bmr

bmr>NEWS>プリンスが歌う「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー」オリジナル・バージョンが発売

NEWS

プリンスが歌う「ナッシング・コンペアーズ・トゥ・ユー」オリジナル・バージョンが発売

Prince - Nothing Compares 2 U

4月21日の命日を前に、シニード・オコナー(シネイド・オコナー)のバージョンなどで知られる名曲“Nothing Compares 2 U”のプリンス(Prince)が歌うオリジナル・バージョンが発売された。

今なお歌い継がれる名曲であり、オリジナル版の「7時間と13日が過ぎた」 という歌詞に沿って、プリンスの死後の13日と7時間後に全米のラジオが一斉に放送し、追悼を捧げたことでも知られる“Nothing Compares 2 U”。元は、ザ・ファミリーの1985年のデビュー・アルバム『The Family』のためにプリンスが書き下ろしたバラードで、1990年に、一部の歌詞を変えたシニード・オコナーによるカバーで広く世間に知られた。その後、プリンス自身もライブで度々披露するようになり、1993年発売の『The Hits/The B-Sides』には、ロージー・ゲインズとのライブ・デュエット・バージョンが収録されている。

プリンス自身が歌うオリジナル・バージョンはこれまで発表されていなかったが、この未発表オリジナル・スタジオ・バージョンがついに解禁。4月20日にデジタル配信が始まった。また7インチのアナログ盤が5月25日に発売予定となっているほか、ピクチャーディスクの限定7インチ盤がPrinceHitNRun.comのオフィシャル・ストアで取り扱われており、こちらは6月29日の発送予定となっている。

この“Nothing Compares 2 U”のオリジナル版は、1984年の7月、ミネソタ州エデンプレイリーにあるプリンスのリハーサル・スペースだった[Flying Cloud Drive Warehouse]でレコーディングされたもので、ザ・ファミリーのセント・ポールことポール・ピーターソンとスザンナ・メルヴォワンのふたりがバックコーラスを務め、同様にザ・ファミリーのエリック・リーズのサックスが使用されている。

このオリジナルの“Nothing Compares 2 U”のリリースに合わせて、同時期に[Flying Cloud Drive Warehouse]で行われたプリンス&ザ・レヴォリューションの未発表リハーサル映像をフィーチャーしたビデオも公開された。

プリンス・エステートの正式な記録保管人マイケル・ハウは、今回のリリースについて、「1984年時代の一覧を作成している時に、この2インチのマルチトラック・リールを発見」したとしており、「リールの状態を分析して、Studerの24トラックに取り込み、そこに入っていた音源を24bit/192kHzでデジタル化しました。その音源は、私たちが行ったラフ・ミックスですら、“ここに収録されている音源は本当の意味で素晴らしく特別なものである”、ということを感じさせるものでした」と振り返っている。

なお、プリンス関連では、死の直前となった2016年3月にアナウンスされ、当初は同年秋の発刊予定とされていた公式の回想録『The Beautiful Ones』(仮題)が、今年の年末の発売予定で進められていることが先日明らかになっている。

7インチ・シングルの収録内容:
A. Nothing Compares 2 U (Edit Version) [4:12]
B. Nothing Compares 2 U (Full Length Version) [4:40]

Recorded in July 1984 at Flying Cloud Drive Warehouse, Eden Prairie, MN
Mixed by Tony Maserati at Mirrorball Studios, North Hollywood, CA
Assistant mix Engineer: Tyler Scott

Written, Arranged, Performed and Produced by Prince
Saxophone by Eric Leeds
Backing Vocals by Susannah Melvoin and Paul Peterson
Engineered by Susan Rogers