bmr

bmr>NEWS>ミシェル・ンデゲオチェロがブルーノ・マーズを痛烈批判 「ただの模倣かカラオケ」

NEWS

ミシェル・ンデゲオチェロがブルーノ・マーズを痛烈批判 「ただの模倣かカラオケ」

Meshell Ndegeocello

ファンク、ソウル、ジャズ、ロック、ダブなどジャンルの壁を超え、孤高の音楽を奏でる天才シンガー・ソングライター/ベーシストのミシェル・ンデゲオチェロ(Meshell Ndegeocello)が、今年のグラミー賞を席巻したブルーノ・マーズ(Bruno Mars)を痛烈に批判し、話題となっている。

今年10月には、傑作デビュー・アルバム『Plantation Lullabies』の発売25周年を迎えるミシェル・ンデゲオチェロ。今月、およそ4年ぶりとなる新作『Ventriloquism』を発表するということで米Billboard誌のインタビューに応じたが、この取材が、1月末に開催された第60回グラミー賞の授賞式から間もなかったことから、話はグラミー賞の話題へ。ブルーノ・マーズは、2016年11月に発表した最新作『24K Magic』により、今年のグラミー賞で主要4部門中、新人賞をのぞく3部門を総なめにしたほか、最優秀R&Bアルバム、最優秀R&Bソング、最優秀R&BパフォーマンスとR&B部門も大半を勝ち取った。

しかしミシェル・ンデゲオチェロは、『24K Magic』を支持できないようだ。グラミー賞でブルーノが6冠となったことについて意見を求められた彼女は、「彼がやっているのは基本的にカラオケと同じ特に“Finesse”なんて、ただベル・ビヴ・デヴォー(の“Poison”)をコピーしただけでしょう。ベイビーフェイスもコピーしていると思う。それから間違いなく、ヒューマン・リーグを手がけていた時のジミー・ジャム&テリー・ルイスの要素も。一貫してこういう要素が感じられたけど、心がこもっていない印象を受けた」と切り捨てた。さらに、ただの「カラオケ」と、自身のものとして昇華することの違いについて訊かれると、「ただのパスティーシュであってはならない。つまり、ただ昔のサウンドをコピーしたり模倣しているだけ、ただカラオケをやっているだけじゃいけない。そこに誠実さがあるべき」と回答。ブルーノは昔のR&Bをコピーしただけだと考えているようだ。

非黒人のブルーノ・マーズが主に80年代後半~90年代前半のR&Bに影響を受けて制作した『24K Magic』は、発売当初から一部で「黒人文化の剽窃」だとして批判されたこともあったが、グラミー賞で『24K Magic』がアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いた際、受賞スピーチでブルーノ・マーズは、ベイビーフェイス、ジャム&ルイス、テディ・ライリーらの名前を挙げ、「この賞は、彼らに捧げたい。彼らは僕のヒーローであり、僕の教師だ。彼らが礎を築いた。彼らがいなければ、このアルバムは生まれなかった」と先人への謝辞を述べていた。

なお、3月16日に発売となるミシェル・ンデゲオチェロの新作『Ventriloquism』は、プリンスやシャーデー、TLC、ジャネット・ジャクソンといった80年代~90年代のブラック・ミュージックを、独自の解釈を加えてカバーしたアルバムになるが、ミシェル・ンデゲオチェロは、カバーをするにあたって楽曲のソングライターたちに話を聞きに行ったのだという。「この楽曲を生んだライターたちそれぞれのところに行って、インタビューしたんだ。あまり知られたことではないと思うけど、(ジョージ・クリントンの)“Atomic Dog”って、デトロイトの韓国系(デイヴィッド・スプラッドリー)が書いた曲なんだよね。ジミー・ジャム&テリー・ルイスともそのために会ったよ」と、話している。