bmr

bmr>NEWS>アンダーソン・パーク新作にはドレーも貢献 フリー・ナショナルズのアルバムは7月までに発表?

NEWS

アンダーソン・パーク新作にはドレーも貢献 フリー・ナショナルズのアルバムは7月までに発表?

Anderson .Paak

今年7月の〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演が決まったアンダーソン・パーク&ザ・フリー・ナショナルズ(Anderson .Paak & The Free Nationals)だが、今年はアンダーソン・パークのソロ新作、そしてフリー・ナショナルズのアルバムの両方を聴くことができるようだ。

ドクター・ドレー(Dr. Dre)の久々の新作『Compton』に最多数参加したことで注目を浴び、2016年1月に発表したソロ最新作『Malibu』が様々なメディアの年間ベストに選出されるなど絶賛されたのに加え、ドレー率いるAftermathとのメジャー契約を手にしたアンダーソン・パーク。以降も、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)のグラミー受賞作『Coloring Book』や、ア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)の18年ぶりの新作『We Got It From Here… Thank You 4 Your Service』といった話題作を筆頭にゲスト・オファーが続く「時の人」っぷりで、2016年の初来日公演はすぐに完売、追加公演が出るなど日本でも熱い注目を集めている。

今年は7月27日(金)、28日(土)、29日(日)に開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演も発表され盛り上がる中、ついにアンダーソン・パークが新作について口を開いた。オーストラリア/ニュージーランド/シンガポールで開催中の音楽フェスティバルに出演しているアンダーソン・パークは、オーストラリアのラジオ局 triple Jのインタビューに応じ、年内に新作をリリース予定だと明かしている。

アンダーソン・パークは、『Malibu』に続く自身のソロ新作について口を開き、ドクター・ドレーが「ほとんど完成している新作で重要な役割を担っている」とコメント。現在このニュー・アルバムはすでにミックス段階にあるという。そして、「いつとかは言えないけど、間違いなく年内のどこかで出るということは期待していいよ」と年内の発売を約束した。またこのインタビューでは、昨年頃から言及され、2017年内にリリースされるとしていた自身のバンド=フリー・ナショナルズのアルバムについても語られており、ギターのホゼ・リオス(Jose Rios)が、「ほとんど完成しているから、数ヶ月以内には出せるだろう……ちょうど最後の仕上げの段階なんだ」とコメント。6月~7月までにリリースされる可能性を示唆している。これが実現すれば、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉にはアルバムを引っさげての来日ということになりそうだ。

なお、アンダーソン・パークは、映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、同じく〈FUJI ROCK FESTIVAL〉への出演が発表されたケンドリック・ラマーがキュレーターを務める『Black Panther: The Album』に参加し、アブ・ソウル(Ab-Soul)、ジェイムス・ブレイク(James Blake)と“Bloody Waters”で共演しているが、ケンドリック自ら「この曲から、お前の声が聞こえたんだ。他の誰でもなく」と、直々に指名を受けての参加だったと振り返っている。