bmr

bmr>NEWS>ロバート・グラスパー率いるスーパーグループ「R+R=NOW」、デビュー作は6月に

NEWS

ロバート・グラスパー率いるスーパーグループ「R+R=NOW」、デビュー作は6月に

R+R=NOW

ロバート・グラスパー(Robert Glasper)を中心に、ジャズ~ヒップホップ~R&Bなどで活躍する人気ミュージシャンたちが集まったスーパーグループ、R+R=NOW (RプラスR・イークアルズ・ナウ)が、デビュー・アルバム『Collagically Speaking』を6月にリリースすることを発表した。

R+R=NOWとは、ジャズの枠を超えて活躍し、2012年作『Black Radio』がグラミー賞の最優秀R&Bアルバムに輝いたロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)での活躍で知られるロバート・グラスパーを筆頭に6名の才能が集まったスーパーグループ。昨年12月にロバート・グラスパーにより結成が発表され、この4月から音楽フェスティバルへの出演を続々と決めるなど動き出したばかり。

そのメンバーは、ケンドリック・ラマーのグラミー授賞作『To Pimp A Butterfly』や、待たれるハービー・ハンコック新作にロバート・グラスパーと共に参加するなどプロデューサーとしても活躍しているテラス・マーティンや、ロバート・グラスパー・エクスペリメントでも活躍するデリック・ホッジ(Derrick Hodge)、ジャスティン・タイソン(Justin Tyson)を始め、近年はクリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー(Christian Scott aTunde Adjuah)と名乗って活躍するカリスマ・トランペッターのクリスチャン・スコット、そしてグラミー授賞ジャズ・シンガーのボビー・マクファーリン(Bobby McFerrin)を父に持ち、DJ、ビートボクサーからプロデューサー、シンガーと多彩な顔を持つテイラー・マクファーリン(Taylor McFerrin)という豪華な顔ぶれだ。

今年2月頃には、全員が揃ってのレコーディングの様子も明かされていたが、このスーパーグループが、ついにデビュー・アルバム『Collagically Speaking』を正式にアナウンス。グラスパーやデリック・ホッジらが在籍する名門 Blue Note Recordsから6月15日に発売になることが発表された。同時に、リード曲として“Change Of Tone”という曲が公開されている。

プレスリリースによると、このスーパーグループは2017年3月、〈SXSW〉(サウス・バイ・サウスウエスト)でこのメンバーの全員が一堂に会し、「リハーサルも、何のプランもなく」 ジャム・セッションを行ったことがきっかけとなって誕生したのだとか。グラスパーは、「ちょうどBlue Noteでの俺のネクスト・アルバムをどうしようかと考えていた時期だったから、『このメンバーでやるべきだ』って思ったんだ」と振り返っている。

R+R=NOWのデビュー・アルバム『Collagically Speaking』には、ドレイクがサンプリングした“Closer”のヒットで知られるゴアペレ(Goapele)、ムーンチャイルド(Moonchild)のアンバー・ナヴラン(Amber Navran)といった女性シンガーから、ロバート・グラスパー・エクスペリメントのグラミー受賞作『Black Radio』にも参加したヤシーン・ベイ(Yasiin Bey)、リック・ロス率いるMaybach Music Groupに所属していたことでも知られるスターリー(Stalley)といったラッパー陣らがゲスト参加。さらには元NFL選手で、最近では『デッドプール2』などに出演しているテリー・クルーズや、以前はアマンダ・ディーヴァ(Amanda Diva)と名乗り、Qティップ『The Renaissance』に参加するなどラッパー/シンガーとしての顔も持つアマンダ・シールズ、そしてオマリ・ハードウィックといった俳優陣も参加しているとのこと。

以前にグラスパーは、R+R=NOWの音楽性について「とても誠実で、流動的なサウンドになる。ヒップホップ、EDM、ジャズ、時にはレゲエも聞こえるような。お互いをとてもリスペクトしているから、俺たちは常に相手にパスを出すことができる」と説明していたが、『Collagically Speaking』はネオ・ソウル、フューチャー・ファンクや、西海岸ジャズ、ヒップホップ、エレクトロニカ、クラシックまでが融合されたものとなったとか。

なおR+R=NOWは、9月にかけて世界各国の音楽フェスへの出演が決まっており、日本でも第17回〈Tokyo Jazz Festival〉への出演が決定。また、すでに8月29日(水)と30日(木)にビルボードライブ大阪で1日2ステージの単独公演が行われることが発表されているが、Blue Note Recordsのプレスリリースによれば、まだ発表されていないビルボードライブ東京公演もあるとされている。もっとも、このプレスリリースでは「8月30日(木)にビルボードライブ大阪、28日(火)と29日(水)にビルボードライブ東京」と、すでに発表されているビルボードライブ大阪公演との日付が食い違っているのが気になるところだ。 (※後日訂正され、ビルボードライブ東京公演の記載は消滅[5/28 update: 28日(火)にビルボードライブ東京での単独公演が決定]