bmr

bmr>NEWS>「ビリー・ジーン」などの名ドラマー、ンドゥグ・チャンクラーが死去 65歳

NEWS

「ビリー・ジーン」などの名ドラマー、ンドゥグ・チャンクラーが死去 65歳

Ndugu Chancler (photo by Jake Price)

マイケル・ジャクソンの“Billie Jean”を始め、サンタナ、ウェザー・リポート、ハービー・ハンコック、ジョージ・デューク、マイルス・デイヴィスなどジャンルを超えて多くのアーティストに愛された最高峰のドラマー、レオン“ンドゥグ”チャンクラー(Leon “Ndugu” Chancler)が亡くなったことが明らかになった。65歳だった。

ンドゥグ・チャンクラーが亡くなったことは、度々ツアーを共にしてきたデヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker)を始め、多くのミュージシャンたちが追悼のコメントをSNSで発表し、明らかになったもので、その死の状況はまだ詳しくは明らかになっていない。

今年1月上旬にもンドゥグ・チャンクラーと共に来日公演を行ったばかりのデヴィッド・T・ウォーカーは、「仲間であり、友人であり、兄弟でもあったンドゥグ・チャンクラーの訃報に深い悲しみを覚えてなりません。彼の家族と友人たちに哀悼の意を表します」などとその急死を悼むコメントを綴っている。ングドゥ・チャンクラーのキャリアを46年間に渡って支えていたスイスのシンバル・メーカー Paiste Cymbalsも、公式Facebookでその死を悼み、「彼は素晴らしい友人であり、ドラムの世界におけるパイオニアだった」、「彼はあらゆる若い世代のミュージシャンをインスパイアした存在であり、彼の遺したもの、彼の教えは、若い世代を通していつまでも語り継がれていくことでしょう」とする声明を発表している。

また、ンドゥグ・チャンクラーと共にスリー・ブレイヴ・ソウルズ(3 Brave Souls)というトリオを組んでいたジョン・ビーズリー(John Beasley)は、18歳の時に初めて一緒に仕事をしたことを振り返り、「あなたを追いかけ、あなたの名前が載っているアルバムは全て買ってました」などと述懐し、一緒に演奏できたこと、そしてンドゥグ・チャンクラーの才能と人格への感謝を綴っている。

この偉大なドラマーの訃報には、クエストラヴ(Questlove)、ミント・コンディション(Mint Condition)のストークリー(Stokley Williams)、クリス・デイヴ(Chris “Daddy” Dave)、ロナルド・ブルーナー・ジュニア(Ronald Bruner Jr.)、ジャスティン・ブラウン(Justin Brown)といったドラマーたちを筆頭に、デイム・ファンク(DāM-FunK)やクリスチャン・マクブライド(Christian McBride)、ギタリストのチャールズ・ジョンソン(Charles Johnson)など多くのミュージシャンたちがンドゥグ・チャンクラーの偉大さを讃え、その死を悼んだ。

ルイジアナ州シュリーブポート出身のレオン“ンドゥグ”チャンクラー(米語での実際の発音はリオン・チャンスラー)は、高校時代からドラム奏者、パーカッション奏者として活動を始め、70年代にはウェザー・リポート、マイルス・デイヴィス、ハービー・ハンコック、ジョージ・デューク、ウェザー・リポート、サンタナらと共演。1982年にはマイケル・ジャクソン『Thriller』に3曲で参加したが、特に“Billie Jean”でのドラムは高く評価されており、クエストラヴも、「“Billie Jean”のイントロは、とてもシンプルなものだと受け止められている(が異なる)最高の例だと思う。解剖してみれば分かる。複雑で、心が惹きつけられてやまないパフォーマンスだ」などとコメントしている。またチャンクラーは、1983年の第25回グラミー賞で最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス(デュオまたはグループ)部門に輝いたダズ・バンド(Dazz Band)の“Let It Whip”では共作者として名を連ねている。

近年は講師として若い世代にドラムを教えながらミュージシャンとしても活動を続け、今年1月にはデヴィッド・T・ウォーカーの来日公演でもそのドラムを聞かせたばかりだった。

 

 

In my opinion, the “Billie Jean” intro is the greatest example of something so simple that you take it for granted. But if you truly dissect it. It’s a complex compelling performance. The tone is spot on. Enough snap on the snare but not too thin that it enters Ska/James Brown crack snare territory. The amount of reverb #BruceSwedien applies is SPOT on perfect. The performance However is timeless like a tuxedo. Or a pair of chucks. Or jeans and white t shirt. It literally gives MJ his dna. You know what it is ONE SECOND in. Its creator, Jazz/funk great #NduguChancler (mind you on a GAZILLION other hit songs) passed away today. Giving all due respect and praise to the drummer that sparked a revolution of dance madness breakbeat mania. Rest easy king!

Questlove Gomezさん(@questlove)がシェアした投稿 –

Ndugu Leon Chancler’s drums were etched into my brain long before the iconic two-bar drum intro to “Billie Jean”. I first became a fan of his on George Duke’s hits like “Reach For It” and “Dukey Stick”. One of my greatest honors was working with the two of them on George’s 1998 record “After Hours”. (20 years ago??? Damn!!) Funny story from that session: As you might be able to tell from the album title, George wanted to make an album of what he called “mood music”. When we started the session, Ndugu said to George, “Hey man, go bust open some wine!” George said, “Nope! I’ll bust it open when we’re done.” Ndugu, almost pouting like a kid, says “Come on, man!” George said, “Look, let’s work for a couple hours THEN we’ll have a taste.” Ndugu said, “(Sigh)….ok.” After a couple hours, Ndugu said, “Alright man, where’s that wine!?!?” George says, “Let’s get a few more takes in, then I’ll get it.” Ndugu then dropped one of my favorite lines ever. “Man, how you gonna cut an album of mood music and ain’t got no mood JUICE?!?!” RIP to one of the most musical, baddest, funniest drummers ever, Mr. Ndugu Leon Chancler.

Christian McBrideさん(@chrmcbride)がシェアした投稿 –