bmr

bmr>NEWS>エクスエクスエクステンタシオン、新作が全米1位に シングルでの初トップ10ヒットも

NEWS

エクスエクスエクステンタシオン、新作が全米1位に シングルでの初トップ10ヒットも

XXXTentacion - ?

「ラップ界でもっとも物議を醸す男」とも評される20歳の新鋭ラッパー/シンガー、エクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)の最新作『?』が、全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得した。

フロリダ出身のエクスエクスエクステンタシオン、通称エクスは、2016年に発表した“Look At Me!”などで、当初はヘヴィメタルなどにインスパイアされた「パンク・ラッパー」として注目を集めた若手。昨年は、ドレイク(Drake)が後に『More Life』に“KMT (Kissin’ My Teeth)”というタイトルで収録した楽曲について「俺のフロウがドレイクに盗まれた」と非難した騒動や、米ヒップホップ誌XXLがこれからの躍進が期待される10名のラッパーを選出する「XXL Freshmen Class」の2017年版において、投票で決まる「10th Spot」に選出されるなどを経て、デビュー・アルバム『17』を発表。これまでとは一転、ローファイで内省的な歌を聞かせるオルタナティブR&B~インディ・ロック路線に転身して世間を驚かせ、またあのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)もTwitterで紹介するなどの反響を呼び、全米アルバム総合チャートで初登場2位、R&Bアルバム・チャートでは初登場1位を記録した。

虚無的かつ内省的で、ドラッグや自殺、傷心を歌う「エモ・ラップ」の代表格として若者を中心に大きな支持を得たエクスは、メジャー・レーベルであるCapitol Music Groupの傘下にある、インディ・レーベル/ディストリビューターのCarolineと推定600万ドル(およそ6.8億円)で契約したと報じられる。この報道に対してすぐに本人は契約を終了させると発言、一方でエクスの担当は変わらず契約しているとコメントするなど混乱させたり、自身への批判やバッシングから引退を宣言するも、数日経つと新曲を発表したり新作を告知したりとファンを戸惑わせてきたが、結局、昨年12月にクリスマスEP『A GHETTO CHRISTMAS CAROL』を発表するなど活動を続行させ、年末には、『Skins』、『Bad Vibes Forever』、『?』と3作のリリースを予告した。

そして今年3月2日、ニュー・アルバム『?』からのリード・シングルとして“SAD!”、そして同じく昨年のXXL Freshmen Classに選ばれたPnB・ロック(PnB Rock)が声を交えた“changes”の2曲を発表。これに続いて、3月16日に『?』がリリースされた。全18曲を収録した『?』のゲスト・アーティストには、PnB・ロックに加えて、ジョーイ・バッドアス(Joey Bada$$)から、ブリンク182のメンバーとしても知られるトラヴィス・バーカー(Travis Barker)、さらに昨年、わずか12歳にして“Overwhelming”が話題を呼んだ13歳ラッパーのマット・オクス(Matt Ox)まで、多彩な顔ぶれが並ぶ。新鋭ジョン・カニンガム(John Cunningham)が全体をプロデュースしており、メロウなヒップホップや流行のトラップ路線から、エモーショナルな激しいラップを聞かせる「パンク・ラッパー」、さらには前作『17』に連なる歌ものまで、様々な表情を見せるアルバムとなっている。

この20歳の問題児の最新作『?』が、今週発表された3月31日付の全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得。エクスエクスエクステンタシオンにとっては初の1位獲得となった。『?』は、初週におよそ2万枚のダウンロード・セールスを記録したのに加え、アルバム収録曲がストリーミング・サービスで再生された回数の1週間の合計がおよそ1億5940万回を記録、これによりおよそ10万6000ユニットを稼ぎだし(収録曲の再生回数が1500回=1ユニット、アルバム1枚の売り上げ相当と換算)、単曲ダウンロード(収録曲10曲のダウンロード・セールスで1ユニット)によるポイントを足した総合ではおよそ13万1000ユニットとなった。また、およそ10万6000ユニットというストリーミングによる記録は、2018年発売作品においてはミーゴス(Migos)の『Culture II』の1週目およそ15万ユニット(総合でおよそ19万9000ユニット)に次ぐ、今年2番目の再生数になるとのことで、人気が拡大するストリーミングで強さを発揮した形と言える。

またこの『?』のヒットにより、リード曲である“SAD!”が3月31日付の全米シングル・チャートでトップ10入りを果たした。ジョン・カニンガムが手がけた、歌ごころある同曲は、3月2日に先行リリースされたことで3月17日付チャートで初登場17位となり、『17』発売時に“Jocelyn Flores”が記録したシングル・チャートでの自己最高位31位を大きく更新。翌3月24日付チャートでは19位へとダウンしていたが、今週発表された最新の3月31日付全米シングル・チャートで7位へと急上昇自身初の全米トップ10入りを果たしている。また、“changes”が前週59位から今週37位へと上昇したほか、35位に初登場となった“Moonlight”を含め、『?』から5曲がトップ100に初登場。トップ100に7曲が同時チャートインとなった。

なお、エクスエクスエクステンタシオンは、複数の重罪に問われて昨年12月に拘置。その後、釈放され自宅監禁の状態がずっと続いていたが、3月21日に制限付きで自宅監禁を解かれたと報じられており、彼にとって吉報が重なった3月の終わりとなった。

1. Introduction (instructions) [prod. by XXXTentacion]
2. ALONE, PART 3 [prod. by John Cunningham & Robert Soukiasyan]
3. Moonlight [prod. by John Cunningham]
4. SAD! [prod. by John Cunningham]
5. the remedy for a broken heart (why am I so in love) [prod. by John Cunningham & XXXTentacion]
6. Floor 555 [prod. by Dell Soda]
7. NUMB [prod. by John Cunningham / co-prod. by Robert Soukiasyan]
8. Infinity (888) [feat. Joey Bada$$] [prod. by P. Soul]
9. going down! [prod. by TM88 & Tre Pounds]
10. Pain = BESTFRIEND (feat. Travis Barker) [prod. by John Cunningham & XXXTentacion / co-prod. by Robert Soukiasyan]
11. $$$ (XXXTENTACION & Matt OX) [prod. by Den Beats & Laron Wages]
12. love yourself (interlude) [prod. by John Cunningham & XXXTentacion]
13. SMASH! (feat. PnB Rock) [prod. by Smash David]
14. I don’t even speak spanish lol (feat. Rio Santana, Judah & Carlos Andrez) [prod. by Z3N]
15. changes [prod. by John Cunningham / additional vocals by PnB Rock]
16. Hope [prod. by John Cunningham]
17. schizophrenia [prod. by John Cunningham & Robert Soukiasyan]
18. before I close my eyes [prod. by John Cunningham]