bmr

bmr>NEWS>スヌープのゴスペル作にチャーリー・ウィルソン、パティ・ラベル、K-Ci、メアリー・メアリーらも参加

NEWS

スヌープのゴスペル作にチャーリー・ウィルソン、パティ・ラベル、K-Ci、メアリー・メアリーらも参加

Snoop Dogg presents Bible Of Love

西海岸のベテラン・ラッパー、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)による初のゴスペル・アルバム『Bible Of Love』の収録曲目が明らかになり、豪華なゲスト・アーティストの全貌が明らかになった。

これまで別名でのレゲエ・プロジェクトやファンク・ユニットなども発表してきたスヌープ・ドッグが、昨年5月に発表した『Neva Left』発売直後から予告していたのがゴスペル・アルバムの制作。昨年9月には、トーネイ(Tonex)名義でかつてゴスペル界でも活躍したアーティストであり、近年はチャカ・カーン(Chaka Khan)やシャニース(Shanice)らのプロデュースでも知られるB・スレイド(B. Slade)がプロデュース&ゲスト・ボーカルを務めた“Words Are Few”を発表し、本気でゴスペルに取り組んでいることを証明してみせた。

一方で先日2月20日には『220』と題したEPを発表し、いつものスヌープ節も聞かせていたが、いよいよ『Bible Of Love』の全貌が明らかに。すでに3月16日にソニー系列のゴスペル・レーベルであるRCA Inspirationから発売されること、そしてフェイス・エヴァンス(Faith Evans)を始め、ゴスペル界から、クラーク・シスターズ(The Clark Sisters)やランス・アレン(Rance Allen)といったレジェンドや、グラミー受賞人気ゴスペル・アーティストのタイ・トリベット(Tye Tribbett)などの参加曲が公開されていた。

そして全32曲となるこのアルバムのトラックリストがついに公開された。それによると、この『Bible Of Love』には、大御所パティ・ラベル(Patti LaBelle)を始め、スヌープとは何度も共演をしているチャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)や、スヌープがバックアップしている新進ソウル・シンガーのオクトーバー・ロンドン(October London)、そのオクトーバー・ロンドンをスヌープと一緒に送り出したジャジー・フェイ(Jazze Pha)、スヌープらと共に90年代のGファンク、ギャングスタ・ラップを牽引してきた西海岸のベテラン・プロデューサー/ラッパー、ダズ・ディリンジャー(Daz Dillinger)、またジョデシィ(Jodeci)、兄弟デュオのK-Ci&ジョジョ(K-Ci & JoJo)のメンバーとしても知られるK-Ci、様々なR&Bヒットに携わる人気ソングライターでもあるロニー・ビリアル(Lonny Bereal)、ドクター・ドレーの『Compton』への貢献で知られるスライ・パイパー(Sly Pyper)といったアーティストたちが参加。

他にもゴスペル界から、R&Bシーンでもヒットを放った姉妹デュオのメアリー・メアリー(Mary Mary)、同様にR&Bとゴスペルの両輪で活躍するマリ・ミュージック(Mali Music)を筆頭に、キム・バレル(Kim Burrell)、マーヴィン・サップ(Marvin Sapp)、フレッド・ハモンド(Fred Hammond)、ジョン・P・キー(John P. Kee)、アイザック・カリー(Isaac Carree)といった大物たちが集まっており、すでに明らかになっていたクラーク・シスターズ、タイ・トリベット、ランス・アレンらと合わせて、ゴスペル作品としても類を見ないほどのゴスペル・スター揃いとなっている。

またフェイス・エヴァンスやチャーリー・ウィルソンらはゴスペル・ヒットも持つ人気アーティストだが、ゴスペルから世俗音楽へと移ったB・スレイドはリード曲の“Words Are Few”以外にも2曲でゲスト参加。B・スレイドは、キム・バレル参加の“Sunshine Feel Good”や、チャーリー・ウィルソンが歌う“One More Day”の制作も手がけているようで、本作のキーパーソンのひとりとなっていると見られる。

なおスヌープ・ドッグは、NFLスーパーボウルの関連イベントとして2月1日に行われたゴスペル・イベント〈Super Bowl Gospel Celebration〉に出演し、フェイス・エヴァンス、クラーク・シスターズ、タイ・トリベットと共にパフォーマンスを行ったが、3月には「ゴスペル界のグラミー賞」である〈Stella Gospel Music Awards〉にてパフォーマンス出演予定。久々にリユニオンを果たすメアリー・メアリーや、タイ・トリベットもパフォーマンス予定となっていることから、共に『Bible Of Love』の楽曲を披露する可能性も高そうだ。同アワードは、『Bible Of Love』発売の2週間後となる3月30日に米TV番組で放送予定とのこと。

1. Thank You Lord (Intro) [feat. Chris Bolton]
2. Love For God (feat. Uncle Chucc, The Zion Messengers & K-Ci)
3. Always Got Something To Say
4. Defeated (feat. John P. Kee)
5. In The Name Of Jesus (feat. October London)
6. Going Home (feat. Uncle Chucc & The Zion Messengers)
7. Saved (feat. Faith Evans & 3rd Generation [Bereal Family])
8. Sunshine Feel Good (feat. Kim Burrell)
9. Sunrise (feat. Sly Pyper)
10. Pure Gold (feat. The Clark Sisters)
11. Pain (feat. B Slade)
12. New Wave (feat. Mali Music)
13. On Time (feat. B Slade)
14. You (feat. Tye Tribbett)
15. One More Day (feat. Charlie Wilson)
16. Bible Of Love (Interlude) [feat. Lonny Bereal]
17. Come As You Are (feat. Marvin Sapp & Mary Mary)
18. Talk To God (feat. Mali Music & Kim Burrell)
19. Changed (feat. Isaac Carree & Jazze Pha)
20. Praise Him (feat. Soopafly)
21. Blessing Me Again (feat. Rance Allen)
22. Blessed & Highly Favored (feat. The Clark Sisters) [Remix]
23. Unbelievable (feat. Ev3)
24. No One Else (feat. K-Ci)
25. Chizzle (feat. Sly Pyper & Daz Dillinger)
26. My God (feat. James Wright)
27. When It’s All Over (feat. Patti LaBelle)
28. Crown (feat. Tyrell Urquhart, Jazze Pha & Issac Carree)
29. Call Him (feat. Fred Hammond)
30. Change the World (feat. John P. Kee)
31. Voices Of Praise
32. Words Are Few (feat. B Slade)