bmr

bmr>NEWS>スティーヴィー・ワンダーのカバーなどアルバム未収録も エリック・ベネイのベスト盤が発売

NEWS

スティーヴィー・ワンダーのカバーなどアルバム未収録も エリック・ベネイのベスト盤が発売

Eric Benét - The Best of Eric Benét

今週から来日公演を行う人気ベテランR&B/ソウル・シンガーのエリック・ベネイ(Eric Benét)が、日本独自企画のベスト・アルバム『The Best Of Eric Benét』を発表した。

姉のリサ、従兄弟のジョージ・ナッシュ・ジュニア(George Nash, Jr.)とのファミリー・グループ=ベネイ(Benét)としての活動を経て、1996年に『True To Myself』でソロ・デビューを果たし、隆盛しつつあったニュー・クラシック・ソウル/ネオ・ソウルの立役者としてディアンジェロ、マックスウェルと共に人気を博したエリック・ベネイは、特に2作目の『A Day In The Life』がヒットを記録。フェイス・エヴァンス(Faith Evans)と共にTOTOの名曲をカバーした“Georgy Porgy”や、タミア(Tamia)との“Spend My Life With You”はR&Bチャートだけでなく総合チャートでも好成績を残し、特に後者はグラミー候補にも選ばれた。また、そのハンサムなルックスに加え、2001年には女優ハリー・ベリーと結婚したことでも一躍注目の的に。その後、離婚問題で一旦はキャリアが落ち込んだものの、自身のルーツに根差した70年代ソウル調のサウンドに回帰した2008年作『Love & Life』で久々にグラミー候補に選出されるなど“復活”、以降、順調に活躍している。

昨年はquasimodeのメンバーとして知られる平戸祐介によるYusuke Hirado Prospectのデビュー・アルバム『Heritage』に参加したほか、2016年には韓国の人気R&Bボーカル・グループ、Brown Eyed Soulの楽曲の英語カバーを発表するなどアジア圏でも厚いファン層を持つエリック・ベネイだが、間もなくの来日公演を前に、ベスト・アルバムを発表する。

4月20日に配信リリースされた『The Best Of Eric Benét』は、1996年のデビュー・アルバム『True To Myself』から2010年作『Lost In Time』まで、Warner Bros. Records / Reprise Records在籍期の音源から選りすぐった16曲が収録された日本独自企画のベスト盤。“Spiritual Thang”、“Georgy Porgy”、“Spend My Life With You”といった初期のヒットから、グラミー候補となった“You’re The Only One”、“Sometimes I Cry”といった近年の代表曲までを網羅するのに加え、オリジナル・スタジオ・アルバムには未収録だった3曲も収録される。

アルバム未収録だったのは、2001年の映画『The Brothers』のサウンドトラックに収録された“Love Don’t Love Me”、R&Bチャート1位となるなどキャリア最大のヒットとなった“Spend My Life With You”のリミックス・バージョンとなる“Spend My Life With You (Buttered Soul Remix)”と、スティーヴィー・ワンダーのカバーとなる“Superwoman”の3曲。

Love Don’t Love Me”は、未発表に終わったアルバム『Better & Better』のリード曲でもあった軽快なサマー・チューンで、当時ネプチューンズ(The Neptunes)によるリミックスも制作されたが、『Better & Better』がお蔵入りとなってしまったため、オリジナル・スタジオ・アルバムには未収録となった曲。シングルのカップリングとして発表されていた“Spend My Life With You (Buttered Soul Remix)”は、アレンジやメロディが変わっているほか、デュエット相手をタミアからテリー・デクスター(Terry Dexter)に変更するなど原曲とはまた異なる雰囲気に仕立てた名リミックス。そして、90年代の米人気TVドラマ『Living Single』のサウンドトラックに収録されていた“Superwoman”は、故ジョージ・デューク(George Duke)がプロデュースし、ボニー・ジェイムス(Boney James)がサックスで参加したもので、エリック・ベネイが敬愛するスティーヴィー・ワンダーを90年代らしいハネたグルーヴで再解釈したカバーだ。いずれも、エリック・ベネイの魅力をより深く知るのにうってつけの選曲となっている。

なおこの『The Best Of Eric Benét』は4月20日に配信リリースされているが、CD盤が5月23日(水)に発売予定となっている。エリック・ベネイは、4月22日(日)~25日(水)の4日間をブルーノート東京で、27日(金)に名古屋ブルーノートで来日公演を行う予定であり、毎度大盛況となる彼のステージを前に、予習用の作品としても機能しそうだ。

1. Spiritual Thang
2. I’ll Be There
3. Georgy Porgy (feat. Faith Evans)
4. Spend My Life With You (feat. Tamia)
5. When You Think Of Me
6. Love Don’t Love Me
7. Pretty Baby
8. Hurricane
9. I Wanna Be Loved
10. Cracks Of My Broken Heart
11. The Last Time
12. You’re The Only One
13. Chocolate Legs
14. Sometimes I Cry
15. Spend My Life With You (Buttered Soul Remix) [feat. Terry Dexter]
16. Superwoman (feat. Boney James)