bmr

bmr>NEWS>ポスト・マローン最新作が米アルバム・チャート2週連続1位 アーティストでは今年初

NEWS

ポスト・マローン最新作が米アルバム・チャート2週連続1位 アーティストでは今年初

Post Malone - beerbongs & bentleys

昨年後半に“rockstar”が全米シングル・チャートで8週1位を記録した22歳のヒップホップ・アーティスト、ポスト・マローン(Post Malone)の最新作『beerbongs & bentleys』が、先週に続いて2週目の全米アルバム・チャート1位を獲得した。

ポスト・マローンの最新作『beerbongs & bentleys』は、Apple Musicでのリリース1週目の週間ストリーミング再生回数の新記録(当時)を打ち立てるなどの大きな反響を呼び、全米シングル・チャートで初登場2位、そして通算8週の首位を獲得する大ヒットとなった“rockstar”に加え、ふたたび米シングル・チャート初登場2位を記録し、現在もトップ5をキープするなど人気の“Psycho”という2つの大ヒット曲を収録する。

4月27日に発売された『beerbongs & bentleys』は、先週発表された5月12日付の全米アルバム・チャートで初登場1位に。特に、アルバム収録曲がストリーミング・サービスで再生された回数の1週間の合計は、史上初の4億回超えとなるおよそ4億3130万回を記録し、こうしたストリーミングによるポイントや、実売セールスなどを加えた総合ユニット数では今年最大となるおよそ46万1000ユニットを記録と、昨年後半からチャートを騒がせてきた人気ぶりを見せつけた。

その勢いは今週もまだ続いており、ポスト・マローンの『beerbongs & bentleys』は2週目でおよそ19万3000ユニットを記録。彼の人気の最大の牽引しているストリーミングは前週比44%減(およそ16万ユニット)と落ち込みは大きいものの、今週発表された5月19日付の全米アルバム・チャートでも1位をキープ。2週連続での1位獲得となった。

2018年における2週以上の1位獲得を達成したのは他に、記録的な大ヒットとなっている映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、ラップ・スターのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)がプロデュースした『Black Panther: The Album』による通算3週1位(2月24日付、3月3日付、3月17日付)、そして映画『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラックの2週連続1位(1月13日付、1月20日付)の2作品のみとなり、ポスト・マローン『beerbongs & bentleys』は今年3作目。アーティストのアルバムによる2週以上の1位獲得は今年初となる。

なおポスト・マローンは7月に〈FUJI ROCK FESTIVAL〉での初来日が決定しており、N.E.R.Dがヘッドライナーを務める27日(金)に出演する予定。