bmr

bmr>NEWS>アリ・シャヒード&A・ヤングのコラボ作が6月に ラファエル・サディーク、ビラルら参加

NEWS

アリ・シャヒード&A・ヤングのコラボ作が6月に ラファエル・サディーク、ビラルら参加

Ali Shaheed Muhammad & Adrian Younge - The Midnight Hour

伝説的なヒップホップ・グループ、ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)のメンバーとして知られるアリ・シャヒード(Ali Shaheed Muhammad)と、西海岸の気鋭プロデューサー、エイドリアン・ヤング(Adrian Younge)によるコラボレーション・アルバム『The Midnight Hour』がついにリリースされることが明らかになった。

ウータン・クラン、ゴーストフェイス・キラーからデルフォニックスらの作品を手がけてきたエイドリアン・ヤングは、60年代~70年代ソウル・ミュージックを再現したようなレトロなサウンドを得意とし、ヒップホップ的に再構築したり、ブラックスプロイテーション風に聞かせたりとコンセプトを持った作品を作ることで定評があるプロデューサー。アリ・シャヒードとエイドリアン・ヤングは、共にNetflixドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』の音楽でタッグを組んでいたほか、エイドリアン・ヤングが全面プロデュースを務めたビラル(Bilal)の2015年作『In Another Life』やソウルズ・オブ・ミスチーフ(Souls Of Mischief)の2014年作『There Is Only Now』にアリが参加するなど、ふたりは近年コラボレーションを続けている。

アリ・シャヒードとエイドリアン・ヤングは以前からコラボレーション・アルバム『The Midnight Hour』の制作を進めており、2015年1月の時点で、「2015年の初頭のリリースを目指し」ているとコメント。同年5月にエイドリアン・ヤングのレーベルから発表されたコンピレーション『Linear Labs: Los Angeles』には、この『The Midnight Hour』から“Feel Alive”という曲がすでにお披露目されていた。しかしふたりは、マーベル・コミックのヒーロー、ルーク・ケイジの実写化となるNetflixドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』の音楽を担当することになり、2016年9月に配信された同ドラマの音楽に集中するため、『The Midnight Hour』の制作を一時休止。『Marvel ルーク・ケイジ』の配信に合わせて来日した際のbmrのインタビューでは、ふたたび制作に戻っていると明かしていたが、2016年内リリースとも報じられたものの、その後『The Midnight Hour』の音沙汰は途絶えていた。

だが、『Marvel ルーク・ケイジ』の第2シーズンの配信スタートを前に、ついにこのコラボ作が陽の目を見る。アリとエイドリアン・ヤングは、長らく待たれた『The Midnight Hour』を6月8日に発売すると発表。プレスリリースによると2013年から制作されていたというこのアルバムは、デジタル配信とレコードでの発売が予定されているという。2015年に発表されていた“Feel Alive”を始め、全20曲のアルバムとなり、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)、ビラルクエストラヴ(Questlove)、ジェイムズ・ポイザー(James Poyser)、ノーI.D. (No I.D.)、キーヨン・ハロルド(Keyon Harrold)を始め、マーシャ・アンブロージアス(Marsha Ambrosius)、レディバグ・メッカ(Ladybug Mecca)、エリン・アレン・ケイン(Eryn Allen Kane)、ステレオラブのレティシア・サディエールら豪華アーティストたちが集結した。

『The Midnight Hour』のアナウンスに合わせて、リード曲としてシーロー・グリーン(CeeLo Green)が参加した“Questions”も公開されている。ボッサ調のこの曲は、ラップ・スターのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が2016年3月にサプライズ・リリースしたデモ集『untitled unmastered』に“untitled 06 l 06.30.2014.”で使用されていた音源の完成バージョンでもある。また『The Midnight Hour』のトラックリストには、故ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)の名曲“So Amazing”といった楽曲も記載されており、アリ・シャヒードとエイドリアン・ヤングのふたりが新たに手を加えたものなのか、サウンドトラックのような形で既存の曲も並列して収録されているのかは現時点では不明だ。

なお、アリ・シャヒードとエイドリアン・ヤングは、6月22日(金)に配信されるMarvel ルーク・ケイジ』の第2シーズンでも引き続き音楽を担当していることが発表されている。ピート・ロック&CL・スムース(Pete Rock & CL Smooth)の曲名がエピソード・タイトルとなる第2シーズンは、1話の「Soul Brother #1」をルーシー・リューが監督することも話題。また、第1シーズンもラファエル・サディークやフェイス・エヴァンスなどが劇中にクラブでライブ・パフォーマンスを披露するシーンが用意されていたが、今回の第2シーズンでも、フェイス・エヴァンスや、ラキム、KRS-ワン、ゴーストフェイス、ジェイダキス、エスペランサ・スポルディングなどが出演予定とのこと。

1. Black Beacon
2. Mare (feat. Ladybug Mecca)
3. It’s You (feat. Raphael Saadiq)
4. Questions (feat. CeeLo Green)
5. So Amazing (feat. Luther Vandross)
6. Gate 54
7. Do It Together (feat. Bilal)
8. Redneph In B Minor
9. Better Endeavor
10. Smiling For Me (feat. Karolina)
11. Don’t Keep Me Waiting (feat. Marsha Ambrosius)
12. Bitches Do Voodoo (feat. Ángela Muñoz)
13. Possibilities (feat. Eryn Allen Kane)
14. Mission
15. Dans Un Moment D’errance (feat. Laetitia Sadier, Questlove & Keyon Harrold)
16. Love Is Free (feat. Eryn Allen Kane)
17. Together Again (feat. No I.D. & James Poyser)
18. Feel Alive (feat. Karolina & Loren Oden)
19. There Is No Greater Love (feat. Loren Oden & Saudia Yasmein)
20. Ravens