bmr

bmr>NEWS>ナズ、T.I.、ロジックらによる『RAPTURE ヒップホップの世界』サントラが発売

NEWS

ナズ、T.I.、ロジックらによる『RAPTURE ヒップホップの世界』サントラが発売

Rapture (Music from the Netflix Original TV Series) - EP

カリスマ・ラッパーのナズ(Nas)などベテランから若手まで、9名のヒップホップ・アーティストたちに迫るドキュメンタリー・シリーズ『RAPTURE ヒップホップの世界』のサウンドトラックEPが18日にリリースされた。

「ヒップホップには語られるべきストーリーがある。今こそその時」と予告された『RAPTURE ヒップホップの世界』は、米人気ラッパー/プロデューサーたちにフォーカスしたNetflixオリジナル作品となるヒップホップ・ドキュメンタリー番組。ナズが出資・参画していることで知られるメディア/レーベルのMass Appealが製作している。

それぞれ1時間ほどのエピソードによる全8話構成となっている『RAPTURE ヒップホップの世界』に登場するのは、ナズT.I.トゥー・チェインズ(2 Chainz)といった10年以上のキャリアを誇る人気ラッパーたちや、T.I.の全米ナンバーワン・ヒット“Live Your Life”を始め、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、ケンドリック・ラマ-、ビヨンセらをプロデュースしてきたジャスト・ブレイズ(Just Blaze)といったベテランたちを始め、ナズ率いるMass Appealに所属するデイヴ・イースト(Dave East)、今年のグラミー賞でソング・オブ・ザ・イヤー候補になった“1-800-273-8255”の大ヒットで知られる28歳の白人ラッパー、ロジック(Logic)、今年のグラミー賞の最優秀ラップ・アルバムなどの候補になった女性ラッパーのラプソディ(Rapsody)、“No Limit (Remix)”が全米チャート最高4位のヒットとなった人気白人ラッパーのG・イージー(G-Eazy)、これからの躍進が期待される新人を選出する「XXLフレッシュマン」に昨年選ばれたエイ・ブギー・ウィット・ダ・フディ(A Boogie wit da Hoodie)といった9名。ナズとデイヴ・イーストは同じ回に登場する。

このドキュメンタリー『RAPTURE ヒップホップの世界』の公式サウンドトラックが、Def Jam RecordsとMass Appealにより、5月18日にリリースされた。全て新曲となる全6曲のEP仕様だが、ジャスト・ブレイズがプロデュースするG・イージーの“Let Me Work”を始め、それぞれ出演アーティストたちがコラボレーションした楽曲が収められている。“Black Power. White Powder.”でトゥー・チェインズと組んだキラー・マイク(Killer Mike)は唯一、番組でフォーカスされていないアーティストだが、ナズ(&デイヴ・イースト)のエピソードの中でキラー・マイクは登場しており、ナズから「尊敬している」と賛辞が贈られているほか、ナズに対して“Black Power. White Powder.”のコンセプトを説明し、曲を聴いたナズが「引き込まれる」、「頭から離れない」と感想を語るシーンもある。

なお『RAPTURE ヒップホップの世界』そのものはNetflixで3月30日に世界同時配信されている。

1. “Let Me Work” – G-Eazy [prod. By Just Blaze]
2. “Gold Digger” – Dave East feat. A Boogie Wit Da Hoodie [prod. by Cardiak / co-prod. by G Koop]
3. “Care To Say About It” – T.I. feat. Rapsody [prod. by LaMar "MYGUYMARS" Edwards]
4. “NYCHA” – Dave East feat. Nas [prod. by Mr. Authentic]
5. “Black Power. White Powder.” – Killer Mike & 2 Chainz [prod. by DJ Toomp]
6. “State Of Emergency” – Logic feat. 2 Chainz [prod. by Tariq Beats, DJ Khalil & Vontae Thomas]