bmr

bmr>NEWS>シドら参加 ジ・インターネットのパトリック・ペイジがソロ・デビュー・アルバムを発表 [全曲フル試聴可]

NEWS

シドら参加 ジ・インターネットのパトリック・ペイジがソロ・デビュー・アルバムを発表 [全曲フル試聴可]

Patrick Paige II - Letters Of Irrelevance

米西海岸の人気R&Bバンド~ヒップホップ・バンド、ジ・インターネット(The Internet)のメンバーとして知られるパトリック・ペイジ二世が、ソロ・デビュー・アルバム『Letters Of Irrelevance』を18日に発表した。

ジ・インターネットは、元々はR&Bシンガー/プロデューサーのシド・ザ・キッド(Syd Tha Kid)ことシドと、プロデューサー/イラストレーターのマット・マーシャンズ(Matt Martians)による男女デュオとしてスタートしたグループだが、その後のライブ~ツアー活動を経てバンド編成に。この時、ベーシストとして加入したのがパトリック・ペイジだ。

ジ・インターネットは昨年から個々のソロ活動を活発化させており、1月27日にマット・マーシャンズがソロ・デビュー・アルバム『The Drum Chord Theory』を発表したのを皮切りに、その翌週の2月3日にシドが『Fin』をリリース、2月24日には最年少メンバーのスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)がソロ・デビューEP『Steve Lacy’s Demo』を発表した。また昨年9月にはシドがソロEP『Always Never Home』を発表。マットも同月、別ユニットであるジェット・エイジ・オブ・トゥモロー(The Jet Age Of Tomorrow)として久々の新作『God’s Poop Or Clouds?』を発表していた。

2016年10月のFADERのインタビューでは、ジ・インターネットのメンバー全員がソロ作品を発表予定としていたが、マット、シド、スティーヴに続いて、ベーシスト/プロデューサーのパトリック・ペイジがついにベールを脱ぐ。2015年にはインストゥルメンタル主体のEP『Prelude』を発表していたこともあるパトリック・ペイジだが、ついに初のソロ・アルバム『Letters Of Irrelevance』が完成。5月18日に配信リリースされた。

この『Letters Of Irrelevance』からは、シドが参加した“On My Mind”、またチャイルディッシュ・ガンビーノとの共演で知られるケリー・フォー(Kari Faux)と共演した“Charge It To The Game”に加え、タイトルどおり、当時のディアンジェロを思わせるようなネオ・ソウル調の“Voodoo”といった曲が先行リリースされていたが、全11曲となるアルバムには他にも、ジャクイース(Jacquees)のプロデューサー/ソングライターとしての活躍で知られるアトランタのフォーティボーイ(ForteBowie)、Gファンク・イズムを引き継ぐサウスセントラルのG・ペリコ(G Perico)といったアーティストたちがゲスト参加。また、インタールード的な“Voicemail”では、ジ・インターネットの2015年作『Ego Death』から“For The World”がサンプリングされている。

今年1月に行われたジ・インターネットの来日公演のソロ・ステージでも披露していたとおり、パトリック・ペイジは本作で自らラップや歌も披露しているが、この『Letters Of Irrelevance』は、シンガーだった亡き母が歌う“Silent Night”で始まるとおり、パトリック・ペイジのパーソナルな想いが込められたアルバムに。“On My Mind”も、疎遠になった妹に対して、母親が亡くなった後に届ける“手紙”という形の内容で、Pigeons & Planesのインタビューに対し、「すごくつらかった。曲を書いているというだけで心が引き裂けそうだった」と振り返り、作詞中には思わず泣いてしまうこともあったと語っている。

なお、先月末にジ・インターネットは、新曲“Roll (Burbank Funk)”を発表。サンプリング・クラシックとして知られるガズ(Gaz)の78年曲“Sing Sing”のビートを使ったディスコ・ファンク・チューンとなっている。ジ・インターネットは7月20日に待望の新作『Hive Mind』をリリース予定と先日グループでラジオ出演した際に発表されており、当初の狙い通り、「グループをより高めていくため」の個々のソロ活動を経て、ジ・インターネットがどのような変化・進化を見せたかも注目されている。

1. Silent Night (sung by Deanna Sumrow)

2. The Best Policy

3. On My Mind (feat. Syd) / Charge It To The Game (feat. Kari Faux)

4. Voodoo

5. Heart and Soul (Interlude)

6. Voicemail

7. Red Knife (feat. Daisy)

8. The Party Song (Do My Dance) [feat. ForteBowie]

9. Get It With My Niggas (feat. Sareal & G Perico)

10. Ode To Inebriation

11. The Last Letter