年にはカニエ・ウェスト直々の命でG.O.O.D. Musicの社長に就任したことが発表されると共に、2ndアルバム『King Push – Darkest Before Dawn: The Prelude』をリリースした。

『King Push – Darkest Before Dawn: The Prelude』は、以前からタイトルが明かされていた『King Push』の序章的位置づけにあるとされ、2016年にはジェイ・Z(JAY-Z)をフィーチャーした“Drug Dealer Anonymous”を発表するなど次作に動き出すも、しばらく『King Push』の続報は途絶えていたが、今年4月になってカニエ・ウェストがTwitter上でプッシャー・Tの新作を「5月25日」にリリースすることを予告。この予告どおり、5月25日にプッシャー・Tの新作『DAYTONA』が発表された。

当初は『King Push』というタイトルになる予定だったものの、「今回の作品の全体にあるメッセージにそぐわない」ということから『DAYTONA』と改められたこの新作は、全7曲、21分強というコンパクトな内容。全曲をカニエ・ウェスト(Kanye West)がプロデュースしており、7曲というのもカニエのこだわりだという。ゲスト・アーティストは、カニエ・ウェストの他にはリック・ロス(Rick Ross)のみが参加している。

さらに『DAYTONA』のアートワークには、故ホイットニー・ヒューストンが2006年に当時住んでいたアトランタの自宅のトイレの写真が使用されている。ドラッグとゴミまみれとなった洗面台が世間に衝撃を与えたこの写真は、こちらもカニエが直前になって差し替えたものだそうで、一部報道ではこの写真の使用許諾の為に8万5000ドル、およそ930万円を支払ったとされている。プッシャー・Tは、この写真を使用した意図について、「この音楽と一緒に、みんなに見てもらう必要があるもの」とカニエから説明されたとラジオ番組のインタビューで答えている。これに対し、ディオンヌ・ワーウィックの息子で、音楽プロデューサーのデーモン・エリオット(Damon Elliott)は、「正気の人なら誰もこんなことしないだろう。アルバムの宣伝のために、だよ? これが今の音楽業界なの? 言葉じゃ表現できないくらい、うんざりした気分だ」とBossipのインタビューに答えており、同様にこのアートワークを非難する声も起こっている。

また、『DAYTONA』の最後を飾る“Infrared”では、以前にも口撃し合ったドレイク(Drake)を揶揄する歌詞もあり、これに早速ドレイクが“Duppy Freestyle”という曲を発表して応戦する「ビーフ」も巻き起こっており、ドレイクはさらに、このビーフによって自分をプロモーションしてくれた“お礼”としてG.O.O.D. MusicおよびG.O.O.D.と契約しているDef Jam Recordingsに対し10万ドル(およそ1100万円)を送るという方法でプッシャー・Tらにやり返している。

なおカニエ・ウェストは、プッシャー・T『DAYTONA』の1週間後となる6月1日に自身のニュー・アルバムをリリース予定であるのに加え、6月8日にはカニエとキッド・カディ(Kid Cudi)の新グループであるキッズ・シー・ゴースト(Kids See Ghost)名義のアルバムを発表。さらに6月15日にはカニエがプロデュースするというナズ(Nas)の新作、6月22日にはG.O.O.D. Music所属のティヤーナ・テイラー(Teyana Taylor)の新作と、5週連続で関連リリースが続く予定。

1. If You Know You Know [prod. by Kanye West]
2. The Games We Play [prod. by Kanye West / add'l prod. by Andrew Dawson]
3. Hard Piano (feat. Rick Ross) [prod. by Kanye West / co-prod. by Andrew Dawson / add'l prod. by Mike Dean]
4. Come Back Baby [prod. by Kanye West / add'l prod. by Andrew Dawson]
5. Santeria [prod. by Kanye West / co-prod. by Mike Dean]
6. What Would Meek Do? (feat. Kanye West) [prod. by Kanye West]
7. Infrared [prod. by Kanye West]