bmr

bmr>NEWS>ゴールドリンクら参加 マイアがデビュー20周年を記念した新作『T.K.O.』を発表

NEWS

ゴールドリンクら参加 マイアがデビュー20周年を記念した新作『T.K.O.』を発表

Mya - T.K.O. (The Knock Out)

2016年に発表した『Smoove Jones』がグラミー候補となった38歳の人気女性R&Bシンガー/ダンサー/女優、マイア(Mýa)が、デビュー20周年を迎えた今年4月、ニュー・アルバム『T.K.O. (The Knock Out)』を発表した。

ワシントンDC出身、元々はダンサーとして音楽業界に入ったマイアは、父親が歌手だった影響もあってシンガー/エンターテイナーとしての才能を徐々に開花し、1998年に『Mýa』でアルバム・デビュー。ドゥルー・ヒルのシスコとのデュエットとなったデビュー・シングル“It’s All About Me”が全米シングル総合チャート最高6位となるヒットとなり、そのキュートでセクシーなルックスと共にすぐに注目を集めた。同年には、ゲスト参加した映画『ブルワース』主題歌“Ghetto Superstar”が、翌年にもゲスト参加したブラックストリートの“Take Me There”がそれぞれトップ20ヒットを記録し、2000年に発表したセカンド・アルバム『Fear Of Flying』からは“Case Of The Ex”が全米チャート最高2位の大ヒットに。そして2001年には、映画『ムーランルージュ』の主題歌となった“Lady Marmalade”にクリスティーナ・アギレラやピンクらと共に参加するなどヒットを連発、華々しく活躍した。

2003年に発表したサード・アルバム『Moodring』に続く新作が発売延期を繰り返し、結果的にお蔵入り(後に配信リリースされた)してメジャー・レーベルから離れることになるが、以降は自身のレーベル Planet 9を立ち上げたほか、自身のレコーディング・スタジオを設立、若く才能あるプロデューサーを積極的に登用するなどインディペンデントで活動をスタート。日本限定で『Sugar & Spice』、『K.I.S.S. (Kiss It Simple)』(後者は後に日本国外でもリリース)を発表した後、2014年から2015年にかけて『With Love』、『Sweet XVI』、『Love Elevation Suite』とEPを発表し、2016年2月に『Smoove Jones』を発売。翌年2月に受賞式が開催された第59回グラミー賞の最優秀R&Bアルバム部門のノミネートを受けた。また、グラミーの翌月には、DCの新進気鋭ラッパーであるゴールドリンク(GoldLink)のメジャー・デビュー・アルバム『At What Cost』への参加も話題を呼んだ。

ゲスト参加などではなく、個人のリリースとしては長いキャリアにおいて初めてのグラミー・ノミネートとなり、若手ラッパーの作品への参加などでふたたび注目を集め始めたマイアは、今年3月からは、主演ドラマ『5th Ward The Series』が米Urban Movie Channelで放送が始まるなど勢いづいているが、デビュー・アルバム『Mýa』発売から20周年を記念したニュー・アルバム『T.K.O. (The Knock Out)』が発売となった。

昨年から、数々のヒットに携わってきた音楽集団=フィフティーンハンドレッド・オア・ナッシン(1500 or Nothin’)の一員であり、フェイス・エヴァンスやクリス・ブラウンらを手がけてきたマーズマイ・ガイ・マーズことラマー・エドワーズ(Lamar “MyGuyMars” Edwards)らがプロデュースした“Ready For Whatever”などを発表してきたマイアだが、全12曲となった『T.K.O. (The Knock Out)』は、このマーズが全面プロデュースした作品に。マーズは、“With You”でマイアのデュエット相手も務めている。またゲスト・アーティストには他に、昨年共演したゴールドリンクが“Open”で参加している。

表題曲と言える“Knock You Out”にソングライターとしてマーシャ・アンブロ―ジアス(Marsha Ambrosius)が関与。“Damage”のプロデュースには、J・ホリデイの2007年の大ヒット“Bed”を手がけたことで知られるロス・ダ・マイストロ(Los da Mystro)の名前も。また、“Ready (Part III – 90′s Bedroom Mix)”は90年代と銘打たれているように、R.ケリーの“It Seems Like You’re Ready”のフレーズを引用したバージョンに。アルバム・タイトルにかけてテディ・ペンダーグラスの“Love T.K.O.”が流れるインタールードも用意されており、『T.K.O. (The Knock Out)』はミッド~スロウが中心のしっとりとした世界観で魅せる大人のR&B作品に仕上がっている。

マイアの『T.K.O. (The Knock Out)』は、デビュー・アルバム『Mýa』が発売された1998年4月21日のほぼ20年後となる4月20日に発売。デジタル配信に加え、公式ストアではフィジカルCD盤も発売されている。

1. The Fall
2. Open (feat. GoldLink)
3. Simple Things
4. Down
5. Ready 4 Whatever 2.0
6. Damage
7. Ready (Part III – 90′s Bedroom Mix)
8. You Got Me
9. T.K.O. Interlude (feat. AGuyNamedCliff)
10. Knock You Out
11. With You (feat. MyGuyMars)
12. If Tomorrow Never Comes