bmr

bmr>NEWS>PBWと共にストーンズ・スロウ注目の新人スーダン・アーカイヴスがVISIONに登場

NEWS

PBWと共にストーンズ・スロウ注目の新人スーダン・アーカイヴスがVISIONに登場

Stüssy presents Stones Throw Japan Tour 2018 – Tokyo with Peanut Butter Wolf & Sudan Archives

20年以上に渡って、ヒップホップを中心に良質な音楽を届ける米ロサンジェルスのインディ・レーベル Stones Throw Recordsによるジャパン・ツアーがまもなく開催されるが、4月28日(土)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONで開催される東京公演にはスペシャルなラインナップが揃う。

J・ディラ(J. Dilla)や鬼才マッドリブ(Madlib)を始め、デイム・ファンク(Dam-Funk)、メイヤー・ホーソーン(Mayer Hawthorne)、タキシード(Tuxedo)、ノーウォーリーズ(NxWorries)、アロー・ブラック(Aloe Blacc)など、様々な才能の作品をリリースしている気鋭レーベルのStones Throw。

ステューシーとの共催で行われるStones Throwの2018ジャパン・ツアーは、レーベルの創始者であり、プロデューサー/DJ/A&R、世界有数のレコードコレクターでもあるピーナッツ・バター・ウルフ(Peanut Butter Wolf)が来日。近年は、ミュージック・ビデオなどの映像と組み合わせた「ビデオDJ」のパイオニアとしても活躍している彼のDJセットを生で味わうことができる。

そして4月28日(土)の東京VISION公演限定で、Stones Throwが送りだす注目の新人スーダン・アーカイヴス(Sudan Archives)が初来日。シンシナティ出身、現在はLAを拠点に活動している彼女は、独学で身につけたというバイオリンを武器としたシンガー・ソングライター/プロデューサー。スーダンを中心とした北東アフリカの音楽におけるバイオリンに可能性を感じ、アフリカ音楽の要素と、フォーク、エレクトロ、そして90年代R&Bを組み合わせた独自の音楽を構築した。昨年、Stones ThrowからデビューEP『Sudan Archives』を発表すると、ニューヨークタイムズなど様々なメディアから取材を受け、FACTでは2017年の年間ベスト・ランキングで13位に選出、「2017年の新人の中で特筆すべきアーティストのひとり」と讃えられた注目の存在だ。

今月、新曲“Nont For Sale”も発表したスーダン・アーカイヴスのライブ・パフォーマンスが、この東京VISION公演で本邦初公開となる。つい先日は、ビヨンセらのステージも大きな話題となった世界最大級の野外音楽フェスティバルであるコーチェラという大舞台にも出演したばかりの彼女を間近で目撃できる貴重な夜となりそうだ。

Stüssy presents Stones Throw Japan Tour 2018 – Tokyo with Peanut Butter Wolf & Sudan Archives
日時:2018年4月28日(土)Open 22:00
会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION
価格:¥3,000 ADV / ¥3,500 DOOR
LIVE出演:Peanut Butter Wolf (Live Video DJ Set), Sudan Archives
DJ出演:MURO, KOCO aka SHIMOKITA, grooveman Spot, KZA (Force of Nature), DJ WATARAI, K-BOOGIE and more