bmr

bmr>NEWS>ケンドリック、リル・ウェイン、クリス・ブラウンら参加 リッチ・ザ・キッドがメジャー・デビュー [全曲フル試聴可]

NEWS

ケンドリック、リル・ウェイン、クリス・ブラウンら参加 リッチ・ザ・キッドがメジャー・デビュー [全曲フル試聴可]

Rich The Kid - The World Is Yours

Plug Walk”が最新の全米シングル・チャートでトップ20入りするなどチャート上昇中の25歳注目ラッパー、リッチ・ザ・キッド(Rich The Kid)が、メジャー・デビュー・アルバム『The World Is Yours』を発表した。

ニューヨークはクイーンズ出身、13歳からはアトランタ近郊で育ったリッチ・ザ・キッドは、ミーゴス(Migos)らを抱えるアトランタの新興ヒップホップ・レーベル Quality Control Musicと契約し、2013年、20歳でデビュー・ミックステープ『Been About The Benjamins』を発表。次々にミックステープを発表していく中で、2015年にミーゴスとのコラボレーション・ミックステープ『Still On Lock』などで注目を集めるようになり、同年末には、フォーブス誌が「2016年に注目すべきヒップホップ・アーティスト5人」のひとりとして取り上げた。その2016年には自主レーベル Rich Forever Musicを立ち上げ、レーベル・コンピレーション『Rich Forever』シリーズを発表する傍ら、ミーゴスも一時契約していた300 Entertainmentと契約、活動の場を広げていく。

2017年には、契約上の問題から元々参加していたジャスティン・ビーバーのパートが削除されたことも話題になったディプロ(Diplo)の“Bankroll”にフィーチャーされたのに続き、エミネム、ケンドリック・ラマー、ブラック・アイド・ピーズ、マルーン5といった人気アーティストを抱えるメジャー・レーベルのInterscope Recordsと契約したことを発表。米ヒップホップ専門誌XXLのインタビューには、Epic Records、Columbia Records、RCA Recordsといったソニー系のメジャー・レーベルからもオファーがあったものの、断ったことを明かしている。

そして2017年9月、レーベルメイトとなったケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)をゲストに迎えたメジャー・デビュー曲“New Freezer”を発表。同曲は、ミュージック・ビデオの公開や、SNSを中心とした「New Freezer Challenge」と題したダンス・チャレンジ、さらにはケンドリックが今年1月28日に開催された第60回グラミー賞の受賞式の中で自分のパートを一部パフォーマンスした影響もあって、2018年2月10日付の全米シングル・チャートで75位に初登場。彼にとって初の全米チャート入り曲となった。正式に、メジャー・デビュー・アルバム『The World Is Yours』を3月30日にリリースすると発表された直後の3月10日付チャートでは、この“New Freezer”は42位まで上昇した。また、2月8日に発表されたセカンド・シングル“Plug Walk”は、2月24日付の全米シングル・チャートで62位に初登場。“New Freezer”を上回る勢いでそこからみるみる上昇していき、米ドラマ『ブレイキング・バッド』を意識したミュージック・ビデオの公開、さらには様々なラップ・ヒットを生んでいるSpotifyの人気プレイリスト「Rap Caviar」などでピックアップされたこともあって5週目の3月24日付チャートでは、前週48位から25位へとジャンプアップ。今週発表された4月7日付チャートでは18位と、ついにトップ20入りを果たしている。

この“Plug Walk”の勢いに乗って、リッチ・ザ・キッドのメジャー・デビュー・アルバム『The World Is Yours』が登場。ケンドリック・ラマーを筆頭に、リル・ウェイン(Lil Wayne)、フューチャー(Future)、リック・ロス(Rick Ross)、ミーゴスのクエヴォ(Quavo)とオフセット(Offset)、レイ・シュリマーのスウェイ・リー(Swae Lee)、トリッピー・レッド(Trippie Redd)といった人気ラッパーたちから、クリス・ブラウン(Chris Brown)、カリード(Khalid)まで、メジャー・デビューを華々しく彩る豪華ゲストたちが集結。当初の発表ではフィーチャリング・アーティストとして“Small Things”に名前のあったブライソン・ティラー(Bryson Tiller)は不参加となっているが、“Small Things”のソングライターとして名前を連ねている。

またアルバム発売直前には、数多くの人気アーティストを顧客に抱えるBlueprint/Maverick Groupとのマネジメント契約を締結。クリス・ブラウンが6月から8月にかけて行う北米ツアー〈Heartbreak On A Full Moon Tour〉への参加も決定するなど、今年はさらなる大きな舞台へと踏み出す。加えて、来週はこの『The World Is Yours』が全米アルバム・チャートのトップ10入りすると見られており、今週18位まで上昇した“Plug Walk”がどこまで伸びるかも注目されるところだ。なお、『The World Is Yours』は現在デジタル配信のみであり、フィジカルCDは13日の発売予定となる。

1. World Is Yours [prod. by Cassius J]

2. New Freezer (feat. Kendrick Lamar) [prod. by Ben Jayne]

3. No Question (feat. Future) [prod. by Resource]

4. Plug Walk [prod. by Lab Cook]

5. Too Gone (feat. Khalid) [prod. by wondaGURL]

6. Made It (feat. Jay Critch & Rick Ross) [prod. by Harry Fraud]

7. Drippin (feat. Chris Brown) [prod. by Lab Cook]

8. Lost It (feat. Quavo & Offset) [prod. by Metro Boomin]

9. End Of Discussion (feat. Lil Wayne) [prod. by Kryysun]

10. Early Morning Trappin (feat. Trippie Redd) [prod. by T-Minus]

11. Small Things [prod. by Lab Cook]

12. Listen Up [prod. by Danny Wolf]

13. Gargoyle (feat. Swae Lee & Offset) [prod. by Whatlilshoddysay]

14. Dead Friends [prod. by DJ Mustard]